JCB THE CLASS(ザ・クラス)のインビテーションを受けるために必要なことは?取得は地方銀行からもできる?!

最終更新日:
JCB THE CLASS(ザ・クラス)の取得方法は?インビテーション以外の方法もある?

JCBカードの中でもプラチナカードであり、審査が厳しいために作るのが難しいといわれているJCBザ・クラス。
ですが他社のプラチナカードに比べると特典の豊富さなどのメリットがたくさんあります。

JCBカードの中で最高峰のカードなのね!カードデザインも素敵です!

JCBザ・クラスは高級感溢れる見た目の通り、利用出来る特典も他社プラチナカードよりさらにワンランク上なのじゃ。
そんなJCBザ・クラス、どうやって発行するか気になるじゃろう?今回は発行方法について詳しく説明するぞい!

JCBザ・クラスはインビテーション制!インビテーションを受けるには?

JCBザ・クラスへはインビテーションが必要
JCBザ・クラスはインビテーション制のカードとなっています。
インビテーションとは、クレジットカードを発行している会社から、さらに上位ランクのクレジットカードに切り替えませんか?と招待される制度のことを指します。

そのためJCBザ・クラスのインビテーションを受けるには、すでにJCBのクレジットカードの、JCBゴールド、JCBゴールド・ザ・プレミア、JCBプラチナいずれかのカードを持っていることが条件です。

これらのカードを持っており、JCBでの支払いに関して延滞などのトラブルを起こしておらず、利用実績の良好な会員の方に、インビテーションが与えられます。

インビテーションが来るような使い方とは?

インターネット上でJCBザ・クラスを手に入れた人を調べたところ、30代でも年間おおよそ300万円ほど2年ほど利用するとインビテーションが来るようです。少ない人だと年間150万円の利用で申し込みができた人もいるとか。

JCBザ・クラスを手に入れるためには、とにかくJCBカードで決済の機会を増やし、JCBに忠誠を誓うような使い方を目指すと申し込みへの道のりは遠くないのかもしれません。

M3(m3.com/医療従事者専用サイト)から申込みができる(できた?)って本当?

JCBザクラスは、医療機関に勤務している方や、医療関係の資格を持っている方のみが利用することができるM3という医療従事者専用サイトから、特殊な方法ではありますがJCBザ・クラスの申し込みがかつては可能でした。

ところが、JCBザクラスはお得なプラチナカードで人気が高いためか、残念なことにM3経由でのお申し込みができなくなってしまいました

JCBザ・クラスのインビテーションを受けるためには、招待を受けるための対象カードを所有してて、さらに利用実績が良好であることが必須のようじゃな。
延滞や遅延などトラブルを起こすと、JCBザ・クラスへの道のりは遠のいてしまうから要注意じゃ!

突撃ができなくなったって本当?いつからできなくなったの?

ザクラスへ入会の突撃について
JCBザクラスは、インビテーションによる申し込みだけといわれているものの、突撃することが過去にはできたようです。

と、突撃って?名前だけ見たら物騒な感じがします・・・

物騒なことではないから安心するのじゃ。
突撃とは、直接カスタマーセンターに問い合わせをして、JCBザ・クラスを作成したいと入会を申し出ることじゃ。
インビテーション制でも直接問い合わせたら入会できるかもしれない、という情報が横行しているんじゃ。

実際、JCBザクラスを作成する際にインビテーションを待っていると早くても3~4年程度は時間がかかってしまいます。インビテーションを待つことができないという方にとっては、突撃をせざるを得ない方が多いのです。

過去に突撃に成功した方の例を見てみても、JCBゴールドの利用歴が2年程度と長く、さらに年収も450万円以上で30代以上の実績のある方でした。

ところが2017年以降、JCBザ・クラスを作成するための突撃は出来なくなっているようです。

以前は突撃で入会できた、という声がちらほらあったのじゃが、2017年からは突撃してもすべて断られてるそうじゃ。
断られる原因が、2017年から新しく「JCBプラチナ」という申し込みでも入会できるプラチナカードが登場したせいではないかと言われておる。

今までJCBカードの中でプラチナ級のカードがJCBザ・クラスのみだったのに、新たに自分から申し込みが出来るJCBプラチナが加わったことによって、JCBザ・クラスは完全インビテーション制になってしまったのね・・・

地方銀行から申し込みをしてみる

どうしてもインビテーションが待てない人は
最近ではきちんと正式な段階を経てインビテーションをもらわなければJCBザクラスは作成できないようになっています

突撃が無理でもJCBザクラスを作ることを諦められないという方は、地方銀行からのルートが最も簡単です。フランチャイズとしてJCBを取り扱っている地方銀行はたくさんあり、武蔵野銀行、名古屋銀行、福井銀行など全国にたくさんあります。

そのため近くの地方銀行でJCBを取り扱っている支店を探してみることが近道でしょう。
地方銀行であっても、作成のノルマはありますので、多めに銀行に預金しておいたり、投資信託を購入する際についでにJCBザクラスを作りたいことをプッシュしてみるのもよいかもしれませんね。

地方銀行と親密になることができれば、正規のルートよりも早くJCBザクラスをゲットすることができるでしょう。

銀行から招待状(インビテーション)が来る場合もある?

地方銀行のクレジットカードを所有している方が、JCBザクラスのインビテーションを銀行から受ける場合もあります

地方銀行であればどこでも作ることができるというわけではありませんが、自分が長くお世話になっている銀行であれば窓口でJCBザクラスの作成に関しての相談をしてみると稀に作成できることもあるようです。

そんな地方銀行からのインビテーションの条件は、はっきりと決まっているわけではないようですが、ある程度は推測されています。
JCBでの支払いの延滞などがなく毎月利用していること、地方銀行発行のクレジットカードを所有していること、給与の振込口座に指定しており1,000万円程度の預金があるといったことが条件として考えられます。

また、一定額の預金や取引がある場合、JCBザクラスが欲しい旨を担当行員に伝えると推薦状を書いてもらって申し込み。といった方法もあるとか。

地方銀行など銀行からJCBザ・クラスを狙うルートはクレジットカードの券面に銀行名が入ることに抵抗がなければ結構ねらい目かもしれません。

まとめ

今回はJCBのプラチナカードとして最も作りにくいといわれているJCBザクラスの作成方法について紹介していきました。
裏技も紹介しましたが、インビテーションをもらうことが正規のルートなので、まずはJCBゴールドカードから利用してみてはいかがでしょうか。

難易度の高いカードだからこそ、インビテーションを受けて作成できた喜びは測りしれないじゃろうな。
道のりは長く感じるが、最高峰のJCBザ・クラスを夢見ながらJCBゴールドやJCBプラチナを愛用していくのも良いとワシは思うぞい。

インビテーションを受けるにはJCBに忠誠を誓うんじゃ!

JCBザクラスの関連記事

JCBカード各券種の特徴まとめ

「JCBカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。