セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの付帯保険を徹底解説

最終更新日:
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの付帯保険を徹底解説

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは個人名義で申込する法人カードです。
プラチナカードとしては安い税抜2万円の年会費で、年間200万円以上の利用をすると年会費は半額になるコストパフォーマンスが高いプラチナカードです。

今回は付帯保険について詳しく解説しましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険

まずはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの付帯されている海外旅行傷害保険の補償内容からご紹介しましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険

死亡後遺障害 最高1億円
疾病・傷害治療費用 300万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円

海外旅行傷害保険はカード決済不要の自動付帯となっていますが、年会費5万円以上のプラチナカードに比べると、補償金額はやや見劣りします。しかし、年会費が2万円という点を考えると十分な補償金額です。

なお、アメックスのプロパーカードでは付帯されている家族特約については、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは付帯されていません。

死亡後遺障害に関しては1億円と高額ですが、それ以外の補償金額に関しては他社のゴールドカード並みと考えていいでしょう。

補償金額を増やしたい場合は、他社が発行する海外旅行傷害保険付きのカードに入会すれば、死亡後遺障害以外の補償は合算されて支払われます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの航空機遅延補償

海外旅行傷害保険に付帯される補償として、航空機遅延損害費用等が担保されています。

補償内容は以下のとおりです。

乗継遅延費用:最高3万円
宿泊費・食事代・交通費・国際電話料金
旅行サービスのキャンセル料、違約金など
出発遅延・欠航・搭乗不能費用:最高3万円
補償対象は乗継遅延と同じ
寄託手荷物遅延:最高10万円
衣料購入費、生活必需品購入費
寄託手荷物紛失:最高10万円
補償対象は寄託手荷物遅延と同じ

上記の補償内容は一般的な航空機遅延補償よりも充実した金額となっています。
一般的には乗継や出発遅延で2万円、手荷物紛失等は4万円が標準です。

また、食事代は一般的には乗継遅延の補償対象ですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは出発遅延でも食事代が補償対象となっている点も補償内容が充実しています。
なお、これらの補償は海外旅行傷害保険に付帯して補償しているので、対象は海外旅行だけとなるので注意しましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの国内旅行傷害保険

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに自動付帯されている国内旅行傷害保険の補償内容は以下のとおりです。

傷害死亡後遺障害 最高5,000万円
入院費用日額 5,000円
通院費用日額 3,000円
手術費用 最高20万円

入院・通院、手術費用は7日以内に治療が終了していた場合は、補償の対象とならないので注意しましょう。

8日以上治療している場合に1日目から補償されます。また、入院と手術は180日以内の入院や手術が対象で、通院は180日以内で90日が限度となります。

国内旅行傷害保険の補償内容としては他社のゴールドカードでも補償されている標準的な内容です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのショッピング保険

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのショッピング保険は最高300万円で、海外と国内でカード決済した商品が対象となります。
補償の対象となるのは火災・破裂・爆発・破損・盗難などの偶然の事故となります。

補償期間は購入日または商品受取日から120日間ですが、一般的なカード付帯のショッピング保険は90日間が標準なので30日間補償期間が長くなっています。

法人カードの場合、経費決済をするので高額なカード決済も少なくありません。それが使用できなくなった場合、買い替えの費用を考えるとショッピング保険は必須の保険といえるでしょう。
特に購入して間もない破損に対しては経費節減効果が高くなります。メーカー保証がない商品でもショッピング保険があれば安心できます。

まとめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナカードとしては、アメックスのプロパーカードにはステータスの面で劣るのは事実です。
しかし年会費の安さや付帯サービス内容を考えると、ステータスよりも実益を重視する経営者や事業者に向いています。

ステータスはアメックスのプロパーカードに劣るとはいえ、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナカードとしてのステータスは十分にあるので、特に個人事業主におすすめの法人カードです。

関連記事