JCBゴールドカードへの切り替えは一般カードからのインビテーションがオススメ!

最終更新日:
JCBゴールドカードへの切り替えは一般カードからのインビテーションがオススメ!

高い知名度を持ち、会員特典においては他社のハイブランドカードと比較して非常に保険内容が優れているJCBゴールド。
そんなJCBゴールドに入会したいけど、審査が厳しそうで躊躇っている方も多いのではないでしょうか。

JCBゴールドは国際ブランドJCBが発行しているゴールドカードだし、審査とかすごく難しそうなイメージしかないです・・・。

うむ。確かに審査は厳しいかもしれんのう。じゃが、インビテーションを手に入れれば確実にJCBゴールドカードを取得できるぞ!

この記事では、JCBゴールドのインビテーションを手に入れる方法を詳しく解説していきます。
JCBゴールドが欲しいけど、いきなり申し込んで審査を受けるのは不安という人は是非参考にしてみてください。

JCBゴールドカードって?

JCBゴールドカード

JCBゴールドカードとは、国際ブランドJCBが発行するプロパーカード「JCBオリジナルシリーズ」のひとつです。
JCBは日本で唯一国際ブランドともなっているクレジットカードで海外でも使用できる国は多く、年会費は10,000円かかりますがステータス性・会員の特典内容ともに持っていて非常に利用価値の高いクレジットカードです。

そもそもJCBゴールドを持つ価値が分からないという方は、以下の記事で詳しくまとめたので参考にしてみてください。

JCBゴールドの取得方法

JCBゴールドを手に入れる方法は、以下の2種類です

  • JCBゴールドに直接申し込む
  • JCB一般カードなどで利用実績を積みインビテーションを待つ

これだけ知名度も高く信頼できるクレジットなので、やはり他社のゴールドランクのカード、JCBの提携ゴールドカードと比べても審査は非常に厳しめ。

JCBのHPに記載されている審査基準や審査の難易度は、学生を除く20歳以上の方で本人に安定した収入がある方となっています。
ですが実際には、年齢が30歳以上、年収400~500万円以上が審査の基準になっている傾向があります。

しかし、インビテーションが来れば、確実にJCBゴールドを手に入れることが出来ます。

JCBゴールドカードのインビテーション条件

審査に通るか不安な方にオススメする方法は、一度JCB一般カードに申込み、インビテーションを受けてからアップグレードを狙うという方法です。

JCBカードのランクアップ

JCBカードの特徴として、会員の利用実績を重視する傾向があるようです。
これまでにJCBカードを1度も利用したことがないという方には、かなりハードルが高いクレジットカードといっても過言ではないでしょう。

JCBカードの利用実績がない状態で、そのままJCBゴールドに申し込みをする場合、年収500万円以上の役職者であることが理想といわれています。

JCBカード利用実績がなく、年収が300万円から400万円前後では、審査が非常に厳しくなる傾向にあるんじゃ。

なるほどです!じゃあ、利用実績がなく、審査に通りやすい理想年収に届いてなくて不安な人は、まずJCB一般カードを利用して実績を積むと良いのね!

うむ、その通りじゃ。JCB一般カードを手に入れたら、最低でも1年間は継続して使用するようにするんじゃぞ。
使わずに持っているだけでは利用実績を積んだことにはならんからのう。

ちなみに、「JCB CARD W」や「JCB CARD EXTAGE」などのカードでも利用実績を積めば、ゴールドカードへのインビテーションは問題なく来ます。
年会費無料でポイント還元率重視の方は、「JCB一般カードより」も「JCB CARD W」が断然オススメです!
※ただし、入会条件は39歳未満です。

利用実績を積んでいる期間中は、支払い遅延がないように気を付けたり、他社のカードをあまり申し込まないのもポイントです。

これらの点に注意しながら、継続して使用し続けることがポイント。
1年間にある程度の使用額に達すると、最短で約1年後にインビテーションが届く可能性もあります。

インビテーションを待たずにアップグレードする方法

とはいっても、インビテーションが来るまで待ってられない!という人もいると思います。
その場合、直接JCBゴールドに申し込んで審査を受ける必要がありますが、その前に以下の3点に該当しない事が重要です。

  • 債務残高が多い(ローンの支払い残高が多い方)
  • 支払遅延がある(過去5~10年を目安)
  • 短期間(約半年を目安)でのクレジットカード申し込み数が多い

審査の基準内容では、持ち家か賃貸か、職業は安定した企業についているか、また勤務年数や家族構成などが挙げられるぞい。
職業で自営業の場合は評価が低くなることが多く、公務員や銀行員、医者など安定した企業に就いている場合は評価が高くなる傾向があるんじゃ。

参考にして欲しいぞい。

切り替え方法は2種類

アップグレードの方法は、インターネットか電話の2通りの方法があります。
オススメはインターネットよりオンライン入会する方法です。
オンライン入会をすると、初年度の年会費が無料になります。
電話ですと繋がるまでにも時間がかかり、電話代がかかってしまうので、インターネット環境がある方には断然オンライン入会をオススメします。

切り替え(アップグレード)をする前の確認

カード切り替え時に、新しいカードへ引き継がれるものと引き継がれないものがあるので注意しましょう。

引き継がれるもの
ポイント(Oki Dokiポイント、マイレージ、各種ポイント)/「JCB STAR MEMBERS」のランク・集計金額/ETCカード/QUICPay(クイックペイ)TM(カード・モバイル・おこづかい)/支払い名人/会員専用WEBサービス「MyJCB」のIDとPW/航空系マイレージ番号・お得意様番号・お客様番号
引き継がれないもの
カードご利用可能枠/家族カード/リボ払い専用カード/各種キャンペーン登録/Apple Pay/携帯電話・インターネット・公共料金等のお支払い/JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)

ただし、家族カードにおいては切り替え申し込み時に発行希望にチェックすると切り替え後のカードに追加出来ます。
カードのアップグレードを検討中の方は、これらの点に注意してから手続きを行いましょう。

まとめ

ゴールドカードは年会費が高くてお金持ちしかもてないという訳ではないことをご理解いただけたでしょうか。
JCBゴールドには年会費以上の豊富な会員特典がたくさん付帯されています。

ハイブランドでなかなか審査に通らないと思っている方でも、今回紹介した方法により憧れのゴールドカードが持てるかもしれません。
特に海外によく行かれる方にとっては、毎月の保険料がかかる損害保険に加入するより、年会費を払ってJCBのゴールドカードを持つ方がコスパもずっと良くなっていますよ。

まずは、利用実績を上げて信頼度をアップさせる。ということから始めるのがJCBゴールドを持つ近道といえるでしょう。

JCBは独自の審査方法で審査しており、審査時はJCBの利用実績を最重視する、ということが分かってくれたかのう。
審査に通るか心配な人は、ぜひ今回紹介したJCB一般カードで利用実績を積んでからアップグレードをする方法を試してほしいぞい!

JCBカードの関連記事

JCBカード各券種の特徴まとめ

「JCBカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。