三井住友カードのキャッシング利用方法と注意点

最終更新日:
三井住友VISAカードのキャッシング利用方法と注意点

クレジットカードにはショッピング機能の他にキャッシング機能が付いている場合があります。

三井住友カードにも例外なくキャッシング機能がついています。
この記事では三井住友カードのキャッシングの基本情報や、キャッシング(借入れ)方法などを紹介します。

クレジットカード本来のショッピング機能以外の紹介ですので、まだ知らない方は必見です。

まずはキャッシング枠の仕組みについて

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、キャッシングを利用するとショッピング枠はその分少なくなります。
なぜなのかというと…

キャッシング機能はショッピング枠と共有している

例えば50万円のクレジットカード利用枠の内
10万円をキャッシング枠とすると、40万円がショッピング枠になる

反対にショッピングで50万円を利用するとキャッシングは利用できなくなります。

このように、カード利用枠の50万円はキャッシングとショッピングの合計の利用枠である点に注意しましょう。

キャッシングの基本機能について軽くおさらい

キャッシングはATMなどで簡単にお金を借りることができるサービスです。
キャッシング専用のローンカードも発行されていますが、クレジットカードにもキャッシング機能が付いています。

しかし、出資法が改正され10万円以上の貸付では年18%の金利が上限となり、貸金業法では貸付金額も年収の1/3までに制限されています。

キャッシング機能がないカードも…

この規制の中でクレジットカードに標準で装備されていたキャッシング機能がないショッピング専用カードの発行や、キャッシング枠をゼロにすることができるクレジットカードの発行が一般的になってきています。

キャッシングは専用のローンカードで行いクレジットカードはショッピング専用とする傾向が強くなっているのが現状です。

三井住友カードのキャッシング機能の基本情報

種類 キャッシング利用枠 利率(実質年率) 返済方法
三井住友カード・三井住友カード A 0~50万円 18% 元利定額返済
三井住友カード ゴールド 15%
三井住友カード・三井住友カード A(学生) 0~5万円 18%
三井住友カード エグゼクティブ 0~50万円 18%
三井住友カード プライムゴールド 15%
三井住友カード アミティエ 18%
三井住友カード RevoStyle 18.0%

上記の表は、代表的な三井住友カードキャッシング利用枠から返済方法をまとめたものです。

キャッシング枠

三井住友カードは一般的なクレジットカードですが、0~50万円となっていてゼロにすることも可能です。
ゴールドも同じく上限50万円となっています。

学生カードについて少なく設定されているのは、学生は収入が少ない以外にも、多く貸したところでカード会社にあまり利点はなく、むしろ貸し倒れも考えられるのでリスクを減らす目的もありそうですね。

利率について

15%~18%となっており、三井住友カードの利率は基本的には18%と考えていいかと思います。

ステータスの高いゴールドやプライムゴールドになると、利率は15%となり少し優遇される傾向にあるのは言わずもがなといったところです。

ちなみに、出資法では10万円未満の上限金利は20%、10万円~100万円未満は年18%と定められています。

返済方法

三井住友カードのキャッシングはキャッシングリボという名称でクレジットカードでキャッシングできるサービスを提供しており、元利定額返済、元金定額返済のどちらかになります。

これら2つともリボ払いの種類にちがいはありませんが、返済の仕組みが両者異なります。

キャッシングには申し込みが必要

キャッシングできるようにするにはキャッシング枠を設定する申し込みをし、審査に通って初めてキャッシングを利用できるようになります。

キャッシングの審査について

三井住友カードはwebでうけられるスピード審査なら最短30分で結果がわかります。
ただしスピード審査の受付時間が9時から17時です。これ以外の時間だとスピード審査の受付対象外となるので注意してください。

また設定した利用枠によっても審査に通らないこともあります。

キャッシングの申し込み

申し込み方法はインターネットか申し込みの2通りありますが、インターネット申し込みをできるのは満20歳以上です。これに当てはまらない人は申込書からの申し込みとなります。

キャッシング利用

審査を受けて申し込みが完了したら後は全国の銀行、近所のATMやCDから借りることができるようになります。

三井住友カードのキャッシングの返済方法

三井住友カードでキャッシングを利用した場合、返済は

  1. 毎月返済
  2. 臨時の返済

の2つのどちらかの方法で返していくことになります。

毎月返済ってどんな返済

お買い物などを三井住友カードでした際のカード利用代金の支払口座から自動引き落としで返済する方法。キャッシングをした際の基本的な支払い方法となっています。

三井住友カードは支払日を10日払い、26日払いのどちらかから選ぶことができるので、どちらを設定しているかによって締め日が異なります。

設定している支払日は10日、26日のどちらかによって締め日も変わります。

臨時の返済

文字面からぎょうぎょうしく見えますが、毎月返済以外の返済のタイミングでの支払いができるというもので

  1. 口座引き落とし
  2. 振り込み
  3. ATM

のいずれかの方法で支払えます。

1.と2.についての返済をするには申し込みが必要ですVpassから行いましょう。

1.口座引き落とし

引き落としがされている口座にいつもよりお金を多めに入れて(増額)引き落としをしてもらう方法で支払金額増額といいます。
支払金額増額はただ引き落とし口座にお金を多めに入れるだけでは支払いとならないので、必ず申し込みが必要です。Vpass以外に電話申し込みもできますよ。

注意点は、支払金額増額は申し込み期限があり、支払い口座となっている金融機関によって異なります。

詳しくは公式サイト、キャッシングリボの臨時のご返済方法お申し込み期限をご確認ください

2.振り込み

三井住友カードの指定する口座に振り込みをして支払う方法です。
この返済方法は一部でも全額でも支払うことができるので、ゆとりある生活をしているときに積極的に利用すると、効率よく返済ができます。

また、インターネットバンキングを利用すると24時間時間を問わず利用できます。振り込み手数料は自費となります。

3.ATMから支払う

提携金融機関のATMやコンビニATMから支払う方法です。
注意点は当然ですが、提携金融機関やコンビニによって細かく支払い可能な曜日、時間帯、金額単位が変わります。

利用予定の施設の条件を把握した上で支払いを行ってください。

キャッシングは国内だけのサービスではない!

キャッシング機能は国内だけでなく海外でも利用することができますが、三井住友カードの場合、為替手数料は1.63%となります。

このように、国内で利用するときよりも為替手数料が加算されるので利息に加えて手数料負担がある点にも注意しましょう。

海外利用すると、キャッシングだけでなくショッピングでも為替手数料がかかります。

キャッシングできない!

キャッシングができない時の理由は以下のような場合が考えられます。
落ち着いてひとつずつ原因をつぶしていきましょう

1.キャッシング枠をそもそも申し込みしていない
キャッシングリボを利用するためには事前申し込みが必要で、これは国内外問わず必要なことです。まずはキャッシング枠を申し込みましょう。
2.ATMやCDの操作が間違っている
引き出しボタンを押した(選んだ)あと、キャッシング(リボ)のお借入れを選ぶ。とキャッシングできます。
キャッシング(一括)を選択するとキャッシングができないようです注意してください。
3.暗証番号が正しくない
入力する暗証番号はクレジットカードの暗証番号を入力しましょう。
暗証番号が間違っていると、キャッシングはできません。
※もし忘れてしまった場合は問い合わせをすると、1週間ほどで設定した暗証番号の照会ができるようですよ。

最近のキャッシング機能事情

最後に最近のキャッシングについて。かつてキャッシング機能はクレジットカードの基本機能のひとつでしたが、現在はだいぶ事情が変わっています。
カードキャッシングやカードローンが多重債務の元となったため、貸金業法が改正され上限金利や貸付限度額といった規制が行われています。

クレジットカードのキャッシング機能もこの規制を受けるため、クレジットカードはショッピング専用にするという傾向が強くなっています。

三井住友カードでもこうした傾向は強くなっていますが、まったくキャッシング機能がなくなったわけではありません。

まとめ

三井住友カードだけでなくキャッシングは一般的にショッピングよりも金利負担が大きいので、なるべく少額で短期の利用を心がけましょう。

例えば給料日前に少額利用をして一括で返済するという使い方が理想的です。高額な借入が必要な場合はカードキャッシングではなく目的ローンを利用すると利息負担を軽減することができます。

お金の借入は目的に合わせてなるべく利息負担を軽減することが、後々のトラブルを未然に防ぐことにつながります。

オススメの三井住友カード3選

三井住友カードの関連記事

VISAカード各券種の特徴まとめ

「VISAカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。