スカイトラベラープレミアのメリットや口コミ・評判を徹底解説!

最終更新日:

アメックスには飛行機に乗る方にお得なスカイトラベラーというクレジットカードが発行されています。
実はさらにワンランク上の「アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア」も発行されているのをご存知でしょうか。

スカイトラベラーのワンランク上!?もしかして、もっとお得なクレジットカードになっているのかしら…?

その通りじゃ!スタンダードなスカイトラベラーよりもさらにお得になっておるぞい!

スカイトラベラープレミアがオススメな方は以下の通り。

  • 飛行機に乗る頻度がかなり高い方
  • マイルを意識してポイントを貯めたい方

今回はスカイトラベラープレミアのメリットやデメリット、更には口コミ情報とすみずみまで紹介します。

まずは基本情報をチェック

年会費 家族カード年会費 ETCカード年会費 国際ブランド
35,000円(税抜) 17,500円(税抜) 無料(新規発行手数料850円(税抜)が必要) AMEX
貯まるポイント ポイント付与率 締め日・引落し日 申し込み資格
Marriott Bonvoyポイント 100円で1~5ポイント 利用する金融機関で異なる 20歳以上で安定した収入のある方

アメックスのスカイトラベラープレミアは、ゴールドランクの立ち位置。
そのため、年会費は35,000円とやや高額です。
家族カードの発行も出来ますが、家族カードにも17,500円+税の年会費が必要なので注意が必要です。

審査難易度は?

クレジットカードを検討している方にとって、一番気になるのは審査難易度ではないでしょうか。

アメックスでは独自の審査基準で審査を行っているため、他社とは審査難易度を比較することは出来ません。
ですが、アメックスのプロパーカードであるゴールドカードと比較すると、ややスカイトラベラープレミアの方が審査は易しいと言えます。

それでもゴールドカードと同ランクのクレジットカードとなりますので、一般的なクレジットカードより審査は厳しいものと考えておきましょう。

一番のメリットは飛行機を乗る人にとってポイントがガンガン貯まるところ

スカイトラベラープレミアの一番のメリットは、対象航空会社の航空券をスカイトラベラープレミアで購入すると通常よりポイントを多く獲得できるところ。

通常は100円で1ポイントですが、航空券の購入した場合なんと100円で5ポイントも獲得可能!
つまりいつもより5倍のポイントを貰うことが出来ます。

飛行機へ頻繁に乗る方が多い人にとっては、スカイトラベラープレミアを利用することによってガンガンポイントを貯まりますよ。

対象の航空会社も日本航空を始め、タイ国際航空・チャイナエアライン・デルタ航空など27社。
日本以外に海外での航空会社も対象なのは、海外によく行かれる方には嬉しいですね。

ちなみにスタンダードなスカイトラベラーではポイントは3倍じゃ。
スカイトラベラープレミアがパワーアップしているということが良く分かるのぅ!

ボーナスポイントも!

スタンダードなスカイトラベラーでもボーナスポイントを獲得することが出来ましたが、スカイトラベラープレミアではさらにワンランク上のボーナスポイントが用意されています。

  • 新規入会で5,000ボーナスポイント
  • 航空券などの初回購入時に10,000ボーナスポイント
  • 毎年継続して利用すると5,000ボーナスポイント

初年度でも合計15,000ポイントが貰えるのは豪華ですね!
また毎年継続して利用することによって5,000ボーナスポイントが貰えるのも嬉しい部分です。

貯めたポイントの利用方法はたくさん!

お得に貯めたポイントは、支払いに充てたり、商品に交換したりと様々な利用方法で活用することが出来ます。

その中でも特にオススメなのは、航空券などの支払いに充てる利用方法と、マイルへの移行。

対象の空港会社での航空券を購入する際、貯めたポイントを1ポイント=1円で支払いに充てられます。
その他の支払いで充てる場合は1ポイント=0.5~0.3円までレートが下がる為、よりお得に無駄なく利用したい場合は航空券などの支払いに充てるのが一番オススメですよ。

また、マイルへの移行もオススメ。
なんと等価レート(1,000ポイント=1,000マイル)で対象航空会社15社のマイルへ移行することが可能です。
さまざまなマイルへ移行できるのも嬉しいですね。

ちなみにポイントは無期限で貯めることが出来るのじゃ。好きな時に好きな方法で利用出来るのもスカイトラベラープレミアのメリットと言えるのぅ!

旅行傷害保険もより充実した内容に

スカイトラベラープレミアでは、旅行傷害保険がしっかりと付帯されています。
その補償金額は、スタンダードなアメックススカイトラベラーよりもパワーアップした金額に。

海外旅行傷害保険

死亡・後遺傷害保険 最高5,000万円
疾病・傷害治療保険 100万円
携行品損害保険 1旅行中最高30万円
賠償責任保険 最高3,000万円
救援者費用保険 最高200万円

国内旅行傷害保険

死亡・旅行傷害保険 最高5,000万円

国内外問わず最高5,000万円の補償が受けられるのは心強いですね。
ただしどちらも保険を適用させるためには、事前に旅行代金などをスカイトラベラープレミアで支払う必要がある(利用付帯)ので注意しましょう。

旅行傷害保険以外にも

スカイトラベラープレミアには旅行傷害保険以外にも、以下のような保険も付帯されています。

  • ショッピング保険
  • キャンセル・プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • カード盗難・紛失補償

キャンセル・プロテクションやオンライン・プロテクションはスタンダードなスカイトラベラーには付帯されていない保険。
さらにショッピング保険も最高500万円までと補償額が多くなっており、とても充実した保険がスカイトラベラープレミアに付帯されていますよ。

海外旅行先での日本語サポートもグレードアップ

海外旅行先で困ったことがあったときに日本語でサポートしてくれるサービスが利用出来ますが、スカイトラベラープレミアの場合はスタンダードなスカイトラベラーよりもグレードアップしたものになっています。

例えばスタンダードなスカイトラベラーでは、海外先で病気になったとき相談しても病院などを紹介してもらえる程度でした。
しかしスカイトラベラープレミアの場合、救急車を呼んでくれたり、紹介した病院に予約を取ってくれたりと充実したサポートをしてくれるように。

より手厚いサポートを受けられるようになっているのも、スカイトラベラープレミアの魅力ですね。

デメリットは?

メリットが多くありますが、デメリットも少なからず存在します。
どのようなデメリットがスカイトラベラープレミアにあるのか見ていきましょう。

年会費が高め

スカイトラベラープレミアはゴールドランクのカードなため、年会費はやや高額になっています。
その金額は、プロパーカードのアメックスゴールドよりも高くなっています。
※スカイトラベラープレミアの年会費は35,000円+税/アメックスゴールドの年会費は29,000円+税

ですが、飛行機に頻繁に乗る方にとってはポイントが高還元率で貯まっていくため、年会費の元はすぐに取れますよ。

飛行機に乗らない人にはうまく使えないカード

このカードは飛行機に乗る人ほど、メリットを最大限に活用できるのがスカイトラベラープレミア。
逆に飛行機にそこまで多く乗らない方にとっては、メリットを最大限に活用できず損に感じる場合も。

スカイトラベラープレミアに入会する前に、自分がどれだけ飛行機を利用するのか考えて、メリットを最大限生かせるかどうかしっかりと判断する必要がありますよ。

このカードがオススメなのは?

冒頭でも触れた通り、このカードがオススメなのは以下の項目に当てはまる方です。

  • 飛行機に乗る頻度がかなり高い方
  • マイルを意識してポイントを貯めたい方

飛行機に乗る頻度が高い人ほど活躍するスカイトラベラープレミア。
またポイントは無期限で貯められる上に、マイルへの移行先も幅広く用意されていますので、マイルへ移行を意識してポイントを貯めたい方にもオススメです。

スカイトラベラープレミアの口コミ・評判

総合満足度:4.0
有効口コミ件数:2
飛行機によく乗る人は持っていた方が得!

航空券をこのカードで買うとガンガンポイントが貯まる。
5倍もポイントが貯まるのは他のカードには無いんじゃないかな…
貯まったポイントは1ポイント1円で航空券の支払いに充てることが出来るし、飛行機を頻繁に利用する人は持つべき!

人を選ぶカード

「スカイトラベラー」というの名前通り、飛行機に乗る人じゃないと上手に使えないカード。
年に数回乗る程度…なんて人はこのカード向いてません(笑)
メリットが飛行機に頻繁に乗る人以外、活かせないのが本当に残念。
少しでも乗る人が活かせるメリットもあれば良いのにと思う。

・調査対象:スカイトラベラープレミアを実際に利用している方
・調査方法:Webアンケート

まとめ

アメックススカイトラベラーよりワンランク上の「アメックススカイトラベラープレミア」。
ポイント・保険・サービスなど様々な面でワンランク上の充実した内容となっています。

飛行機に乗れば乗るほどお得に活用できるクレジットカードですので、国内・海外問わず飛行機へ頻繁に乗る方はスカイトラベラープレミアを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事