法人カードを選ぶ基準は?会社の規模によって法人カードを選ぶコツ

最終更新日:
法人カードを選ぶ基準は?会社の規模によって法人カードを選ぶコツ

会社の規模に違いがあるように、法人カードも会社の規模に対応したカードを発行しています。
会社の規模に見合った法人カードを選択しないと、審査以前に申し込みすらできないこともあります。

今回は会社の規模にあった法人カードの選び方を解説しましょう。

個人事業主の法人カードの選び方

個人事業主は個人カードを利用して、事業用の経費を決済しても何も問題ありません。
しかし法人カードを利用することで、ビジネス向けのサービスを受けることができるというメリットがあります。
また、個人カードと法人カードで返済口座を別にすることで、事業経費と個人消費を簡単に区別することができます。

個人事業主は、確定申告の時までに経費と個人消費を仕分けする必要があるので、クレジットカードの使い分けで効率よく作業をすることができます。
個人事業主が申し込みできる法人カードは一般的にビジネスカードという名称となっていますが、名称はクレジットカード会社によって違うので申し込み前に必ず確認しましょう。
主な個人事業主向けの法人カードは以下のとおりです。

  • JCB法人カード
  • 三井住友ビジネスカード
  • EX Gold for Biz S iD×QUICPay
  • ライフカードビジネス
  • ライフカードビジネスライト
  • アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・カード

個人事業主向けの法人カードでも、さらに種類があるので自分の使用目的に合っているカードを選びましょう。

経費を決済できればクレジットのサービスにはこだわらないという事業主
ライフカードビジネスがおすすめです。
ただし、年会費無料の代わりにポイントサービスもないので注意しましょう。
法人カードにステータスを求める事業主
三井住友カードやJCBのゴールドカード、アメックスのビジネスカードがおすすめです。

中小企業の法人カードの選び方

中小企業に関しては法人で申し込む場合と、代表者の個人名義で申し込みする2つの方法が選べます。

小規模の中小企業

個人事業に近い小規模の中小企業であれば、個人事業主向けの法人カードとして紹介した法人カードに代表者名で申し込みすれば十分に活用できます。
法人で申し込みしても法人代表者で申し込みしても、サービス面ではほとんど変わりはないので都合のいいほうを選びましょう。

ただし個人名でも法人名義でも追加カードを何枚まで発行できるのかは申し込み前に確認しておきましょう。
同じ法人カードでも追加カードの発行枚数が少ない場合は、十分に社員カードが活用できないので注意しましょう。

規模が大きい中小企業

中小企業でも規模が大きい場合は大規模企業向けの法人カードを作ったほうがいい場合があります。

目安としては役員、各部署の部長や課長、経理担当者など追加カードを発行する人数が20名以上になる場合は、大企業向けの法人カードを検討するといいでしょう。

大企業向け法人カードの選び方

大規模企業向けの法人カードは主にコーポレートカードと呼ばれています。
コーポレートカードはビジネスカードと比べてカード利用枠も大きく、追加カードの発行枚数もほぼ無制限となっています。
ただし、コーポレートカードやビジネスカードといった名称は、クレジットカード会社によって違いがあります。

例えばJCBでは「JCBビジネスカード」は社員口座から引き落としをするタイプ、「JCBコーポレートカード」は法人口座からの引き落としとなるタイプで、どちらも大規模企業向けです。

また、三井住友カードの場合は、「ビジネスカード」は中小企業の法人申し込み、「ビジネスカード for Owners」は同じ中小企業向けでも法人代表者と個人事業主が申し込みできるビジネスカードです。
さらに大企業向けの「コーポレートカード」があるので、名称にとらわれずに対象となるカードを選びましょう。

大企業向けの法人カードでは決済口座が法人カードと社員の個人口座を選ぶことができます。どちらを選択するかは申し込み前に決めておきましょう。

それぞれのメリット・デメリットは以下のとおりです。

会社決済型コーポレートカード
メリット
会社の口座からまとめて引き落としされるので、精算処理などが必要ない
デメリット
個人カードと間違えて個人利用をしたり、不正利用したりという可能性がある
個人口座決済型
メリット
法人カードで個人利用しても問題ない
デメリット
個人利用分を除いて精算処理が必要

上記のどちらの決済型がいいのかは、会社の規模などに合わせて検討してから申し込みしましょう。

まとめ

法人カードの選び方はおわかりいただけたでしょうか?
クレジットカード会社では、会社規模に応じた種類の法人カードを発行しています。
まずは、どのクレジットカード会社の法人カードにするか選んでから、会社の規模にあった法人カードを選ぶとわかりやすいでしょう。
また、法人カードは年会費だけでなく提供されるサービスも十分考慮して選部ことも大切です。

まだ法人カードを導入していない企業は今回の解説を参考に一度申し込みしてみましょう。

関連記事