JCB・ザ・クラスの保険って?最高クラスの保険に加えゴルフ保障5万円も付帯!

最終更新日:
JCB・ザ・クラスの保険って?最高クラスの保険に加えゴルフ保障5万円も付帯!

一般カードや通常のプラチナカードに比べると、審査がかなり厳しく発行の難易度が高いJCBザ・クラスですが、それだけ他のカード以上の保険が付帯されています。

他のJCBカードと比較して、どのような保険内容が優れているのか見ていきましょう。

JCBザ・クラスに付いている保険とは?

JCBザ・クラスの付帯保険
まずはJCBザ/クラスに付いている保険にはどのようなものがあるのかみていきましょう。

保険の種類 補償額
海外旅行損害保険 1,000万円から最大1億円まで
海外旅行損害保険家族特約 1事故3,000円から最高2,000万円まで補償
海外航空機遅延保険 2~4万円程度
国内旅行損害保険 5,000円から最高1億円まで補償
国内航空機遅延保険 2~4万円程度
ショッピングガード保険 海外・国内年間500万円(1事故3,000円)

JCBザ・クラスにはこのような一般的なクレジットカードにもよく付帯されている保険が付いていますが、他社のものに比べてもかなり補償額が高い傾向にあります。

さらにJCBザ・クラスの保険では家族特約も付帯されているため、海外旅行の際には家族会員も一緒に保険に加入することができるわけです。

航空機遅延保険に関しても自動的に付帯されているため、旅行の際にはクレジットカード1枚で安心して旅を楽しmrるでしょう。

海外旅行保険やその他保険はプラチナと比較して手厚くなった点は?

JCBの中でもトップクラスのJCBザ・クラスと、申し込みで取得することができる通常のプラチナカードと比べてみて、保険にはどのような違いがあるのでしょうか?

JCBプラチナカードに関しては、海外旅行損害保険や家族特約なども自動付帯しているため特にJCBザ・クラスとの違いはありません。補償内容もまったく共通のものとなっています。
さらに家族特約に関してもまったく同じ条件でした。そしてショッピングガード保険に関して、補償額は年間500万円となっており、補償条件も商品購入から90日以内に商品の破損などがあった場合に補償を受けることができるという条件もやはり同じです。

プラチナカードとJCBザ・クラスの違いとしては、やはり年会費にあります。JCBプラチナカードでは年会費が25,000円ですが、JCBザクラスでは50,000円と、JCBプラチナカードの倍の年会費となっています。
そのため保険重視でいくのであれば、JCBプラチナカードで最上級の補償を受けた方がコストパフォーマンスが良いかもしれません。

とはいえ、JCBザ・クラスは、年会費がJCBプラチナカードの倍かかるものの、1年に1回ほどメンバーズセレクションというディズニーリゾートやUSJなどの入場パスなどの豪華な商品が2万円相当もらえるという制度があります。

そのほかにもプラチナカードにない特典がJCBザクラスにはあるというメリットもありますので、保険以外に優待特典やサービスを重視したい人は、JCBザ・クラスをオススメします。

JCBザ・クラスにしかないダイニング30の保険はあるのか?

JCBザ・クラスのゴルフ保険
JCBプラチナカードとJCBザ・クラスとを比較してみたところ、一点を除いて自動付帯の保険に違いはありません

JCBザ・クラスにしか付いていない保険とはゴルフ保険です。

ゴルフ保険とはゴルフをする方にとって役立つ保険で、ゴルフの練習をしている際の怪我などを補償してくれるもの。

保険の内容 補償金額
賠償責任 最高1億円
傷害死亡・後遺障害 最高100万円
入院日額 1,500円
通院日額 1,000円
ゴルフ用品損害 最高5万円
ホールインワン・アルバトロス費用 最高10万円

このようにゴルフをする人にとっては、あり得るさまざまな傷害に関する補償が用意されています。

ゴルフは自身だけでなく、ボールが誰かに当たってしまう場合などが考えられるスポーツ。

細かく補償されているのはうれしいポイントでしょう。

まとめ

今回はJCBザ・クラスに付いている自動付帯保険について紹介してきました。

年会費50,000円でありながらも、しっかりとカードに付帯された保険があるのはうれしいポイントであり、お得ですよね。

クレジットカードの保険も重視するのであれば検討してみてはいかがでしょうか。

JCB THE CLASS取得にはインビテーションが必要!まずはJCBゴールドで利用実績を貯めよう

JCBザクラスの関連記事

JCBカード各券種の特徴まとめ

「JCBカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。