JCB法人プラチナカードの年会費や審査難易度は?JCB一般法人カードと比較して良くなった点やプラチナにしかない特典について

最終更新日:
JCB法人プラチナカードの年会費や審査難易度は?JCB一般法人カードと比較して良くなった点やプラチナにしかない特典について

個人事業主の方、経営者の方にとって、憧れるカードと言えば法人プラチナカードですよね。
すでにゴールドカードを持っていて、かつJCBブランドを利用している方は、JCB法人プラチナカードを目指しているかもしれません。
でも、カードをグレードアップするにあたっては気になることがたくさんありますよね。

「JCB法人プラチナカードの年会費ってどれくらいかかるんだろう?」
「JCB法人プラチナカードの審査の通過って難しいのかな?」
「JCB法人ゴールドカードと比較して、JCB法人プラチナカードは何が良くなったんだろう?」
「JCB法人プラチナカードにしかない特典ってなんだろう?」

このページではJCB法人プラチナカードのあらゆる疑問を解消すべく、同じブランドのJCB法人ゴールドカードと比較した情報をまとめています!
気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

JCB法人プラチナカードの年会費はどのくらい?ゴールドカードと比較してみた

こちらではJCB法人プラチナカードの年会費についてとJCB法人一般カードやJCB法人ゴールドカードとの違いについてご紹介しています。

それでは、JCB法人プラチナカードの年会費について詳しくみていきましょう。

年会費は税別30,000円

JCB法人プラチナカードの年会費は、税別30,000円となっています。
JCB法人一般カードやJCB法人ゴールドカードと比較すると少し高いなと感じるかもしれません。しかし、JCB法人プラチナカードには年会費以上ともいえるようなさまざまなサービスが揃っています。

サービスの内容は後述しますので、読み進めてみてください。

JCB法人一般カードやJCB法人ゴールドカードのようにオンライン入会による初年度無料特典はない

JCB法人一般カードやJCB法人ゴールドカードには、オンライン入会特典としてオンラインから入会申し込みを行えば初年度は年会費が無料になるサービスがあります。

ただし、JCB法人プラチナカードにはこうしたサービスはありません。ネット申し込みでも年会費の支払いが必要になりますので注意しておきましょう。

追加カードの上限なし!プラチナカードのサービスをお得に受けられる

追加カードの年会費は、1名追加ごとに税別6,000円となっています。

本会員の年会費と比較すると、この金額でプラチナカードのサービスを受けられるのは破格とも言えるでしょう。また、追加の上限は定められていません。

JCB法人プラチナカードの審査難易度について

JCB法人プラチナカードの審査難易度は、JCB法人一般カードやJCB法人ゴールドカードと比較して高くなっています。
JCB法人プラチナカードでは、法人を代表する者の個人の信用度が大変重要です。

こちらではJCB法人プラチナカードの審査難易度についてご説明します。

重要視されるのは法人を代表する者の個人の信用度

JCB法人プラチナカードでは、法人を代表する者の個人の信用度を重視して審査が行われます。そのため、会社の信用度が高かったとしても、個人としての信用度が低ければ審査を通過しない可能性があります。

審査を通過できるようにしておくためには、日頃から信用を失わないような行動を心がけることが大切です。

インビテーション不要のJCB法人プラチナカード

通常プラチナランクのカードになるとインビテーションが必要になる場合が多いのですが、JCB法人プラチナカードはインビテーションの必要がありません。みずから申し込みをすることができます。

ただし利用枠の上限が大きいことや、審査基準が明確でないことを踏まえると、審査難易度は比較的高いものだと捉えておいたほうがよいでしょう。

JCB法人ゴールドカードと比較して良くなったところとJCB法人プラチナカードだけの特典

JCB法人プラチナカードには、一般カードにはない充実したサービスがあります。
ただし「法人プラチナカードにしかない」というサービスは、実はありません。

下記で紹介するサービス内容は、個人プラチナカードや、ゴールドカードでも利用することができます。

無料で使えるプライオリティ・パス

こちらのサービスは無料で使える空港ラウンジのサービスです。
世界各国の約700ヵ所の空港ラウンジをご利用することができます。

プラチナ会員専用プラチナコンシェルジュデスク

プラチナコンシェルジュデスクは、ホテルの予約やチケットの手配などの相談に対応してくれるサービスです。
365日24時間いつでもご利用可能です。

1名様分のお食事代が無料になるグルメベネフィット

こちらもJCBプラチナカード会員様限定のサービスとなっています。
グルメベネフィットは、対象店舗でのお食事を2名以上で利用すると1名分が無料になるとってもお得なサービスです。

JCB法人ゴールドカードよりも充実した付帯保険

JCB法人ゴールドカードにも付帯保険がありますが、JCB法人プラチナカードはさらに手厚い補償となっています。
国内旅行保険では最高で1億円の補償を受けることができ、本会員のみだけではなく家族も補償の対象となります。また旅行前にJCBに届け出を行う必要がないので、「うっかり忘れてた!」ということもありません。

さらに海外旅行保険でも最大1億円の補償を受けられます。
ゴールドカードのサービスでは、旅行代金をカードで支払わないと最高額の補償が受けられませんでした。しかし、プラチナカードのサービスでは、カード利用の有無にかかわらず、本会員、その家族、さらに19歳の子どもには「家族特約サービス」がついてきます。

慣れない旅行先での怪我や病気、盗難などが補償されるので、家族全員安心して旅行を楽しめます。

まとめ

それでは改めて、JCB法人プラチナカードの詳細についてまとめて見てみましょう。

  • JCB法人プラチナカードの年会費は、税別30,000円である。
  • 追加カードの年会費は、1名追加ごとに税別6,000円である。
  • 審査の際に重要視されるのは、法人を代表する者の個人の信用度である。
  • JCB法人プラチナカードはJCB法人ゴールドカードと比較して付帯保険の補償が手厚くなっている。
  • JCB法人プラチナカードは、グルメベネフィットと呼ばれるサービスやプラチナコンシェルジュデスクといったプラチナ会員限定のサービスがある。

JCB法人プラチナカードの年会費は通常税別30,000円と安いものではありませんが、豪華なサービスを受けることができるお得なカードです。
JCB法人プラチナカードには、JCB法人ゴールドカードにはないサービスも多数あります。
個人の信用度があれば、審査通過も難しいものではありません。
JCB法人プラチナカードを検討されている方は、この機会にぜひお申し込みをしてみてくださいね。

関連記事