旅先の宿泊はダイナースクラブカードのホテル優待特典を使ってオトクに!

最終更新日:

旅行やレジャーをする際に、少しでも良いホテルを少しでも安く利用したいと考えている人は多いと思われます。
今回紹介するのは、ダイナースクラブカードの会員になっていると受けられるホテルに関する優待となっていて、ダイナースクラブでは国内・国外のホテルを会員料金で利用できるというサービスを提供しています。

世界中にある有名なホテルを特別料金で利用することが出来て、さらに特典まで付いてくるケースもありますので、上手く活用して最高の思い出を作ってください。

日本国内で利用可能なホテル・旅館の宿泊優待や特典について

ダイナースクラブカードのホテル優待(国内)
ダイナースクラブ会員が利用できる日本国内のホテルや旅館で受けられる宿泊優待や特典というのは、利用する施設によって異なります。
利用できる宿泊施設の数については100件に満たない程度となっていますが、シーズンによって随時切り替えられていますので、その点は安心してください。

肝心の受けられる優待や特典についてですが、こちらは一般的なクレジットカードのサービスと似ていて、宿泊料金の割引や部屋のグレードをアップすることが出来るというような優待が多いです。中には食事に特別な一品が加えられるというようなものもありますが、特典や優待については施設によって異なるということを忘れないでください。

また、優待の中に含まれていても、その施設が常に提供しているサービスだというケースもありますので、その点についても注意が必要です。

優待の利用方法ですが、優待対象のホテルもしくは旅館に直接電話し、ダイナースクラブの国内宿泊優待を利用する旨を伝えて予約をして下さい。
※一部施設ではオンライン予約も可能です。

宿泊優待特典はダイナースクラブカードでお支払いをした場合のみ適用される優待ですので、宿泊料のお支払いは必ずダイナースクラブカードで行うようにしましょう。

ダイナースクラブの優待対象の国内宿泊先検索はこちらからどうぞ。

海外で利用できるホテルでの割引や特典について

ダイナースクラブのホテル優待(海外)

ダイナースクラブ会員が海外のホテルを利用する際に受けられる優待については、料金の割引や部屋のグレードアップが多くなっています。
その他、宿泊施設によっては朝食が提供されるサービスもあり、宿泊する施設独特の優待が受けられたりします。

注意するポイントとしてはトラベルデスクに日本出発の4日前までに予約をしなければならないというポイントです。

一般的にホテルの予約を取る際には、ホテルに直接連絡をするか、ホテルの予約サイトなどを利用するケースが多いと思われますが、ダイナースクラブ会員の優待を受けたい場合はダイナースクラブが提供しているトラベルデスクの予約システムを利用しなければいけません。

トラベルデスクでの予約手続きの流れはこちらから確認できます。

どこの国に行くのか、そしてどのようなホテルに宿泊したいのかという目的によって最適な宿泊施設が異なりますので、出来れば優待や特典で選ぶのではなく自分の目的に合った宿泊施設を選ぶことが旅をエンジョイするために必要なことだというのを覚えておいてください。

プランを上手く活用すると最高のサービスを享受することが出来る

ダイナースクラブのホテル優待(ハイアット)
ダイナースクラブのホテル優待では、特定グループのホテルに宿泊することによって優待を受けられるというケースもあります。
日本の旅館などの場合はホテルブランドではなく、単一の宿泊施設となっているケースが非常に多いですが、日本でも海外でも一流のブランドというのは多くのホテルを有しているケースが多いです。

日本にもある有名ブランドのホテルグループの中でダイナースクラブのホテル優待を受けることが出来るブランドとしては、ハイアットグループなどが挙げられます。

一般的に少しグレードの高いホテルだという認識が強いと思われますが、ダイナースクラブのホテル優待を利用すると、宿泊料金の割引が受けられて、通常タイプの部屋からスイートタイプの部屋にグレードアップすることが出来ます。

ダイナースクラブのホテル優待を利用することが出来る宿泊施設は国内・海外を合わせれば数千にも及ぶとされていて、大手のホテルグループと提携しているサービスとなっていますので、どこに行ってもサービスを受けることが出来ます。ただし、国や地域によってはホテルがない場所もありますので、その点については注意してください。

まとめ

ホテル優待というと、レストランや買い物施設などを利用することに比べると利用頻度が低いかもしれません。
しかし、特別な思い出を作るためのサポートをしてくれると考えれば利用頻度が低くても利用価値は高いということに繋がります。
受けられるサービスについては、どの施設を利用しても似通っているということが特徴的なので、受けられる優待で比較するのではなく、どのような目的で旅行をするのかということに重点を置いて探したほうが良いでしょう。

関連記事