JCBカードのランクアップ一覧!自分に合ったカードを見つけよう!

最終更新日:
JCBカードのランクアップ

JCBのクレジットカードには、さまざまなランクが設けられています。
一般的なカードから、ゴールド・プラチナ等、いろいろな種類のカードのランクを耳にしますが、JCBカードにはいったいどのようなランクがあるのでしょうか。
JCBカードのランクについて、どのような種類のカードと違いがあるのか紹介していきます。

JCBカードのランクアップ

JCBカードのランク
JCBカードには、上の図で紹介されている通り、スタンダードカード、ゴールドカード、プレミアムカードと、ランク分けされています。

この図ではゴールドカードはプレミアムカードと分けて書かれていますが、ゴールドカード以上からはプレミアムカードに分類され、サービスもゴールドカード以上から手厚くなります。

スターメンバーズのランクについてはこちらを確認してください。

スタンダードカード

スタンダードカードにはJCB一般カードがあります。
一般カードはクレジットカードを申し込みができる一般的な年齢から申し込みのできるもっともベーシックなJCBカードです。

JCB一般カード
JCB一般カード
JCB一般カード
年会費(税別) 1,250円
海外旅行保険 最高3,000万円
国内旅行保険 最高3,000万円
ディズニーデザイン

オンライン入会した場合のみ、税抜き1,250円の年会費が初年度に限り年会費が無料。

JCBカードは一般カードであっても、海外利用でポイント2倍になります。ただしMyJチェックの登録が必要なので注意してくださいね。

一般カードらしいサービス内容ですが、旅行傷害保険が他社のクレジットカードと比較するとやや手厚いところがJCBカードの魅力です。

また年会費は翌年以降は下記2つをクリアすると年会費無料にできますよ。

  • MyJチェックのご登録(年会費お支払い月の前々日19日まで)
  • 年間合計50万円(税込)以上のショッピングのご利用

一般カード以外にもスタンダードカードに分類されるカードがあり、JCB card W/W PULS LやExtage、LINDAカードがこれにあたります。これらのカードはJCB一般カードとは違い、何かしらの申し込み条件がある点が特徴です。

JCB CARD W / JCB CARD W plus L
JCBw
JCB CARD W / JCB CARD W plus L
年会費(税別) 無料
海外旅行保険 最高2,000万円
国内旅行保険
ディズニーデザイン ×

年会費が無料。

申し込みは18歳以上39歳以下の年齢制限ありだが、高校生を除く学生も申し込み対象になっています。

一般カードとの違いは、ポイントが常に2倍もらえるが、国内旅行保険が付かない

puls Lとの違いはJCB CARD W にLINDAカードの機能が付いているかどうかだけ。LINDAカードについては後述するのでこのまま読み続けてくださいね。

Oki Dokiポイントをお得に貯めたい39歳以下の方ならイチオシのカードです。


JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGE
年会費(税別) 無料
海外旅行保険 最高2,000万円
国内旅行保険
ディズニーデザイン

年会費が無料
ただし申し込みには18歳以上29歳以下の年齢制限があるが高校生を除く学生も申し込み対象になっています。

入会後3か月はポイントが3倍、4か月目移行はポイントが1.5倍

カードの更新が入会してから5年後にあり、更新時は自動的にJCB一般カードもしくはJCBゴールドカードに切り替えとなります。

JCB CARD Wとの違いは?
EXTAGEはゴールドカードへと育てることができるので、JCBカードとのお付き合いを末永く続けていきたい方にピッタリのカードです。
初めてクレジットカードを作る方だと年会費の負担なく、ポイントが一般カードよりたまりやすい点でも持ちやすいカードですよ。

※ゴールドカードについては後述します。

JCB LINDA
JCB LINDA
JCB LINDA
年会費(税別) 無料
海外旅行保険
国内旅行保険
ディズニーデザイン ×

年会費が無料ただし、データ維持費100円/月必要です。カードデザインは8種類なかから好きなデザインを選ぶことが出来ます。

高校生を除く学生も申し込み対象になっています。

LINDAリーグは女性向けコンテンツでLINDAリーグ独自のコラボ企画や期間限定の優待やプレゼントなどLINDAカードでしか受けられない特典が満載。さらに、選べる保険・お守リンダという保険サービスで女性向けの保険がお手頃な掛け金で加入できます。

LINDAカードは女性向けカードではありますが、男性でも申し込みができますよ!

ゴールドカード

ゴールドカードは、一般的なゴールドカードの申し込み基準を満たした人が申し込みのできるゴールドカードと、JCBゴールドエクステージというゴールドカードの申し込み条件以外の条件も満たす人しか持てないちょっと特別なゴールドカードの2種類が用意されています。

また、ゴールドカード以上はJCBカードはプレミアムカードと呼ばれるカードとなり、特典やサービスがかなり向上します。

JCBゴールドカード
JCBゴールドカード
JCBゴールド
年会費(税別) 10,000円
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高5,000万円
ディズニーデザイン

申し込み対象は、20歳以上で安定継続収入のある方。

オンライン入会した場合、初年度に限り年会費10,000円が無料。さらにWEB入会限定のカードデザインも用意されています。

ゴールドカードからはGOLD Basic Serviceという様々な一般カードにはない優待特典がそろうサービス使えるようになる。

またこのカードならではの特徴は、ゴールドカードを一定期間使い続け、ある条件を達成すると、ゴールド・ザ・プレミアムへのインビテーション(招待状)が届きます。

JCBゴールドエクステージ
JCB GOLD EXTAGE
JCBゴールドエクステージ
年会費(税別) 3,000円
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ディズニーデザイン

初年度年会費無料。
ただし申し込みには20歳以上29歳以下で、安定継続収入のある方と制限がある。

受けられる特典やサービスは本家のゴールドカードと同じく使えます。

エクステージの上位互換であるこのカードも入会後3ヵ月は3倍、4ヵ月以降は1.5倍とポイントがお得なカードです。

ゴールドカードエクステージの初回更新時は審査後、ゴールドカードへ自動切換えになるのも特徴の1つです。

ゴールドカードとの違いは?
ゴールドエクステージは条件さえクリアできれば申し込み可能カードなので、29際以下であれば年会費を抑えてゴールドカードを持てるチャンスです。
海外旅行保険はゴールドカードと比較するとやや少な目の補償内容です。

ゴールドカードとプラチナカードの間に位置するゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミア
JCBゴールド・ザ・プレミア
JCBゴールド ザ・プレミア
年会費(税別) 10,000円(税別)+サービス年会費5,000円(税別) ※条件を満たした方はサービス年会費無料
海外旅行保険
国内旅行保険
ディズニーデザイン ×

ゴールドカードを一定期間、一定の条件を満たす使い方をしていれば、インビテーション(招待状)が届く完全招待制の特別なクレジットカード。

年会費が特殊でゴールドカードの年会費10,000にJCBゴールド ザ・プレミアのサービス年会費が別途5000円かかります。ただし、ゴールド・ザ・プレミアに招待された初年度についてのサービス年会費は無料です。

プラチナに近いサービスや特典を使えるようになるのがこのカードで、このカードの目玉特典はあのプライオリティパスが無料で使えます。

プレミアムカード

プレミアムカードに分類されるJCBカードはプラチナカードやザ・クラスというカードが用意されています。

ザ・クラスについてはインビテーションつまり、完全招待制となっています。

JCBプラチナ
JCBプラチナ
JCBプラチナ
年会費(税別) 25,000円
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
ディズニーデザイン ×

プレミアムカードでありながら、なんと自ら申し込みが可能なカード。

ゴールド・ザ・プレミアでも使えたプライオリティパスはもちろん、グルメ・ベネフィットやプレミアムステイプランなど特別な特典が目白押しです。

海外旅行保険の十分な内容のものが付き、特典はゴールド以上に上質なものが使えるようになります。さらに、空港以外のラウンジも利用できるようになります。

JCBザ・クラス
JCBザクラス
JCB ザ・クラス
年会費(税別) 50,000円~54,000円?
海外旅行保険 最高1億円?
国内旅行保険 最高1億円?
ディズニーデザイン ×

JCBカードの最高峰カードでいわゆるブラックカードと呼ばれるクレジットカードです。
こちらのカードは当然、完全インビテーション(招待)制のカードで、招待を受けるためには長く多く利用することが一説にありますが、実際は謎に包まれています。

年会費、海外旅行保険や国内旅行保険は公式サイトで公開されていないので、インターネット上で囁かれている年会費のとなっております。

旅行保険については憶測ですが、プラチナカードと同じかやや上の保険が付いている考えて大丈夫かと思います。プラチナカードの旅行保険の内容についてはプラチナカードの項目で確認してくださいね。

ザ・クラスには会員限定のプレゼント企画メンバーズセレクションがあり、好きな物1つを選らんでもらうことができるそう。その他にも、筆舌につくしがたい特典がこれでもか!!!と詰まったさすが最高峰といったカードです。

JCBザ・クラスと突撃

JCBザ・クラスは上でも紹介したとおり、完全にインビテーション(招待)制のカードです。

突撃とは、サポートセンターやデスクなどに自ら電話をして申し込みに取り付けようとする行為で、凸電と呼ばれることも。

数年前までは、このような突撃または凸電からのザ・クラスへの入会申し込みもできたようですが、近年ではインターネット上での情報になりますが、突撃からの申し込みは望み薄のようです。突撃を受け付けていないといった事も見ます。

こういった背景から、JCBザ・クラスがどうしても欲しい方は突撃をせず、おとなしく利用年数と多額利用を心掛け、JCBに忠誠を誓うカード利用を目指す方が賢明かもしれません。

まとめ

一般クラスのカードから、ザ・クラスなどの招待された方のみが加入できるクラスのカードまでを見てきました。

年会費が無料で学生にも使いやすいカードから、ビジネス関係等で役立つ特典がついているカードなど、多種多様なクラスから自分に合ったカードを選ぶことが可能。

ハイクラスカードになると、JCBラウンジやグルメ・ベネフィットの利用等、ビジネス出張やプライベートな旅行の際に役立つ特典が充実。旅先での楽しさと安心をしっかりサポートしてくれます。

JCB・LINDAには、女性向けの保険までお手頃な掛け金で加入できるサービスもあるなど、今までのカードの考えた方とは一線を画すクラスのカードもあります。

このように、JCBではさまざまな特色あるカードが用意されています。自分の年齢、職業などによって、どのカードを選べばよいか考えてみてはいかがでしょうか。

JCBカードの関連記事

JCBカード各券種の特徴まとめ

「JCBカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。