JCBゴールドカードのグルメ優待サービスを使ってお得で優雅なお食事を!

最終更新日:
JCBゴールドカードのグルメ優待を使ってお得で優雅なお食事を!

クレジットカード選びを行う際、判断基準の一つとして、ポイントの還元率やサービスの内容からどれだけのメリットを受け取ることができるのか、といったことが挙げられると思います。

楽天やANAなど、特定のサービスの利用頻度が突出して高いようであれば、そういった企業が発行しているカードを利用するというのも分かりやすい選択の一つ。

ですが、「特に頻繁に使うサービスがない!」という方向けに、特別なシーンでのグルメの優待をメインの目的としたJCBゴールドカードの所有という選択肢を紹介します。

いつもよりワンランク上の料理がお得に食べられる・・・そんな優待がJCBゴールドにあったんですね!

うむ!かなりお得に料理を楽しめるサービスじゃから、お祝い事などはもちろん、自分へのご褒美としても利用してほしいぞい!

JCBゴールドで受けられる「グルメ優待サービス」とは?

JCBゴールドグルメ優待
全国の提携飲食店で飲食代が20%オフになる優待サービスです。

正確にはゴールドベーシックサービス、というゴールドカード以上の保有者(プレミアム会員とも呼ばれます)向けにJCBが展開しているサービスの中の一つとして受けとることができる特典の一つで、事前予約の上、クーポンを発行し対象カードで支払うことでサービスを受けることができます。

対象の店舗は全国に約250店舗ほど存在し、提携店が少ない各都道府県にも2つは利用できる店があります。
ですがやはり東京、大阪といった中心地や、全国の地方都市となると、提携しているお店はたくさんあります。
各エリアの中心地に近いところに位置しているお店も多く、使い勝手もよいケースがほとんどです。

どのお店も、クオリティやブランドが保証されているため、お値段もそれ相応。

よほどの富裕層以外は普段使いすることは少し難しい飲食店が、特典を利用することによってお得に利用出来るんじゃ!

クオリティやブランドが保証されているなら、一緒に食事をする同席者も喜んでくれること間違いなしね!

ただし、グルメ特典を利用する場合、注意点がいくつかあるんじゃ。
これから紹介するから、しっかり確認するんじゃぞ。

グルメ優待サービス利用時の注意点

前項でも少し触れましたが、グルメ優待サービスはゴールドベーシックサービスの中では比較的、利用に制限や制約が多いサービスです。
改めて利用の際の注意点をまとめてみます。

事前予約が必要
対象の店舗に行きさえすれば特典を受けられる、ということではなく、事前の予約が必須です。
予約の上でクーポンを発券する
単に予約を行えばいいだけではなく、サービスの特典を受け取る旨を伝え、利用するためのクーポンをあらかじめ受け取ることが必要です。
対象カードで決済をすることが条件
クーポンを提示した上で、対象のカードで決済しなければサービスを受けることができません。決済において、とりわけ普段別の還元率の高いカードと「2枚持ち」などしている人は注意が必要です。
20%オフの特典は1グループ1回のみ
考えてみれば当たり前のことではあるのですが、一応解説しておくと複数人のグループで特典を利用したとしても、20%オフの対象となるのは1回のみです。仮に、4人グループのうち、2人がプレミアム会員だったとして、それぞれがクーポンを発行することで、20%+20%=40%だとか、80%×80%で64%の金額で食事ができたりだとか、そういった多重での特典は受けることができません。

グルメ優待サービスを受けることができるおススメのお店5選

ここからは、サービスの特典をイメージしてもらうために、ワシがオススメするグルメ特典対象のお店を5つ紹介するぞい!
参考にしてみて欲しいのじゃ!

福吉祥 シーロン(仙台)

JR仙台駅西口より歩いてすぐのところに位置する、中華料理店。四川料理を中心とする本格的な中華料理を食べることができるお店です。リーズナブルなコースも用意されていますが、せっかく20%オフの特典を使うのであれば、高級食材をふんだんに使った特製のコースを楽しみたいところです。(これも特別値が張るものではありません。)

地元の方の利用は勿論、名物牛タンを堪能し、次の食事を迷った観光客にもおススメです。

行庵(千葉)

ディズニーランドにもほど近い、JR新浦安駅近くのホテル、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートの中に位置する、日本料理屋「行庵」。数寄屋風の内装が自慢の雰囲気の中で、懐石料理や鉄板焼きを楽しむことができます。

ディズニーランドで遊んだ後、ディズニーとは別の特別な世界での食事を楽しみたければ、こういったお店を予約しておくのも一手です。せっかくのディズニー遠征を最後まで楽しみつくしましょう。

雲鶴(富山)

北陸新幹線開通によりブームとなった富山。日本海で取れた美味しい魚を中心とした和食が特に魅力です。

富山に3店ある提携店ですが雲鶴はJR富山駅より徒歩圏内にあり、旅行客にもアクセスのよい懐石料理屋です。
わざわざ富山まで足を運んだら1回は値段を気にせず、味や雰囲気を重視して富山の名物を楽しみたい、という方は要チェックです。

井津茂(島根)

島根県にある寿司割烹です。出雲大社が有名でありながら、新幹線が開通しておらず、どこからも今一つアクセスの悪い島根県。

しかし、その魅力は出雲大社だけでなく、玉造温泉のような良質な温泉や、魚介、島根牛、日本酒といった幅広いグルメなど、旅行先として苦労して足を運ぶ価値のあるものがたくさん隠れています。

有名な「出雲」をもじったであろう寿司割烹、井津茂も値段はそれほど超高級店の部類には入らないながらも、小奇麗な空間で山陰の幸を堪能することのできる素晴らしいお店です。

県庁所在地の松江エリアですが出雲からでも十分足を運ぶことができる距離です。

ビストロ アンジェ(香川)

実は香川とは縁もゆかりもない「丸亀製麺」の流行によって認知された感もある丸亀駅のすぐにあるフレンチレストラン。地元の人々に愛されている本格ビストロです。

香川に旅行、となると、うどん巡りが目的になることは想像に難くないですが、うどんばかり食べることに飽きてしまったらカード特典を使い、こういった選択も面白いかもしれません。

まとめ

JCBのグルメ特典は年会費10,000円のゴールドカードから利用することができ、手続きは慣れるまで少し面倒かもしれませんが、全国で活用することができます。

提携店の多くがそれぞれの都道府県の中心地にあり、かつ品質も保証されているので、住んでいるエリアで特別なシーンに使うことはもちろん、旅行先でのお楽しみの一つにもなります。

豪華な料理をお得に味わうことが出来るから、まだJCBゴールドを持っていないグルメな人は、このグルメ特典を目玉の一つにJCBゴールドを検討してみるのも良いのう。
JCBゴールドを既に持っている人は、旅行に行ったときなどに積極的に特典を利用してほしいぞい!

JCBゴールドの関連記事

JCBカード各券種の特徴まとめ

「JCBカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。