ヤフーカードは2枚持ちできる?2枚目におすすめの相性抜群のカードは?

最終更新日:
ヤフーカードは2枚持ちできる?2枚目におすすめの相性抜群のカードは?

ヤフーカードはVISA・MasterCard・JCBの3つのブランドの中から選ぶことができます。
特に海外旅行などをしていると、ブランドによっては使えないケースも出てくるので、複数ブランドのカードを揃えておきたいところです。

基本的にクレジットカードは、国際ブランドが異なっていたとしても同じものを2枚作ることができません。
しかしヤフーカードはアカウントによって紐付けされているので、異なるアカウントを使えば2枚持ちできるかもしれない!と考える方がいるかもしれません。

実際のところ、どうなのでしょうか?
この記事ではヤフーカードの2枚持ちについてわかりやすく解説していきます。

残念!ヤフーカードは2枚持ちできない

ヤフーカードの二枚持ちは出来ない

結論から先に言うと、ヤフーカードは異なる国際ブランドであっても、2枚持ちすることができません。

したがってJCBとVISAを所有する、またはVISAとMasterCardを所有といった、ヤフーカードで2つの国際ブランドによる使い分けはできなくなるわけですね。

別アカウントのヤフーIDでも作れない?

ヤフーカードはヤフーIDで紐付けされています。そのためヤフーIDを別のものに変更すれば、新しくクレジットカードを作れるようになるのでは?と考える方もいるでしょう。

しかし別アカウントでも結果は同じです。
ヤフーIDを別のものにし、2枚目のカードの申し込みを行っても、紐付けされた個人情報をもとに申し込みを拒否されます。

国際ブランドの切り替えは出来る?

これまでのことから、ヤフーカードは異なる国際ブランドであっても、2枚持ちはできない、ということがわかりましたね。

ではヤフーカードの国際ブランドを、すでに持っている他社クレジットカードとは別の国際ブランドに切り替えることはできるのでしょうか。
例えば、ヤフーカードと楽天カードの国際ブランドをVISAで所有していて、ヤフーカードの国際ブランドをVISAからMasterCardに切り替える場合です。

こちらは非常に残念なことに、ヤフーカードは国際ブランドの切り替えができません。

ヤフーカードの国際ブランドをどうしても変えたい場合は、いったん今のカードを解約して、別の国際ブランドで再度申し込みを行う必要があります。

所有しているヤフーカードで国際ブランドの切り替えができないのは、少し不便ですよね。
ちなみに、国際ブランドを変えるためにいったん解約して再度申し込みをしてヤフーカードを発行しても、入会特典はもらえないので注意しておきましょう。

2枚目におすすめのカードは?

今のヤフーカードは解約したくない!でも、別の国際ブランドのカードも欲しい!という場合は、ヤフーカード以外のクレジットカードを発行しましょう。

今から紹介するカードは、発行費用が安く、どれも評判の良いものばかりです。
ヤフーカードの予備として持っておくのにふさわしいカードですので、参考にしてみてください。

JCBカードW

JCB CARD W

JCBカードWは、国際ブランドJCBが発行するプロパーカードで、OkiDokiポイントを2倍のスピードで貯められるとってもお得なカードです。
年会費は永年無料なので、予備のカードとしてぴったりです。

貯まったOkiDokiポイントは交換先が豊富で、商品やディズニーのパークチケットと交換したり、Amazonやスターバックスで使用したりすることができます。
国際ブランドでJCBを選ぶなら、持っておいて損はないカードです。

ただし39歳までの方が申し込み出来るカードですので、注意してください。

もっと詳しく確認したい場合はこちらからどうぞ。

楽天カード

楽天カードお買い物パンダデザイン

ポイントの還元率などを考えるなら、CMでもおなじみの楽天カードもオススメです。
年会費無料で、一度作ってしまえばそれ以降は年会費を請求されることがありません。

更に、楽天カードには楽天カード特有のポイントアップシステムを設けていて、楽天市場で楽天カードを使うことで貰えるポイントが最大14倍に跳ね上がります。
貯めたポイントが使えるお店も多く、満足度の高いクレジットカードです。国際ブランドはJCB・MasterCard・VISAの3種類から選べるのも魅力のひとつですね。

気になった方はこちらから楽天カードの詳細が確認できますよ。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

知名度とステータスの高さを重視するなら、三井住友のクラシックカードはいかがでしょうか、
年会費は1350円かかりますが、リボ払いに設定することで、年会費無料になります。

リボ払いに設定すると、手数料がもったいない・・・という方もいるかもしれませんが、リボ払い手数料が発生すると、ポイントがなんと2倍もらえるようになります。

貯まったポイントは三井住友カードの公式サイトにて、豪華な商品と交換することができますよ。
どんな商品と交換できるかは公式サイトの景品カタログを覗いてみてくださいね。

また三井住友のクラシックカードは、スマホ決済のApple Payや楽天ペイ、電子マネーのiDにも対応しています。

もっと三井住友VISAクラシックカードの魅力を確認したい方はこちらから。

エポスカード

エポスカード

エポスカードは、飲食店や娯楽施設と相性のいいクレジットカードです。年会費も無料で、海外旅行向けの保険まで自動付帯されています。

提携している飲食店・カラオケ店でエポスカードを利用することで、割引優待があったり、ポイントが最大5倍貰えたりします。貯まったポイントはマルイの商品券やクオカード、アマゾンのギフト券と交換できます。

沢山の優待特典にポイント交換先の豊富さ、海外旅行保険が自動付帯と、なかなか総合度の高いクレジットカードです。

エポスカードの詳細はこちらから確認できます。

イオンカード

イオンカード

自宅・職場の近くにイオンがあるなら、クレジットカードはイオンカードがおすすめです。
年会費無料で、対象となる店舗でカード利用すれば、ポイントが2倍になります。
さらに毎月20日と30日は、イオン系列店でのお買い物の代金が5%オフになるキャンペーンも実施されています。

貯まったポイントは、豪華な商品と交換したり、専用のオンラインショップでの支払いに充てたりすることも可能です。

まとめ

残念ながら、ヤフーカードはヤフーIDを変えたとしても、2枚持つことは出来ません。
さらにはヤフーカードの国際ブランドの切り替えも出来ないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

もし現在所有しているヤフーカードとは別の国際ブランドが欲しい場合は、ヤフーカードを一度解約して申し込みし直すか、ヤフーカード以外でクレジットカードを発行するのどちらかになります。

ヤフーカードの解約は手間もかかりますので、ぜひ上記でおすすめしたクレジットカードを検討してみてください。
どれも優秀で使いやすいクレジットカードですよ。

関連記事