dカードの審査基準や審査に落ちた時の原因と対処法

最終更新日:
dカードの審査基準は?審査に落ちた場合の原因と対策

これからdカードを申し込む方やすでに申込んだ方も気になるのは、dカードの審査に通るかどうかですよね。

無事に審査を通過するほしいポイントとして、
「延滞履歴の有無」「入力ミスをしない」「複数申込みはNG」があります。

上記ポイントを軸に、dカードの審査基準や審査の流れや落ちた時の原因と対処法をご案内します。

dカードの審査基準や難易度について

dカードは公式サイトでも、dカードの審査基準を公表はしていません。
そのため、dカードの定める入会条件から審査基準や難易度を読み取っていきたいと思います。

  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定すること
  • その他、NTTファイナンスが定める条件をクリアすること

通信系クレジットカードの審査難易度は易しい

dカードは通信系クレジットカードに分類され、実は流通系のクレジットカードと同じような位置づけになります。
そのため、dカードはそれほど審査難易度の高いクレジットカードではありません。
18歳以上で普通に仕事をしていて、過去にクレジットカードやローンの支払い遅れ・延滞がなく、毎月きちんと支払いをしている方であれば、特に問題なくdカードに入会することができると言われています。

ドコモユーザーなら有利なの?

dカードはNTTファイナンスが発行しているクレジットカード。
そのため、NTTグループであるドコモを使っていて毎月の支払いもしっかりしているから通りやすいと思っていませんか?
実は、ドコモユーザーだからって審査が有利になるということはありません。

ドコモを使っていても有利にはならないのは残念じゃが、しっかり払っているのは履歴には残っておるから不利になることはないのう。

dカードの審査にかかる期間はどれくらいなの?

dカード公式サイトでも発表されていますが、dカードは申込み完了から最短5分で入会審査完了と公表しています。
ただし、以下の条件があります。

  • 9:00~19:50の間にdカードの申し込み手続きが完了している必要があります。
  • 申込み時に引き落とし口座の設定が完了している必要があります。
  • 上記を満たしている場合であっても、お客様の申し込み状況によっては審査に数日、時間をいただく場合があます。

審査結果の通知ってどうやって来るの?

審査の結果、どのような形で通知が来るのか気になりますよね。

dカードの審査結果は、基本的にメールで連絡が来ます。
審査落ちしていた場合は、メールの他に封書による通知があることもしばしば。

また審査に通過したのにも関わらず審査結果が通知されず、突然カードが届くなんてこともあります。
これはおそらく、迷惑メールに振り分けられてしまっていることが多くの原因ではないかと考えられます。
何の通知も来ていないな…なんて方は、迷惑メールに振り分けられていないかチェックしてみましょう。

審査状況が確認出来る方法ってあるの?

審査結果の通知がなかなか届かず、今どのような状況か知りたい方、いらっしゃいますよね?
そんな方に必見!実は審査状況が確認出来る方法があります。

それは、My docomoから確認する方法

My docomoで「契約内容確認・変更」からdカードの項目を選択すると、今現在の審査状況を知ることが出来ます。
表記によって審査状況が異なりますので、以下の表を参考にして下さい。

表記 審査状況
受付中 審査未完了(審査中)
ご契約中 審査通過
未契約 審査落ち

「ご契約中」の表記であれば、カードが審査に無事に通ったことになりますので、カードが送られてくるまでしばらく待ちましょう。

審査は最短5分。さらにdカードの最短でのお届けは5日じゃよ。

在籍確認される?

クレジットカードでは、在籍確認が必須な会社もあります。
dカードはどうなのか、気になりますよね。

dカードの発行や審査時には在籍確認をほとんど行わないと考えて問題ありません。

転職したばかりの人は在籍確認のための電話確認が行われる可能性があるようです。
ですが、基本的には在籍確認はありませんので安心してください。

審査に落ちた原因と対処法

審査に落ちるには何らかの原因があります。
1度審査に落ちたからってもう2度とdカードが作れなくなる訳ではありません。
原因とその対処法をご案内します。

原因編

たとえドコモユーザーであっても個人信用情報に支払い遅れなどの事故情報があれば、審査に落ちることはよくあります。
dカードの審査基準に満たさずに落ちる原因として、以下のものがあります。

  • 過去に1度でも滞納したことがある。
  • 他社からの借り入れで現在未払いがある。
  • クレジットカードの利用実績がない。
  • キャッシング枠を申請した。
  • 借入れが年収の1/3以上になっている。
  • 安定した収入がない。
  • 申込み内容の入力ミス。

対策編

審査に落ちたけど、再度申し込んでdカードを発行してもらうためには、まずは以下のことに取り組んでください。

まずは安定した継続収入。
クレジットカードやカードローンでの継続的な利用実績。
キャッシング残高が年収の1/3いかにして総量規制対象外にする。
最低、上記項目の3点に注意して6か月間は他のクレジットカードを利用してクレヒス(クレジットカードヒストリー)要は利用履歴を稼ぐことが必要になります。

しかし、すでに異動情報(ブラックリスト)が記録されている場合は審査を通過する可能性が極めて低いため、記録が残る5年間は発行できないでしょう。

さいごに

今回は、dカードの審査や審査落ちの原因と対処法について紹介しました。
dカードの審査に落ちた直後に他のカードに申込むと、多重申込と疑われて審査通過の可能性も下がるうえ、異動情報「ブラックリスト」に記録される可能性があります。
クレジットカードの申し込み数の上限は、6ヶ月で3社と言われています。
どのクレジットカード会社も、信用情報機関を通して審査しているので、信用情報機関に記録されていると審査は通りません。
やはり、審査において大切なのは「過去5年間の使用履歴」「安定した収入」が必要と言えるでしょう。

dカードの関連記事

dカード各券種の特徴まとめ

「dカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。