法人カードの利用可能枠はどれくらい?目安とキャッシング枠について解説します!

最終更新日:
法人カードの利用可能枠はどれくらい?目安とキャッシング枠について解説します!

法人カードも個人カードと同じようにカード利用可能枠があるので、無制限に利用することは出来ません。
また、法人カードでも個人カードと同じく、カードの種類やグレードによってカード利用可能枠が大きく違います。

今回は法人カードの利用可能枠について、増枠やキャッシング枠も含めて解説します。

法人カードの利用可能枠の目安

法人カードの利用可能枠
上記でも説明した通り、法人カードでも個人カードと同じで種類やグレードによって違いがあります。
それでは具体的にどれくらいの利用可能枠があるのかご紹介しましょう。

一般法人カードの場合

一般法人カードの種類 利用可能枠
JCB一般法人カード 10万円~100万円
三井住友ビジネスクラシックカード(法人) 20万円~100万円
三井住友クラシックビジネスカードfor Owners(個人) 10万円~80万円
ライフカードビジネス 10万円~500万円

法人ゴールドカードの場合

法人ゴールドカードの種類 利用可能枠
JCBゴールド法人カード 50万円~250万円
三井住友ビジネスゴールドカード(法人) 20万円~300万円
三井住友ビジネスゴールドカードfor Owners(個人) 50万円~200万円
ライフカードゴールドビジネス 10万円~500万円

法人プラチナカードの場合

法人プラチナカードの種類 利用可能枠
JCB法人プラチナカード 150万円~
三井住友ビジネスプラチナカード(法人) 150万円~500万円
三井住友ビジネスプラチナカードfor Owners(個人) 200万円~500万円

法人カードでは一般的カードの場合、最大100万円が利用可能枠として設けられてることが多いです。

ただし、個人名義の利用は法人名義の場合よりもカード利用可能枠は下がる傾向にあります。
また、新規申し込みから利用可能枠を最大まで与えられることはほぼないので、利用実績を積み重ねて利用可能枠の増額を申請することになります。

法人カードの中にはカード利用可能枠を設定してない法人カードもあります。

例えばアメックスビジネスカードでは一律のカード利用可能枠の設定がなく、個別の審査によって利用可能枠を決定します。
そのため、ビジネスゴールドカードでも、審査によっては一般カード並みの利用可能枠で発行されることもあります。

これはむしろグレードの高いカードでも、審査を通過しやすいということにつながるので、よりグレードの高い法人カードを利用したい場合は、一律のカード利用可能枠がない法人カードを選ぶのも一つの手です。

法人カードの増枠について

法人カードも個人カードと同じように増枠の申請をすることが可能です。
ただし、カードが手元に届いた直後に増額申請をしても認められませんので、最低でも6ヶ月以上は利用可能枠いっぱいまで活用し、実績を積み重ねてから申請しましょう

もちろん返済遅延があると増枠を認められないどころか、状況によっては強制解約となるリスクもあるので気を付けましょう。

増枠は無制限に出来るわけではなく、その法人カードによって決められた利用可能枠の範囲での増枠となります。

例えば、カードの利用可能枠の上限が100万円の一般法人カードの場合、100万円を超える増枠申請は出来ないので、さらに増額を希望する場合はカードのグレード自体を上げる申請をすることになります。
一般カードからゴールドカードへアップグレードが認められると、一般カードの上限を超える利用可能枠になります。

また、クレジットカード会社によっては増額を勧める案内や、アップグレードの案内状が届くこともあります。この場合は、現在の利用可能枠やグレードにこだわっていなければ迷わず案内状に従って増枠やアップグレードをしましょう。

法人カードのキャッシング枠

法人カードのキャッシング枠
具体的に法人カードの利用者に対するキャッシングは、事業資金の用途になるので、キャッシング枠自体を設けていない法人カードが大半です。
特に法人名義の場合は、ほとんどキャッシング利用は出来ないと考えておきましょう。

しかし、法人代表者や個人事業主名義の法人カードはキャッシング枠がある場合もあります。
例えば、三井住友ビジネスクラシックカードfor Ownersではキャッシング枠が最大50万円まで認められています。
※同じ三井住友ビジネスクラシックカードでも法人名義の場合、キャッシング枠はありません。

これは、個人名義の場合は事業資金の用途というよりも個人の利用を前提としているので、利用枠も50万円以内に限定して認められている、という理由があります。

法人カードでのキャッシング枠があったとしても事業資金として利用する為には少なすぎるので、ビジネスローンを利用するのも手です。
ビジネスローンは利用可能枠も大きく、低金利で利用出来ますので、事業資金融資はビジネスローンを利用し、経費決済専用として法人カードを活用することをおすすめします。

まとめ

法人カードの利用可能枠はクレジットカードの種類やグレード、カード会社によってそれぞれ違いがあります。
自社の事業規模、社員数などを考慮して、適切な利用可能枠が与えられる法人カードを選択しましょう。
また、発行当初のカード利用可能枠は長く利用することで、増枠やアップグレードで利用可能枠を増やすこともできます。

初めて法人カードを申し込みする場合は、あまり利用可能枠を気にしないで、自社で利用したいサービスがある法人カードを選びましょう。

関連記事