29歳までの人が申し込めるJCBカードエクステージ、30代になったら切り替えはどうなる?

最終更新日:
29歳までの人が申し込めるJCBカードエクステージ、30代になったら切り替えはどうなる?

JCBのクレジットカードの中でも19歳から29歳までが加入対象というように年齢制限のある若年層向けカードJCBカードエクステージ。
年齢制限があるために、もしカードを持っていながらも30代に突入してしまった際にはどうすればよいのかと疑問に思われる方がいるかもしれません。

ねー先生!エクステージって俺みたいな若者向けカードだけど、もしエクステージのカード利用中に30歳になったらどうなるんすか?
強制的にカードが利用できなくなったりしたら・・・って考えると怖くて持てないっすよー!

良い質問じゃのう。JCBカードエクステージを利用している人も、申し込みを検討している人も、30代になったらどうなるのか疑問を持つじゃろう。
今回は30代になったときどうなるのか、JCBカードエクステージの更新について詳しく解説するぞい!

JCBカードエクステージとは?

JCB CARD EXTAGE
JCBカードエクステージとは、19歳から29歳までの若年層の方のみが作成できる、JCBが発行しているクレジットカードのひとつです。
年会費は無料で、ETCカードや家族カードに関しても完全無料となっています。また審査もJCBの他のクレジットカードと比べてみてもかなり易しいため、学生の方で初めてのクレジットカードだという場合にも発行しやすいカードです。

さらにポイント還元率も一般カードに比べて1.5~3倍ほど高いため、お得にポイントが貯めやすいところも人気の理由の1つでしょう。

30歳になったらどうなるのか?

では30歳になって、JCBカードエクステージの条件から外れてしまったらどうなるのでしょうか?
実は、JCBカードエクステージは年齢を問わず、カードを作成してから5年経過すると自動的にJCBカードエクステージからJCB一般カードに切り替えとなります。

例えば29歳でJCBカードエクステージを所有した場合、34歳になるまで使えるということになります。
切り替え後は、JCB一般カードと同じ年会費、1,250円(税別)が発生してしまいます。

そのためJCBカードエクステージを持っていても、5年が経過してしまうとJCB一般カードに切り替えられてしまうことを承知の上で、カードを作成する必要があります。5年以内に解約することももちろん可能なのですが、その際には解約金がかかってしまうので注意が必要です。

えっ、つまり5年後の更新がくるまで30代でも利用し続けられるってことっすか!いきなりカードが利用できなくなるとか、そんなんじゃなくて良かったすー!

そうじゃ。逆に、20代のうちに更新が来てしまった場合でも、自動的に切り替えられてしまう。「更新時期が来たけどまだ20代だからJCBカードエクステージを使う!」ということは出来ないから気を付けるんじゃぞ。

エクステージから一般カードへ切り替えるには?

JCBカードエクステージから一般カードへ切り替えるための最も手っ取り早い方法としては、5年間カードを利用し続けて自動的に切り替わるのを待つことです。

切り替え時の注意点

JCBカードエクステージから一般カードへ無料で切り替えるには、先ほどから何度も出てきているように5年後に自動的に切り替わるという方法がベストです。
ところが途中で一般カードなどその他のカードに切り替えたいとなってしまった場合は、JCBカードエクステージの解約金としてカード発行手数料2,000円分が発生してしまいます。

JCB一般カードに変更する際にも、年会費としてはじめに1,250円が発生するんじゃ。そのためJCBカードエクステージの年会費は無料といっているものの、解約するにも契約を更新するにも何らかの費用がかかってしまうカードだということじゃな。

JCB一般カードに関しては条件を満たしていれば、年会費を無料にすることが実は可能です。
その条件とは、MyJCBというインターネット上のJCBが運営しているWEBサービスに登録していることと、1年間にショッピング利用合計金額50万円以上であること、この2点です。

JCBカードエクステージと一般カードとの違い

JCBカードエクステージと一般カードの比較
JCBカードエクステージと、最終的に更新の際に持つことになる一般カードとはどのような違いがあるのかみていきましょう。

まず大まかにJCB一般カードに関しては高校生を除く18歳以上の方が契約の対象である一方、JCBカードエクステージでは18~29歳までの若者向けのカードとなっている点が異なります。年齢を重ねても長く使っていくという点ではJCB一般カードがベターでしょう。

そして先ほどからも出てきているように、年会費が異なります。JCBカードエクステージは若者向けのカードであるため年会費は無料なのですが、JCB一般カードでは1,250円の年会費が発生します。またポイント還元率で比較してみた場合、JCBカードエクステージの方が通常ポイントよりも3倍ほどの還元率であるため、お得です。

カード付帯保険に関しても違いがあり、JCBカードエクステージは一般的なカードと比べてみると保険に関しては劣っている点があります。
JCBカードエクステージには海外旅行損害保険とショッピングガード保険のみが付帯されていますが、JCB一般カードでは海外旅行、国内旅行の損害保険とショッピングガード保険が付いています。補償額も大きく1,000万円程度の差があるため、こういった点でも大きな違いがありますね。

なるほど~、更新後は保険が手厚くなるんすね!

ポイント還元率を除くと、JCBカードエクステージよりもJCB一般カードの方が実用的なサービスが充実しておるんじゃ。
5年後、自動更新になった場合でも、安心しても持つことが出来るぞい!

まとめ

今回はJCBカードエクステージを30歳になるまで持っているとどうなるのかという疑問にお答えしてきました。

更新前であれば30代になっても安心して利用出来る、ということが分かってくれたかのう。
JCBカードエクステージは、最長5年までしか持つ事ができないカードじゃから、そういった点を踏まえて利用を考えていくんじゃぞ。

JCBエクステージの関連記事

JCBカード各券種の特徴まとめ

「JCBカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。