三井住友カードの海外旅行傷害保険の補償内容をグレード別に比較!

最終更新日:
三井住友VISAカードの海外旅行傷害保険の補償内容をグレード別に比較!

クレジットカードの付帯保険として、ほとんどのカードに付帯されているのが海外旅行傷害保険です。

三井住友カードが発行するほとんどのクレジットカードでも海外旅行傷害保険が付帯されています。
海外旅行傷害保険の補償については死亡後遺障害の補償金額が大きいため目立っていますが、実際に利用価値が高いのはそれ以外の補償金額です。

それでは三井住友カードの補償内容はどれくらい充実しているのでしょうか?

今回は三井住友カードの海外旅行傷害保険についてクレジットカードの種類別に詳しく検証してみましょう。

三井住友VISA一般カードで海外旅行保険を比較

三井住友カード 三井住友カード A 三井住友カード アミティエ 三井住友カード エグゼクティブ
傷害死亡・後遺障害 自動付帯 300万円 500万円
利用付帯 最高2,000万円 1,700万円 2,500万円
合計 最高2,000万円 2,000万円 3,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 50万円 100万円 100万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 50万円 100万円 100万円
賠償責任(1事故の限度額) 2,000万円 2,500万円 4,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円](1旅行中かつ1年間の限度額) 15万円 20万円 25万円
救援者費用(1年間の限度額) 100万円 150万円 150万円

三井住友カードの一般カードは上記のものがあります。
一般カードの中でも三井住友カードには、三井住友カードと三井住友カード Aの2種類があり、2つの違いは海外旅行保険が全額利用付帯か一部利用付帯かです。

補償金額は三井住友カードと比べると、三井住友カード Aの方がわずかに手厚いので海外旅行へ行く機会が多いなら三井住友カード Aを選ぶとよいですよ。

三井住友カード Aと同じ保証金額になっている三井住友カード アミティエは女性向けのカードです。
年会費は三井住友カード アミティエの方がやや安くなっています。

三井住友カード アミティエは女性向けカードじゃが男性でも申し込みができるんじゃー!

エグゼクティブは20歳以上が申し込める一般カードとゴールドの間に位置するカードです。
海外旅行保険は一般カードと比較すると多少手厚い内容となっているので、ゴールドを持つほどでもないけど補償額は大きめが安心だというような働くオトナにオススメのカードです。

三井住友VISAステータスカードで海外旅行保険を比較

ゴールド プライムゴールド プラチナ
傷害死亡・後遺障害 自動付帯 1,000万円 最高1億円
利用付帯 4,000万円
合計 5,000万円 最高1億円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
300万円 500万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
300万円 500万円
賠償責任
(1事故の限度額)
5,000万円 1億円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
50万円 100万円
救援者費用
(1年間の限度額)
500万円 1,000万円

一般カードと比べると補償される金額は雲泥の差です。海外に公私ともによく行くような方であればこれくらいは付けていた方が安心ですよ。

ここで登場するゴールドと同じ保証金額を設定されているプライムゴールドは20代限定のゴールドとなっていますので注意してくださいね。

注目すべきはプラチナカードですが、海外旅行保険の付帯条件がなくなり自動付帯となります。
三井住友カードの海外旅行保険はおおよそのカードが一部利用付帯となっているので、さすが三井住友カードの最高峰のプラチナカードですね。

三井住友カードの家族特約が付くカードを比較

エグゼクティブ プライムゴールド ゴールド プラチナ
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
50万円 200万円 500万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
50万円 200万円 500万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円 2,000万円 1億円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
15万円 50万円 100万円
救援者費用(1年間の限度額) 100万円 200万円 1,000万円

三井住友カードで家族特約がつくカードはおおよそゴールド以上のステータスカードとなっています。

エグゼクティブはゴールドではありませんが、このカードも家族特約が付く特例的なカードです。
ゴールドを持つほどでもないけど海外にもよく行くような所帯持ちなら持っていると少し安心な内容ですので、検討する価値はありますよ。

プライムゴールドは20代限定のゴールドです。ゴールドに位置するカードなので、同じ補償内容となっています。

プラチナカードについては家族特約という名前ではありますが、本会員と遜色ないくらいしっかりした補償内容の保険が付帯しています。さすが、最高峰カードは家族にも手厚いです。

家族特約の対象になる家族は

  1. 本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
  2. 本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

となっています。
家族特約は対象年齢を見たところ、家族カードを発券できる年齢に至らない家族に向けたサービスといえます。

家族特約とは、本来クレジットカードを契約している本人しか病気やケガなどをしたとき保証の対象とならないところを、特別に本人以外の家族も保証しますよという特典です。

家族カードとの関係

家族カードの発行対象は18歳以上の家族となるので、18歳未満の小さい子供では海外旅行傷害保険の対象になりません。
これでは家族で海外旅行する場合にはクレジットカードの海外旅行傷害保険はあまり役に立たないことになります。

三井住友VISA学生カードで海外旅行保険を比較

三井住友カード(学生) 三井住友カード A 三井住友カード アミティエ
傷害死亡・後遺障害 自動付帯 300万円
利用付帯 最高2,000万円 1,700万円
合計 最高2,000万円 最高2,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 50万円 100万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 50万円 100万円
賠償責任(1事故の限度額) 2,000万円 2,500万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円](1旅行中かつ1年間の限度額) 15万円 20万円
救援者費用(1年間の限度額) 100万円 150万円

勘のいい方ならお気付きかもしれませんが、この学生カードの付帯保険内容、じつは一般カードと同じ内容になっています。

海外旅行へよく行くような学生なら、三井住友カード Aや三井住友カード アミティエを選ぶと十分な補償内容を付けることができます。

学生カードと一般カードの違いは、年会費が優遇されるか否かです。三井住友カードの学生向けカードは一般会員よりお得な年会費で持てるクレジットカードです。

デビュープラスも学生用カードを発行していますが、海外旅行保険は残念ながらついていません。

海外旅行傷害保険の補償金額

クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険の補償金額には以下のものがあります。

  • 死亡後遺障害
  • 疾病・傷害治療費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用

死亡後遺障害の補償金額は1,000万円単位なので高額で目立っていますが、実際に適用される可能性は低いので補償金額でクレジットカードを選ぶ場合はあまり気にしなくてもいいでしょう。

実際に必要となるのは治療費用や携行品損害といった補償です。
海外では日本と比べて医療費が高いということや、観光客の盗難被害が多いのでこれらの補償は必須と言えます。

補償を充実させるための方法

海外旅行傷害保険の補償は死亡後遺障害以外、他社カードの補償と合算されて支払われます。

例えば治療費用の補償額が100万円のカードを2枚持っていれば、200万円の補償金額となります。ただしカード発行会社が同じ場合は合算されないので注意しましょう。

それほど海外旅行の頻度が高くないのであれば、わざわざ補償を高くするためだけにクレジットカードを作るメリットがないと考える人もいるでしょう。
そんな場合は三井住友カードの提供する「ネットde保険@とらべる」がおすすめです。
治療費用が充実した保険に加入すると安心して旅行ができます。

「ネットde保険@とらべる」で海外旅行傷害保険に加入すると、治療費用1,000万円の補償でも保険料がカード年会費程度の保険に加入することも可能です。

まとめ

三井住友カードに限らずクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険については、カードのグレードによって補償金額に大きな違いがあります。

よりグレードの高いクレジットカードを目指すことで海外旅行傷害保険の補償はもちろんそれ以外の海外旅行向けサービスも充実します。

国内外でステータスが高い三井住友カードですが、ゴールドを目指すことでより充実したサービスと高いステータスが得られます。一般カード会員はゴールド会員にチャレンジしてみましょう。

登場したカードの詳細はここからチェックできるんじゃー







オススメの三井住友カード3選

三井住友カードの関連記事

VISAカード各券種の特徴まとめ

「VISAカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。