三井住友ビジネスカードfor Ownersの付帯保険を比較!クラシックとゴールドでどれくらい違う?

最終更新日:
★三井住友ビジネスカードfor Ownersの付帯保険を比較!クラシックとゴールドでどれくらい違う?

三井住友ビジネスカードfor Ownersは中小企業の法人代表者や個人事業主向けの法人カードです。
法人カードとしてビジネス向けのサービスも提供していますが、個人カードと同じように付帯保険も提供されています。

今回は三井住友ビジネスカードfor Ownersのクラシックカードとゴールドカードを比較しながら、付帯保険の補償内容を詳しく解説します。

三井住友ビジネスカードfor Ownersの海外旅行傷害保険

まずは三井住友ビジネスカードfor Ownersに付帯されている海外旅行傷害保険の補償内容を比較してみましょう。

クラシック(一般) ゴールド
死亡後遺障害 最高2,000万円 最高5,000万円
傷害・疾病治療費用 1事故の限度額50万円 1事故の限度額300万円
賠償責任 1事故2,000万円 1事故5,000万円
携行品損害(自己負担3,000円) 1事故かつ年間限度額15万円 1事故かつ年間限度額50万円
救援者費用 年間限度額100万円 年間限度額500万円

海外旅行傷害保険が適用される条件に、交通費やツアー料金をカード決済するというのがある場合を「利用付帯」と呼んでいます。
カード決済条件がない場合を「自動付帯」と呼びますが、クラシックカードに付帯している海外旅行傷害保険は利用付帯となります。

ゴールドカードは基本的に自動付帯ですが、死亡後遺障害の補償に限っては一部利用付帯となります。
カード決済がない場合1,000万円の補償額ですが、カード決済があると4,000万円が加算されて、合計5,000万円の補償額です。
しかし、法人カードの場合は経費を決済することが目的なので、交通費や宿泊費は当然カード決済が当たり前となります。
そのため法人カードでは利用付帯という点はそれほど気にしなくてもいいでしょう。

クラシックカードとゴールドカードを比較すると、圧倒的にゴールドカードの補償内容が上回っています。
海外出張が多い場合は、ゴールドカードを利用すると万一の場合でも安心です。

それでは国内旅行傷害保険に関してはどのような違いがあるでしょうか?

三井住友ビジネスカードfor Ownersの国内旅行傷害保険

三井住友ビジネスカードfor Ownersではクラシックカードには国内旅行傷害保険は付帯されていません。

ゴールドカードに付帯されている国内旅行傷害保険の補償内容は以下のとおりです。

傷害死亡・後遺障 最高5,000万円
入院保険金日額 <フランチャイズ7日>5,000円
通院保険金日額 <フランチャイズ7日>2,000円
手術保険金 最高20万円

「フランチャイズ7日」は事故から7日間を超えても入院・通院をしている場合に1日目から保険金を支払うという意味になります。
7日以内に退院したり、通院が終了したりといった場合は保険金が支払われないので気をつけましょう。

また、国内旅行傷害保険は利用付帯となりますが、カード決済した内容によって保険の適用範囲が違います。

航空機、船舶、電車、バス、タクシーを搭乗前にカード決済
その交通機関に搭乗中の傷害事故が対象
宿泊私鉄の料金を宿泊前にカード決済
宿泊施設の火災、爆発、破裂が対象
宿泊を伴う募集型企画旅行を事前にカード決済
募集型企画旅行に参加中の傷害事故が対象

特に交通機関の場合は搭乗前のカード決済が必要なので、一般的なタクシーの利用では適用されないので注意しましょう。

三井住友ビジネスカードfor Ownersのショッピング補償

ショッピング補償はカードで購入した商品の盗難や破損を補償する付帯保険です。
三井住友ビジネスカードfor Ownersにも「お買物安心保険」が付帯されていますが、クラシックカードとゴールドカードでは以下の違いがあります。

クラシックカード
年間100万円までのお買物安心保険(海外)
ゴールドカード
年間300万円までのお買物安心保険(海外・国内)

補償金額にも大きな違いがありますが、クラシックカードの場合は海外利用しか適用されないのに比べて、ゴールドカードでは国内利用にも適用されます。
法人カードの利用は国内利用が圧倒的に多いので、ショッピング保険だけを考えてもゴールドカードのほうがメリットは大きいことがわかります。
なお、お買物安心保険は1事故について3,000円の自己負担があり、購入日と購入日の翌日から90日間が補償期間となります。

法人カードでは備品やオフィス用品などを決済するので、高額なパソコンなどをカード決済した場合は万一の場合大きな経費の節減となります。
ショッピング保険を考えるとやはりクラシックカードよりはゴールドカードのほうが安心できます。

まとめ

三井住友ビジネスカードfor Ownersに付帯されている保険の補償内容を比べると、やはりクラシックカードよりはゴールドカードの補償内容が優れています。
ゴールドカードの年会費はクラシックカードと比べて高いのは事実ですが、年会費は経費として計上することができます。
また、年会費以上にサービスや付帯保険が充実している上に、三井住友カードのゴールドカードというステータスもあります。

これから法人カードを検討する場合は、まずゴールドカードを優先しましょう。

関連記事