三井住友VISAカードの法人カード「ビジネスカードfor Owners」の基本スペック

最終更新日:
三井住友VISAカードの法人カード「ビジネスカードfor Owners」の基本スペック

三井住友VISAカードには法人カードもあり、その中で「三井住友ビジネスカードfor Owners」は、中小企業の代表者や個人事業主が対象の法人カードです。

今回はこのビジネスカードfor Ownersのクラシックカードとゴールドカードに関して、基本的なカード性能をご紹介しましょう。

三井住友ビジネスカードfor Ownersの基本スペック

三井住友ビジネスカードfor Ownersには、クラシックカード、ゴールドカードの他にプラチナカードもありますが、今回はクラシックカードとゴールドカードを比較しながらご紹介します。

三井住友ビジネスカードfor Ownersの基本スペック

クラシック(一般) ゴールド
年会費 税抜1,250円 税抜10,000円
パートナー会員(社員カード)年会費 税抜400円 税抜1,000円
申し込み対象 満20歳以上の法人代表者、個人事業主 満20歳以上の法人代表者、個人事業主
カード利用枠 10~80万円 50~200万円
キャッシング枠 0~50万円 0~50万円
ポイントプログラム ワールドプレゼント ワールドプレゼント
海外旅行傷害保険 最高2,000万円利用付帯 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 なし 最高5,000万円
空港ラウンジサービス なし あり
ショッピング補償 海外利用100万円 国内外300万円
ビジネスサポートサービス あり あり

それでは次に主な基本スペックを詳しく解説しましょう。

クラシックカードとゴールドカードの違い

申し込み対象はクラシック・ゴールドともに年齢条件などは共通しています。しかし、当然ですが審査基準には違いがあるので、審査に関しては後ほど詳しく解説します。
個人カードのクラシックとゴールドのように年会費にも違いがありますが、それは提供されるサービスの違いによるものです。

海外旅行傷害保険の補償額、国内旅行傷害保険の有無、空港ラウンジサービスの有無に違いがありますが、最も大きいのはカード利用枠の違いです。
カード利用枠はクラシックカードで10万円~80万円、ゴールドで50万円~200万円と大きな違いがあります。最低利用枠で40万円、最高では120万円の差額となっています。

クラシックの10万円の利用枠は個人カードではパート・アルバイトや主婦、学生などに与えられるような利用枠です。
一方ゴールドカードでは最低でも50万円の利用枠となっているので、この点も審査に大きく影響します。

なお、クラシックカードとゴールドカードは、ポイントプログラムやビジネスサポートサービスについて、ほぼ共通したサービスを提供しています。

社員カードの発行枚数

カード利用枠は社員カード発行にも影響があります。
社員に追加カードを発行する場合は社員がパートナー会員となる必要がありますが、追加カードの発行枚数は特に上限はありません。
しかし追加カードの利用枠はカードの総利用枠の範囲内となるので、社員カードの発行枚数はカード利用枠の大きさに比例します。

例えば100万円のカード利用枠であれば、本カードの利用枠を50万円として10万円の社員カードを5枚追加発行できます。
50万円の利用枠では本カードの利用枠を30万円にしても、10万円の社員カードは2枚しか発行できません。
まして10万円のカード利用枠では、実質的に社員カードは発行できなくなります。

これは三井住友ビジネスカードfor Ownersが個人名義のカードのため、それほど大規模の企業を想定していないということに原因があります。

つまり、三井住友ビジネスカードfor Ownersは小規模の事業者を対象とした法人カードということになります。
それでもゴールドカードやプラチナカードに入会できれば、10枚以上の社員カードの発行も可能です。

三井住友ビジネスカードfor Ownersの審査

すでにお伝えしたとおり三井住友ビジネスカードfor Ownersは、法人代表者や個人事業主を対象とした法人カードです。
そのため審査では個人に対する審査がメインとなっていて、登記簿謄本や決算書の提出も義務付けられていません。

基本的には個人カードの審査に準じると考えていいでしょう。赤字決算や設立間もない法人でも、代表者個人の過去の利用状況や実績が優先されます。
個人信用情報機関に良好な利用実績があり、代表者個人の収入がしっかりしていれば審査を通過する可能性は高いでしょう。
もちろんカード利用枠が少ないクラシックカードであれば、さらに審査の通過率が高くなります。

ゴールドカードはクラシックカードよりも審査基準は高くなりますが、三井住友VISAゴールドカードの入会資格が30歳以上であることを考えると、ビジネスゴールドカードのほうが審査は通りやすいと考えられます。

ビジネスゴールドカードか、一般的なゴールドカードか悩んでいる人は、ビジネスゴールドカードをおすすめします。

まとめ

三井住友ビジネスカードfor Ownersは個人名義での法人カードですが、引き落とし口座は法人口座やビジネス口座の登録も可能です。
そのため特に個人事業主は経費決済と個人利用の使い分けをすることができて便利です。

クラシックカードとゴールドカードのどちらにするかは、事業規模や従業員数に応じて選択しましょう。
しかし、最終的にはゴールドカード以上のグレードの法人カードを利用することで、取引先に対する印象も良くなります。

まだ、法人カードを利用していない事業主は、初めて利用する法人カードとして三井住友ビジネスカードfor Ownersがおすすめです。

関連記事