600箇所以上で利用可能!ダイナースクラブカードのラウンジサービスとは?

最終更新日:
600箇所以上で利用可能!ダイナースクラブカードのラウンジサービスとは?

空港で搭乗手続きをする際に空き時間が出来たらラウンジで時間を潰すという人も多いと思われます。

頻繁に空港を利用している人ならラウンジで食事をしてから搭乗するというケースもあるかもしれませんが、ダイナースクラブカードの会員になっていると国内外の空港ラウンジで様々なサービスを受けることが出来ます。

空港ラウンジのサービスと言えばプライオリティパスも有名ですが、今回はダイナースクラブカードとプライオリティパスとの比較も合わせて詳しく紹介していきます。

空港ラウンジのサービスだけで入会するクレジットカードを決めるという人は少ないと思われますが、知っているとオトクなサービスなので知らないと損をします。

国内外のラウンジで受けられるサービスについて

空港ラウンジ

まずは空港ラウンジで受けることが出来るサービスについて紹介していきますが、国内外の空港ラウンジでのサービスは基本的にソフトドリンクやアルコールの提供、そして無線LANの使用などが多くなっています。

その他には軽食の提供やPCのレンタルなどのサービスを提供しているラウンジもありますが、受けられるサービスはラウンジによって異なるということを知っておいてください。

空港ではなく、ラウンジによって異なるという部分がポイントです。

ダイナースクラブカードやプライオリティパスでの特典というのは、「ラウンジを使用することが出来る」という特典になっていますので、ラウンジで利用したサービスの中には有料のサービスも含まれますので注意が必要です。

空港ラウンジを利用する際には当日の搭乗券の提示が求められることになりますので、ラウンジの利用のみを目的として空港ラウンジに行くことは出来ないということになります。

プライオリティパスと比較した場合のダイナースクラブラウンジの強みとは

ダイナースクラブの強み
空港ラウンジを利用する際の特徴として、プライオリティパスと比較されるケースが多いですが、サービスの内容についてはどちらも違いがありません。

異なる部分というのは、ラウンジを利用する際の料金と、利用することが出来る空港やラウンジの数となっていて、この2つを簡単に紹介していきます。

ダイナースクラブ会員の場合の空港の数や料金について

ダイナースクラブ会員の場合、国内の空港では28箇所、海外空港では約600箇所のラウンジを利用することが出来ます。

料金に関しては本会員が無料となっていて、同伴者の場合は原則として有料です。

有料と言っても比較的安いラウンジの場合でしたら、1人に付き500円~1,000円程度の料金となっていますので、それほど高額ではないということが特徴的です。
※ラウンジによって料金が異なりますので注意が必要です。

ダイナースクラブの特典での空港ラウンジの利用では、原則として本会員の方は入場が無料となっていますが、
これは家族会員の方も含まれることになりますので、同伴者でも家族会員カードを持っている方の場合はカードを提示することによって入場料金が無料となります。

プライオリティパスについて

国内の空港では4箇所、海外の空港では約950箇所となっていて、国内で利用することが出来る空港は非常に少ないです。

ただし、プライオリティパスの場合は単独で加入するというケースが非常に少なく、他のクレジットカードブランドのゴールドカードやプラチナカードに付随する特典として利用するケースが多いです。

そのため、元々のゴールドカードやプラチナカード単独で約30箇所の国内空港のラウンジを利用することが出来るために、「他のカードの特典としてプライオリティパスに加入している場合」はダイナースクラブカードと互角だということになります。

料金に関しては、本会員が原則無料となっていて、同伴者は無料のケースも多いですが有料の場合は2,000円前後の料金となっているケースが多いです。

このため、本会員として空港ラウンジを利用することを比較するとダイナースクラブカードもプライオリティパスも大差がないということです。

ただし、プライオリティパスの場合は他のカードの特典として加入しないと利用することが出来るラウンジの数が大きく減少しますので、その点については注意しなければいけません。

ダイナースクラブカードで空港ラウンジを利用する際の注意点について

日本国内の空港ラウンジを利用する際には、それほど注意点はありません。

しかし、海外の空港ラウンジを利用する際には、利用することが可能な空港ラウンジを予め調べておくことをオススメします。

その理由というのも、ダイナースクラブカードの場合は海外空港で約600箇所のラウンジを利用することが出来ますが、中国やグアム、サンフランシスコの一部空港では利用することが出来なくなっています。

どの空港も日本人の渡航者が多い空港でもありますので、サービスを利用することが出来ない空港もあるということを知っておいたほうが良いでしょう。

まとめ

空港というのは電車やバスと違って前もって予約をしてから利用するという人が非常に多いです。

そのため、かなり早く搭乗手続きをする人が多いために時間を持て余してしまうというケースも多いと思われますが、その際に利用されるのが空港ラウンジです。

搭乗前の時間を有意義に過ごすためにもダイナースクラブカードで利用することが可能な空港ラウンジのサービスを知っておいたほうが良いでしょう。

関連記事