JAL最高峰のカードJCBプラチナとは

最終更新日:
JAL最高峰のカードJCBプラチナとは

JALカードの中でも最高峰のランクに位置しているのがJALカードJCBプラチナです。

年会費が3万円を超えるカードですが、カードを持つことによってどんな特典があるのでしょうか。

JAL JCBプラチナカードの審査難易度、年会費や、同じプラチナカードを提供しているアメリカンエキスプレスと比較しながら、JAL JCBプラチナカードを紹介します。

カードの概要について

審査難易度はかなり高め

JAL JCBカードプラチナは、JALカードの中で最上位にランクされているカードなので審査難易度はかなり高いといわれています。

通常のJCBブランドのプラチナカードも年収やこれまでのカード利用実績、さらにどの程度の資産があるのかも審査のポイントになるっているので、JAL JCBプラチナの審査も同等の審査がされるのではと予想されています。

基本的にゴールドカードの審査基準を満たしていないとプラチナの審査を通ることはできないと予想されるので、日ごろからカードの利用状況については注意しておく必要があります。

いきなりプラチナの申請をするよりもJCBのゴールドカードを利用して、ある程度利用実績を積んでおくと審査に通りやすくなります。

また、数年間にわたってJAL JCBのゴールドカードを利用していくとプラチナカードへのインビテーションが来ることもあります。
ただし、インビテーションが来たからといって必ず審査に通るわけではないので、注意が必要です。

JAL JCBプラチナカードの気になる年会費は

JAL JCBプラチナカードの気になる年会費は、本会員が33,480円、家族会員が16,760円になります。

これは同じプラチナカードを提供しているアメリカンエキスプレスであっても同額です。また、ショッピングマイルプレミアムも自動付帯となっているので、これ以外に年会費がかかることはありません。

JAL JCBプラチナの特徴は

比較対象となるJALアメリカンエキスプレスとの違い

JAL JCBプラチナカードを保有しようと考えている人が、他のカードを比較対象とするのであればJALアメリカンエキスプレスプラチナカードです。では、この2つのカードにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、違いを抑える前に同じところを押さえておく必要があります。
2つのカードともに年会費は同じであり、空港のラウンジ利用やプライオリティ・パスをもらうことができるという部分も同じです。マイルも基本100円で1マイル、ただし、JALグループを利用するときにはかなりのポイント優遇があり、最大100円で4マイルまで貯めることができます。

京都にあるラウンジを利用することができる

JAL JCBプラチナカードのみに与えられている特典として、JR京都駅のビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用することができます。

京都駅の中央口に近いところにあるラウンジで、京都の雰囲気を大切にした内装をしており、さらにドリンクやガイドブックが取り揃えられているサービスがあります。手荷物の一時預かりもあるので大きな荷物を持って京都の町を歩きたくないという人におすすめです。

京都までの交通手段は関係なくラウンジを利用することができるので、京都によく行く人にはおすすめです。

USJのJCB LOUNGE

大阪の人気テーマパーク、ユニバーサルスタジオ・ジャパン(USJ)でも効果を発揮します。
USJには企業が協賛をしているアトラクションがあり、ジュラシック・パークのアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」はJCBが協賛しています。

このため、このアトラクションにはJCBの専用ラウンジが用意されており、JAL JCBプラチナの人はラウンジを利用することができます。ラウンジを利用するとドリンクサービスや休憩をすることができるだけでなく、アトラクションへの優先搭乗があります。USJファンであれば持っていても損のないカードです。

グルメ・ベネフィット

JCBプラチナ会員限定の特典としてグルメ・ベネフィットがあります。
指定のレストランや料亭などを予約すると1名分の料金で2名分の食事をすることができます。高級な食事場所がそろっているので特別な日の食事やビジネスでの会食に使うことができ、お得な価格で食事を楽しむことができます。

お得な料金で食事を楽しめる

JALカードプラチナには、特定のお店で食事を楽しむときに一人分の料金が無料になる「グルメベネフィット(JCBでのサービス名)」、アメリカンエキスプレスのブランドは「プラチナ・グルメセレクション」があります。

JAL JCBプラチナの場合には、これに加えて「ダイニング30」という制度があります。
これも特定のお店で予約をするときに「ダイニング30」と予約すると30%の割引で食事を楽しむことができます。グルメベネフィットも共通で利用することができるお店もありますが、どちらかしか利用することができません。

二人であればグルメベネフィットの方が得になることが多いですが、大人数になるとダイニング30の方がお得になることがあります。

上質なホテルを紹介

JCBプレミアムステイプランとして、国内のハイグレードホテルにお値打ちな価格で宿泊をすることができる特別プランがあり、いつもの代金でワンランク上の旅を楽しむことができます。

ホテルや旅館によってはプラチナカード専用の特典がついたプランを用意しているホテルもあるので、これまで以上に宿泊施設選択の楽しみが増えることになります。

まとめ

  • JAL JCBプラチナカードは、最高峰のカードにふさわしく、審査基準はかなり厳しく、これまでのカード利用実績がないと審査に通過することが難しい。
  • 年会費は3万円を超えており、JCBとアメリカンエキスプレスのどちらを選んでも年会費は同じである。
  • アメリカンエキスプレスブランドとはマイルを貯めることに関してはほとんど変わりない。
  • その代わり、JCBブランドには京都駅やUSJのラウンジを利用することができたり、ダイニング30で特定のお店で大幅な割引を受けて食事をしたりすることができる。

関連記事