JCB法人カードのメリットとは?

最終更新日:
JCB法人カードのメリットとは?

いざ個人事業主として起業すると、持っておきたいのが法人クレジットカード。
中でもブランドとして確立され、旅行会社との提携も多いJCB法人カードは人気の一枚です。
でもやっぱり申し込む上では、決め手となるような大きなメリットを知りたいところですよね。

今回は、JCB法人カードの機能やサービスから、特にご紹介したい一部を取り上げて詳しく説明します。

法人カードを検討している方やJCB法人カードの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

JCB法人カードの種類は?一般カードとゴールド・プラチナの特徴まとめ

JCB法人カードには、ポイント型カードとキャッシュバック型カードと2種類のカードがあります。

まずは「ポイント型カード」の3種類に関して、表でそれぞれの特徴を見てみましょう。

カード種類 法人カード ゴールド法人 プラチナ法人
年会費 1,250円(税別) 10,000円(税別) 30,000円(税別)
追加カード 1,250円(税別) 3,000円(税別) 6,000円(税別)
利用可能枠 10万~100万円 50万~250万円 150万円~
旅行傷害保険 海外:最高3,000万円 国内:最高3,000万円 海外:最高1億円 国内:最高5,000万円 海外:最高1億円 国内:最高1億円
航空機遅延保険 なし あり あり
ショッピングガード 海外:最高100万円 国内:なし 海外:最高500万円 国内:最高500万円 海外:最高500万円 国内:最高500万円
溜まるポイント OkiDokiポイント OkiDokiポイント OkiDokiポイント
その他の特典・サービス なし ・空港ラウンジ・ゴルフエントリーサービス・グルメ優待 ・空港ラウンジ・ゴルフエントリーサービス・グルメ優待・カーアクシデントケア制度・家族特約サービスなど

年会費が高額になると、どんどん保険やサービスが充実していく

一般法人カードとプラチナ法人カードでは、その年会費に大きな差があることがわかります。
大きく異なるのは利用可能枠の限度、付帯保険の補償額や、特典・サービスの利用できる範囲です。一般法人カードでも最低限の補償がなされますが、定期的に海外・国内出張する方はゴールドカード以上を取得する方が多くなります。

さらに本人だけでなく、家族への付帯保険も重視したい方はプラチナカードへ移行していきます。

ポイント型カードであれば、お得に上限なしでポイントが貯まる

これらのポイント型カードは、ポイント獲得数に制限がなく、利用金額に応じてお得にポイントを貯めることが可能です。
JCB法人カードのポイント還元率は、最大で0.5%です。
税込1,000円のご利用につき1ポイントが付与されますが、カードの利用方法によっては倍率を大きくすることもできます。

ここで税込1,000円のご利用につき1ポイントの付与だと、税込1,000円未満のお買い物ではポイントが付かないのではないかと思われる方もいると思いますが、そうではありません。
ポイントは毎月の利用金額の合計金額に対して付与されます。

Oki Dokiランド経由でポイント還元率アップ

JCBには、Oki Dokiランドと呼ばれるポイントモールがあります。
このポイントモールは、お買い物をする際に経由することによってポイントの還元率を高めることが可能です。
通常は還元率が0.5%ですが、2倍の1.0%にすることができます。

Oki Dokiランドを経由できるオンラインのお店には、Amazonや楽天市場など身近なお店があるのでお得にお買い物をすることができます。
こうしてためたOkiDokiポイントは、バラエティ豊かな商品と交換できるほか、次のようなことに利用できます。

  • Amazon、Yahoo、スターバックスで1ポイントから利用できる
  • 商品券、ギフト券、オンラインギフトへ交換
  • マイル、nanaco、楽天スーパーポイント、Tポイントなどに移行
  • 毎月の支払額にポイントを利用、キャッシュバックできる

ETCカードを複数枚発行できる

出張などで自動車移動が多い、という方はETCカードの利用もオススメです。
JCB法人カードでは、「ETCスルーカードN」というETCカードを、1つのカードに対して複数枚発行することができます。
これは一般法人カードでも、ゴールド・プラチナカードでも利用可能です。

すべての料金を月末に支払える!支払期限は翌々月の10日まで

ETCスルーカードNの支払いはその都度の支払いではなく、紐づけしてあるクレジットカードで一括払いが可能です。
社員個々の支払いではなく、会社で直接支払うことができるので処理も簡単になります。

15ヶ月分の明細をオンラインから確認できる「E-Co明細」

ETCスルーカードNには、E-Co明細というWeb明細管理サービスがあります。
E-Co明細は、ETCスルーカードNの走行日・利用区間・金額をインターネットから、いつでもどこでも確認できる便利なサービスです。
過去15カ月分の明細を確認することができ、印刷やデータ出力も可能です。

国内・海外航空機遅延保険

国内・海外航空機遅延保険とは、航空機の遅延などによって思わぬ出費(飲食代・宿泊代・衣服代)が発生した場合に補償してくれる保険です。

こちらは一般法人カードになく、ゴールド法人カード以上からの特典となります。

国内・海外ショッピングガード保険

ショッピングガード保険とは、カードで購入した商品が破損したり盗難にあったりした場合に補償してくれる保険です。

一般法人カードでは海外補償のみ、より手厚い保険をかけておきたい方はゴールド法人カード以上を取得しましょう。

自動付帯の保険がある

JCB法人カードには、自動で付帯される保険がいくつかあります。
こちらでは、自動付帯される保険の種類について簡単に紹介します。

国内・海外旅行傷害保険

国内・海外旅行傷害保険とは、旅行中の公共交通乗用具利用時や宿泊施設での思わぬ事故でケガをした際に補償してくれる保険です。

上記の表でも確認できるように、カードのグレードによって補償額が異なります。

一般法人カード ゴールド法人 プラチナ法人
国内旅行傷害保険 最高3,000万円 最高5,000万円 最高1億円
海外旅行傷害保険 最高3,000万円 最高1億円 最高1億円

抜き出してみると、「ゴールドとプラチナではそう大差がないのでは?」と感じる方もいるかもしれません。

実はゴールド法人カードで海外旅行傷害保険の最高額である1億円の補償を受けるためには、旅行代金をゴールド法人カードで支払う必要があります。
しかしプラチナ法人カードは、持っているだけで最高額の補償を受けることができます。
またプラチナ法人カードでは「家族特約」も付帯されますので、家族全員で安心して旅行をしたい、という方向けになっています。

キャッシュバック可能な「JCBビジネスプラス法人カード」とは?

上記ではポイント型のカードを紹介しましたが、JCBにはキャッシュバックに対応した「JCBビジネスプラス法人カード」があります。
ポイント型と異なる点は「キャッシュバック」のみで、一般法人カードとゴールドカードの2種類があります。キャッシュバック以外の特典・サービス内容は同じです。

ビジネスプラス法人カードでは、利用額に応じて毎月最大3%(上限15,000円)がキャッシュバックされます。
ただし、利用額が5万円以下だとキャッシュバックの対象になりませんので注意しましょう。
特にポイントを利用する予定がないという方や、毎月確実に5万円以上利用する、という方はキャッシュバックタイプを検討してみてください。

まとめ

それでは最後に、JCB法人カードを利用するメリットを簡単にまとめておきましょう。

  • ポイント型カードは無制限にポイントを貯めることができる
  • ポイント還元率は0.5%で税込1,000円につき1ポイントが付与される
  • ポイントモールのOki Dokiランドを経由することでポイント還元率がアップする
  • JCBのETCカードETCスルーカードNは1つのカードに紐づけて複数枚発行することができる
  • 自動付帯の保険として、国内・海外旅行傷害保険、国内・海外航空機遅延保険、ショッピングガード保険がある

JCB法人カードにはポイント型として3種類、キャッシュバック型として2種類があります。
それぞれ特典やサービス内容が少しずつ異なりますが、自分や家族の状況、毎月の利用額などを踏まえて選べる点が嬉しいですね。

法人カードを検討している方やJCB法人カードの申し込みを検討している方は、ぜひこの機会にお申し込みをしてみてくださいね。

関連記事