三井住友VISAアミティエカードとクラシックカード、付帯保険の違いを比較

最終更新日:
三井住友VISAアミティエカードの付帯保険をクラシックカードと徹底比較

三井住友VISAアミティエカードはクラシックカードと同じ年会費のクレジットカードです。

デザイン的にも女性向けのクレジットカードとなっていますが、入会条件には女性限定という記載はありません。つまり男性でも入会可能なクレジットカードですが、年会費が同じクラシックカードと比べて違いはあるのでしょうか?

今回は付帯保険にスポットを当てて、クラシックカードと三井住友VISAアミティエカードの違いを比較してみましょう。

アミティエカードとクラシックカード付帯する保険を比較

アミティエ クラシック
年会費(税抜き) 1,250円 1,250円
家族カード(税抜き) 400円 400円
旅行保険 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
ショッピング補償 年間100万円までのお買物安心保険 年間100万円までのお買物安心保険

三井住友VISAアミティエカードとクラシックカードの違いはほとんどなく、唯一の違いは国内旅行保険があるかないかです。

クラシックカードと同じ年会費で国内旅行保険もあれば安心できる。と思った方ならアミティエカードを選んでもいいかもしれません。

三井住友VISAカードのクラシックカードは2種類ある

三井住友VISAカードにはクラシックカードとクラシックAカードがあり、これら2つのカードの大きな違いは国内旅行保険があるかないかです。

そうです。お気づきになったか思いますが、上で紹介したとおり、アミティエカードとクラシックカードの違いは国内旅行保険があるかないかでしたよね。

では、アミティエカードとクラシックAカードの違いを見てみましょう。

アミティエ クラシックA
年会費(税抜き) 1,250円 1,500円
家族カード(税抜き) 400円 550円
旅行保険 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険
ショッピング補償 年間100万円までのお買物安心保険 年間100万円までのお買物安心保険

三井住友VISAアミティエカードとクラシックAの違いはクラシックAカードの方が本会員の年会費が250円ほど高いくらいで、付帯保険の内容は同じです。

アミティエカードにつく付帯保険の中身をチェック

上では表面的なところしか書きませんでしたが、ここからは海外旅行傷害保険の中身について3種比較してみましょう

アミティエ クラシック クラシックA
傷害死亡・後遺障害 自動付帯 300万円 300万円
利用付帯 1,700万円 最高2,000万円 1,700万円
合計 最高2,000万円 最高2,000万円 最高2,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 100万円 50万円 100万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 100万円 50万円 100万円
賠償責任(1事故の限度額) 2,500万円 2,000万円 2,500万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円](1旅行中かつ1年間の限度額) 20万円 15万円 20万円
救援者費用(1年間の限度額) 150万円 100万円 150万円

クラシックカードの傷害死亡・後遺障害の補償額は2,000万円ですが全額利用付帯となり、アミティエカードは海外旅行傷害保険に関しては、クラシックカードの年会費でクラシックAの補償を受けられます。

海外旅行の機会が多い人はクラシックカードよりもアミティエカードやクラシックAカードを選択するんじゃぞい!

自動付帯と利用付帯について

利用付帯は海外旅行に出かける前に交通費や旅行代金をカード決済することで保険が適用になります。一方で自動付帯は基本的にカード決済などの条件がないので、カードを保有しているだけで保険が適用されます。

利用付帯でも最終的にカード決済すれば保険は適用になるので問題ありませんが、海外旅行前に旅行代金などでカード利用枠を使うことになります。
複数のカードを持っていて十分な利用枠がある場合は問題ありませんが、カード利用枠に余裕がない場合は、旅行代金などは現金で支払いカード利用枠をなるべく使わないほうが便利です。

なぜなら海外では現金よりもカード決済が優遇されることが多いからです。

また、うっかりカード決済を忘れてしまった場合には、保険が全く適用されないというリスクもあります。
そういった点から考えてもカード利用条件がない自動付帯の三井住友VISAアミティエカードは、クラシックカードよりも便利です。


国内旅行保険はどうなってる

アミティエ・クラシックA
傷害死亡・後遺障害 自動付帯 300万円
利用付帯 1,700万円
合計 最高2,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金

海外旅行保険同様、国内旅行保険の補償内容はクラシックAカードとアミティエカードに違いはなく、全く同じものが付いており、国内旅行保険の付帯条件は利用付帯です。

ちなみに、冒頭でも書いた通りクラシックカードについては国内旅行保険は付帯していません。

利用付帯について

利用付帯は交通費や宿泊費、パッケージツアーの料金を事前にカード決済することで保険が適用になります。

例えば交通機関を利用している途中での事故が保険の対象となるので、交通機関搭乗前にカード決済する必要があります。タクシーなどは到着しないと料金がわからないので事前のカード決済は難しくなります。

また、死亡後遺障害以外の補償がないので、充実した国内旅行傷害保険が必要な場合は、ゴールドカード以上のグレードのカードに入会しましょう。

ショッピング補償

ショッピング補償に関しては三井住友VISAアミティエカードもクラシックカード、クラシックAカードも違いはありません。全く同じ補償内容です。補償は国内利用の場合は分割払いに限定されます。

ショッピング補償を充実させたい場合はゴールドカード以上のグレードを選びましょう。

アミティエカードとクラシックカードA付帯保険以外の違いって何だろう?

一番わかりやすい違いは冒頭でも書いた通りアミティエカードの方がクラシックAより年会費が250円安いです。

さらには安い年会費で持てるのにクラシックAと同じ内容の付帯保険が付いている点です。

せんせーアミティエカードってクラシックAと付帯保険が一緒で年会費がお得以外に取り柄はないのかしら?

(うぅぅっ痛いところを…)
アミティエカードは月々のケータイ代の支払いをアミティエカード払いにすると、ケータイの利用料金の支払いに対してポイントが2倍付くという特典がつくんじゃぞい

へー毎月のケータイ代でポイントが付くのは簡単でお得ね!ピンクのカードも可愛いから要検討のカードね~!

アミティエカードを持つべき人ってどんな人

ズバリ、ケータイ料金をアミティエで支払うこと、さらにピンクの券面に抵抗感がない人です。

アミティエカードは三井住友VISAカードの公式ホームページで女性向けカードとうたってはいるものの、男性の入会を禁止していることは一切ありません。
男性でもピンクの券面が気にならなければ持つことができ、クラシックAより安い年会費でお得に持てるのでオススメですよ。

繰り返しになりますが、アミティエカードは付帯保険が手厚いのに年会費が安いからお得なのです。

まとめ

三井住友VISAアミティエカードの特徴は、クラシックカードと同じ年会費でクラシックカードAと同じ付帯保険という点です。クラシックAカードと比較したときの違いは年会費と付帯するポイントです。

アミティエカードは年会費もクラシックカードと同じなのにポイント面も優遇されます。また女性向けとは書かれているが、ピンクの券面が嫌でなければ、男性だって申し込むことがもちろん可能です。

結論は年会費の安さを重視し海外へ行くことも考えているならクラシックAよりアミティエカードの方がおすすめのカードです。

三井住友VISAアミティエカードの関連記事

VISAカード各券種の特徴まとめ

「VISAカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。