三井住友トラストカードを解約する方法と注意点

最終更新日:
三井住友トラストカードを解約する方法と注意点

クレジットカードは使わないまま持っていても何もメリットはなく、むしろデメリットのほうが多いので、使わなくなったカードは必ず解約処理をしましょう。
しかし、解約する場合はそのタイミングや解約前に注意する点がいくつかあります。

今回は三井住友トラストカードを解約する方法や注意点などを解説しましょう。

使わないカードを持っているデメリット

特定のサービスを利用するために持っているクレジットカードは、本来のショッピング利用を利用しないケースがほとんどです。
たとえ年会費無料でも一度も利用しないまま1年以上経過すると、休眠カードや休眠会員という扱いになり、サービスも利用できなくなります。

また、使わないクレジットカードを、そのままにしておくと個人信用情報機関には記録されているので、新規にカード申し込みをしたときに審査に影響があります。

利用していないカードでもカード利用枠は残高とみなされるので、カードの保有枚数が多ければ新規発行が却下されることもあります。

こうしたことを避けるためにも、使わないクレジットカードは整理してきちんと解約手続きをしておきましょう。

三井住友トラストカードの解約方法

三井住友トラストカードの解約方法は電話一本ですむのでとても簡単です。

三井住友トラスト・カード サービスデスク(問い合わせ先)
東京 03-6737-0800
大阪 06-6348-8205
受付時間 9:00~17:00
(土・日・祝日・12/30~1/3休)

解約したあとはクレジットカードの本体はなるべく細かく裁断して処分しましょう。ただし解約する前に注意する点がいくつかあるので、解約前に確認しておきましょう。

三井住友トラストカードを解約する前に注意する点

三井住友トラストカードに限らずクレジットカードを解約すると、当然そのカードで提供しているすべてのサービスが利用できなくなります。

解約したカードで割引特典を受けられなくなるのはもちろんですが、ポイントサービスを利用して貯めていたポイントもすべて失効してしまいます。
解約前に送品交換ができるほどポイントが残っていないかを確認しておきましょう。
もし残っていれば消費に交換したり他のポイントに移行したりすることになりますが、念のためポイント交換が反映してから解約手続きをしましょう。

また、一度支払いした年会費は解約しても戻ってくることはありません。
そのため解約するタイミングには十分気を付ける必要があります。
年会費の支払い月に解約してしまうと使えないカードの年会費を支払うことになるので、余裕を持って年会費支払い月の2ヶ月以上前には解約しましょう。

なお、Vpassに登録していても解約と同時に無効となるので、手続きなどは必要ありません。
ETCカードや家族カードも基本カードを解約すればすべて解約となります。

しかし家族カードなどの追加カードを解約しても基本カードは解約とはならないので安心しましょう。

三井住友トラストカードの解約後の影響

<クレジットカードを解約したからといって信用状況に与える影響はありません。むしろ利用しないクレジットカードを持っているよりも、信用状況は良くなると考えましょう。
ただし何度もクレジットカードの入会と解約を繰り返している場合は、入会特典が目的の入会とみなされ信用状態は悪くなるので注意しましょう。

また、三井住友トラストカードを解約直後に、また同じ三井住友トラストカードに申込すると審査を通過しない可能性もあるので解約する前に慎重に考えましょう。
さらに、解約する三井住友トラストカードに利用残高がある場合も注意しましょう。

クレジットカードを解約するということは、分割で支払いする権利も失うことになるので、原則として一括払いする必要があります。
残高が高額で一括清算できないときは、一括できるまで残高を減らしてから解約しましょう。

他社のキャッシングなどを利用して一括することも可能ですが、余分な金利を負担することになるのでおすすめできません。きちんと清算できる状態になってから解約しましょう。

三井住友トラストカードで公共料金等を決済していた場合は、個別に支払い方法を別のクレジットカードなどに変更する必要があります。

電気料金、水道料金、ガス料金等の公共料金だけでなく、毎月支払いが発生するインターネット通信費や携帯料金なども利用していれば変更手続きが必要です。そのままにしておくと未払いとなるので注意しましょう。

まとめ

クレジットカードは契約に基づいて利用しているので、使わなくなった場合はきちんと解約手続きをするのが常識です。
使わなくなったクレジットカードをそのままにしていれば、トラブルやデメリットが生じるので、解約前の処理を忘れずにタイミングよく解約しましょう。

タイミングが悪いとむだな年会費を支払うことにもなるので、解約前の注意点は十分理解してから解約手続きをしましょう。

クレジットカード絞り込み検索
カードタイプ
年会費
ポイント還元率
国際ブランド
電子マネー
発行スピード
付帯保険

三井住友VISAトラストカードの関連記事

VISAカード各券種の特徴まとめ

「VISAカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。