JCB法人カードのポイントでマイルは貯まるのか?わかりやすく徹底解説

最終更新日:
JCB法人カードのポイントでマイルは貯まるのか?わかりやすく徹底解説

JCB法人カードとは、その名の通りJCBが発行する法人向けクレジットカードを指し、会社経営者や個人事業主が契約する事で、ビジネスに有利なサービスを受ける事ができます。
サービス以外にも、一般的な個人クレジットカードと比べ利用限度額が高く、社員の数に応じて複数発行できるといったメリットを持っているのが特徴です。

法人クラスともなれば、経費削減の為、法人カードでマイルをためて出張費などを浮かしたいと思う人もいるのではないでしょうか。

本来であれば、JCB法人カードはJCB個人クレジットカードのようにショッピング利用で貯まったポイントをマイルに移行する事はできませんでした。

しかし、2015年4月より、法人カードでも利用で貯まったポイントをマイルに移行できる機能を備えた「ANA JCB法人カード」が登場したのです。

ANA JCB法人カードはフライト・ショッピングでマイルが貯まる

JCBが発行するJCBオリジナルシリーズのクレジットカードは毎月のJCBカード利用合計金額1000円(税込)につき、OkiDokiポイントが1ポイント付与されます。
ANA JCB法人カードでは、もともとANAもしくは提携航空会社のフライトでのみマイルが付与されていましたが、2015年4月よりOkiDokiポイントをマイルへ移行できるようになりました。

勿論、フライトでもマイルを貯める事が可能ですが、この場合、カードの種類によってマイルの貯まり方が異なります。
ANA JCB法人カードの種類は全部で3種類あり、その種類は下記の通りです。

一般カード

年会費が2,250円(税別)、使用者が複数の場合、一人ごとに750円(税別)、さらには初年度年会費無料と、もっともコストがかからないベーシックなJCB法人カードです。

ただし、他のANA JCB法人カードと比べるとマイルは貯まりが遅いと言えるでしょう。

ワイドカード

年会費が11,750円(税別)、使用者が複数の場合、一人毎に750円(税別)とスタンダードなJCB法人カードです。一般カードと比較し、ボーナスマイルの付与数が異なります。

ボーナスマイルとは?
通常のフライトマイルに加えて貯まるマイルを指し、ワイドカードのボーナスマイルは「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」となります。(一般の場合は×10%です。)

補足

区間基本マイレージ
運賃計算に使用する区間距離の事。
更に簡単に言うと、予め決められた出発地と到着地のマイルを指します。例えば、札幌(新千歳)→東京(成田/羽田)は510マイルといった感じです。
クラス・運賃倍率
クラスは座席クラスの事。
運賃倍率は分かりやすく言うと、本来の運賃からいくら割り引かれているかという物。例えば、普通運賃(定価)であれば100%、これが何等かのキャンペーンで50%割引となった場合は50%となります。

ワイドゴールドカード

年会費が19,000円(税別)、使用者が複数の場合、一人毎に4,000円(税別)とアドバンスなJCB法人カードです。

ボーナスマイルはワイドカードと同様「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」、これに加えANAカードマイルプラスとマイル移行手数料が無料という特典が付きます(一般・ワイドカードはマイル移行手数料年間5,000円(税別)です。)

ANAカードマイルプラスとは?
ANAカードプラス加盟店でANAカードを利用すると、クレジットカードのポイント移行で付与されるマイルとは別に100円または200円(税込)につきマイルを付与してもらえるというサービスです。

その他、JCBゴールドカードならではの豊富なサービスを受けられるのも特徴です。

OkiDokiポイントのマイル移行レートと移行時の注意点

OkiDokiポイントのマイル移行レートは1ポイントにつき10ポイントなのですが、これは「通常獲得ポイント」の移行レートであり、「ボーナスポイント」の場合、移行レートが異なるので注意が必要です。

通常獲得ポイントは、クレジットカードを利用する事で貯まるポイントです。
ボーナスポイントは、主にキャンペーンやJCBが運営するポイント優待サイト「OkiDokiランド」の利用で貯まったポイントを言います。

ボーナスポイントの移行レートは1ポイントにつき3マイルとなりますので、覚えておきましょう。

まとめ

ANA JCB法人カードはJCB法人カード系で唯一、フライトでもショッピングでもポイントを貯められるお得なカードです。経費や出張などでがっつりカードを使用したい法人はワイド・ワイドゴールド、経費には使うが出張は少ないという法人は一般カードと、法人のニーズに合わせて選びやすい3種類のカードも取り揃えています。

ショッピングでもフライトでもマイルを貯められるANA JCB法人カードは経費削減などにも貢献してくれる便利なカードと言えるでしょう。

なお、JCBカードを使用する事で貯まるOkiDokiポイントをマイルに移行する際のレートについてですが、OkiDokiポイント1ポイントにつき10マイルとなります。
但し、キャンペーンなどで取得できるボーナスポイントに関しては1ポイントにつき3マイルとなりますので注意して下さい。

関連記事