ふるさと納税はイオンカードで支払うとオトク!

最終更新日:
ふるさと納税はイオンカードで支払うとオトク!

ニュースや雑誌などでよく聞く「ふるさと納税」。税金の話しなので、難しく感じる人も多いでしょう。
でも、実はこの制度はとっても簡単に節税できる魅力たっぷりの制度です。
しかも、このふるさと納税はクレジットカードで行うとより得することができます。

今回は、ふるさと納税の仕組みや方法に加えて、イオンカードでふるさと納税をお得に行う方法について解説していきます。

ふるさと納税って何?

ふるさとの景色

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。
引用:総務省「ふるさと納税」

自身の居住地ではない別の場所に「寄付」することで、寄付金額の一部が納めるべき税金から控除されるという制度です。
これの何がお得かというと、ふるさと納税の多くは「返礼品」として寄付額に応じた商品を送ってくれるため、言い換えると実質負担額2,000円で色々な名産品がもらえるお得な制度というわけです。
※課税所得によっては2,000円以上になる場合もあり。

ふるさと納税の方法

ふるさと納税をする前に、まずは自分の寄付金控除の上限額を知りましょう。この上限額はみなさんそれぞれの年収や家族構成などにより異なるため、あらかじめ「自分の上限がいくらか」ということを知っておくことはとても重要です。

理論的には、上限額ギリギリまでふるさと納税をするのが1番お得ですが、「そんなに欲しい返礼品が見つからなかったよ」という場合は、一部金額だけでもふるさと納税しても大丈夫です。

正確な計算には「源泉徴収票」が必須なので、必ず手元に用意してから初めてください。
ざっくりとした金額なら、おおよその年収と家族構成がわかれば下記のシミュレーションサイトから計算が可能ですよ。
ふるさと納税控除上限額シミュレーション

ふるさと納税はどこですればいいの?

イオンカードでふるさと納税
ふるさと納税ができるサイトはインターネット上に無数に存在します。
検索バーに「ふるさと納税」と入力すればたくさんのサイトがヒットしますが、イオンカードをお持ちの方は断然イオンカードでふるさと納税のサイトがオススメ。

ふるさと納税サイト大手のさとふるが運営しているため、返礼品をクリックするとさとふるサイトに飛び、そこから手続きを行うことになります。

イオンカードでふるさと納税のページはこちらから。

返礼品は主に地域の名産品になります。お肉やお魚、フルーツなど種類はさまざまです。筆者は特に長期保存可能なお米をよく返礼品として選んでいます。
また、返礼品なしで、純粋に全額寄付することももちろん可能ですよ。

イオンカードでふるさと納税すると何がお得なの?

イオンカードでふるさと納税する利点はときめきポイントがもらえる点!
ふるさと納税は制度そのものが節税に繋がるお得な制度です。それをさらにイオンカードで支払うことでポイント獲得にも繋がります。

しかも、ふるさと納税制度は上限金ギリギリまで利用すると、高額になることもしばしば。
例えば、本人の年収が500万円で夫婦共働き+高校生の子供がいる場合、上限額は「38,000円」にもなります(簡易シミュレーションより)。
この38,000円をすべてイオンカードで決済したとしましょう。獲得できるときめきポイントは、1,900ポイントにもなります。

1,900ポイントだと商品なら便利なキッチングッズに、提携ポイントへの交換ならWAONポイント1,500ポイント(WAONポイントは1,000ポイント以上500ポイント単位での交換のため)に交換出来てとてもお得です。

ふるさと納税を行う前の注意点

ふるさと納税ワンストップ特例
ふるさと納税には、多くの人が使いやすいようにとワンストップ特例という制度が設けられています。一般的なサラリーマンが利用しやすい制度です。
通常、寄付金を控除する場合には確定申告を行う必要があるのですが、以下の条件を満たせば簡単な申請書を提出するだけでOK。

  • 寄付を行った年の所得について確定申告をする必要がない
  • 1年間のふるさと納税納付先の自治体が5つまで

つまり、簡易なワンストップ納税を利用するためには寄付先の自治体を5つまでに絞るのがポイント。
また、ワンストップ特例は申請締め切りが1月10日と期日があるため、早めにすべての作業を行うこともポイントです。

イオンカードでふるさと納税を行うなら

イオンカード(WAON一体型)
イオンカードでふるさと納税をしたいけど、まだカードを持っていない…という方にはイオンカード(WAON一体型)がオススメ。

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド VISA,MasterCard,JCB
電子マネー WAON
付帯保険 カード盗難保険

年会費無料なので、ふるさと納税のために作ったとしても維持費もかからず損しません。

このカードももちろん上記で紹介した「ときめきポイント」が貯まります
寄付額に応じて200円1ポイントで貯まっていきますよ。

ふるさと納税だけでなく日常のお買い物でもポイントが貯まります。
特にイオングループ内での買い物なら200円2ポイントと還元率は2倍になります。

まとめ

難しいように見えるふるさと納税ですが、実はとっても簡単です。
ワンストップ特例があるため、ますます利用しやすくなりましたよ。
イオンカードでふるさと納税をして、たくさんときめきポイントをGETしちゃいましょう。

関連記事