JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアお得なのは?特典重視ならプラチナ!

最終更新日:
JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアお得なのは?特典重視ならプラチナ!

JCBカードの中でも特に高いランクを誇っている「JCBプラチナ」と「JCBゴールドザプレミア」。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの違いって何なのかしら?

今回はJCBプラチナとJCBゴールドザプレミアとを比較して特徴を見ていきましょう。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの違い

JCBプラチナとは

JCBプラチナカード

まずJCBプラチナとは、JCBのブラックカードの中ではJCBザクラスの次にランクの高いカード。

招待制ではな自分で申し込むこめる特徴があります。

もちろん審査はありますが、JCBは利用実績を重視する傾向がありますので、普段からJCBカードを延滞などの問題もなく利用していれば作りやすいでしょう。

プラチナカードであるため特典もたくさんあり、お得なカードだと評判のカードでもあります。

JCBゴールドザプレミアとは

JCBゴールドザプレミアム

JCBゴールドザプレミアはJCBの中でも最高峰のゴールドカードです。

そのため審査基準が高いのはもちろんですが、年に1度のインビテーション制度が設けられています。

招待制のカードのため、特典なども他のクラスのカードに比べて多い傾向です。

JCBプラチナはJCBゴールドザプレミアよりお得

JCBプラチナとゴールドザプレミアの比較

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアとでお得なのはどっちなのかしら?

ではそれぞれの高ランクカードを色々な点から比較してみようかの。

年会費

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの年会費比較
カードの種類 年会費(税抜) 年間100万円利用時の年会費(税抜)
JCBプラチナ 25,000円
JCBゴールドザプレミア 15,000円 10,000円

JCBプラチナの年会費は25,000円+税で、家族カードの発行は1枚目無料です。

一方でJCBゴールドザプレミアの年会費は年間の利用額に応じて年会費が異なります。

基本的には15,000円の年会費ですが、1年間で税込100万円の利用実績があればJCBゴールドと同じ10,000円+税に減額されるのです。

JCBゴールドザプレミアは利用額が高いほどお得になるんじゃな。

ポイント還元率

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアのポイント還元率比較
カードの種類 JCBプラチナ JCBゴールドザプレミア
1ポイントの価値 約5円 約5円
ポイント還元率 0.5%
(1,000円につき1ポイント)
0.5%
(1,000円につき1ポイント)
100万円利用時の還元率 0.8% 0.8%
300万円利用時の還元率 0.85% 0.85%

Oki Dokiポイントの還元率はどちらのカードも同じで、1,000円利用ごとに1ポイントが貯まります。

また利用額が増えるほど還元率も高くなり、最大0.85%にまで上昇。

ポイント還元率の上昇率もJCBプラチナ、JCBゴールドプレミアム両方とも変わりません。

付帯保険

JCBプラチナ、JCBゴールドザプレミアともに付帯保険に関してはトップクラスの補償です。

どちらも国内外の旅行損害保険が付いており、最高で補償は1億円、傷害や疾病治療費は最大で1000万円までの補償となっています。

ショッピング保険に関しても自動付帯しており最大で年間500万円です。

特典

JCBゴールドザプレミアと比較すると、JCBプラチナの方が特典はかなり豊富。

基本的にはJCBのランクの高いカードについている特典はほとんどサービスを受けれますが、コンシェルジュの利用、USJラウンジ、グルメベネフィットに関してはJCBプラチナのみの特典となっています。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアに共通してある特典としては、例えばJCB Lounge 京都を利用することができる点

こちらは京都にある、JCBの特定のカードを持っている方のみが使用できるラウンジです。

ラウンジ内では手荷物の預かりやソフトドリンクのサービス、観光案内などのサービスを利用できます。

京都駅からすぐのところにあるためアクセスも良く、京都に旅行や出張の際には便利なサービスです。

そのほかには国内外問わず、空港内のラウンジを利用することができるプライオリティパスの発行も、どちらのカードでもできます。

京都のJCBラウンジと同じようなサービスを行なっており、空港ラウンジに関しては同伴者も無料になりますのでお得な特典です。

JCBプラチナの最大の魅力は?

JCBプラチナの魅力
JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアとを比較してみて、やはりプラチナカードならではの最大の魅力は、特典の豊富さです。

もちろん年会費は少し高めに発生してしまうものの、グルメベネフィットなどの特典を利用すれば、年会費以上にお得にカードを利用できるでしょう。

グルメベネフィットとは、JCBの指定した高級レストランで、JCBプラチナを利用して決済することでなんと1人分の食事代が無料になるというサービスです。
どのレストランも一流レストランばかりですので、1人分が無料になるのはかなり大きな特典ではないでしょうか。

そのほかにもJCBのコンシェルジェデスクを利用することができるため、レストランやゴルフ場などの予約を頼んだり相談をしたりと、24時間365日体制で承ってくれます。

こういった面からもJCBプラチナはVIPな優待を受けられるのです。

JCBプラチナのお得な特典については、別記事でも紹介していますので、気になった方は以下よりご確認下さい。

まとめ

今回はJCBの中でもトップクラスに位置するJCBプラチナとJCBゴールドザプレミアとのカードを比較していきました。

JCBプラチナの方が多少は年会費が高く付くものの、特典重視の方にはオススメのカードです。

反対に年会費を抑え、特典をあまり重視しないならJCBゴールドザプレミアがいいでしょう

是非自分にあったカードを探してみてくださいね。

JCBプラチナ取得にはインビテーションがおすすめ!まずは以下カードで利用実績を貯めよう

JCBプラチナの関連記事

JCBカード各券種の特徴まとめ

「JCBカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。