メリット多数!ダイナースクラブカードの家族カードって?

最終更新日:
メリット多数!ダイナースクラブカードの家族カードって?

ダイナースクラブカードの家族カードは、本会員の配偶者や両親、18歳以上の子どもが使用することが出来るカードです。

家族カードは本会員のカードに準じて利用することが出来ることの幅が異なりますが、こちらでは家族カードを使用することによってどのようなことが出来るのかということについて詳しく紹介していきます。

本会員が使用しているカードの種類によって、異なる部分も多いので、その点については注意しなければいけません。

家族カードの年会費や、受けられる特典について

まずはダイナースクラブの家族カードを発行する際に発生する年会費について紹介していきますが、こちらは5,000円~10,500円の費用が発生することになります。

金額の差については、カードのグレードによって異なるということが特徴的で、ダイナースクラブの一般カードでもあるダイナースクラブカードの場合は年会費が5,000円となっていますが、グレードの高いANAダイナーススーパーフライヤーズカードの場合は10,500円となります。

銀行などの金融機関と提携しているタイプのカードについては年会費が5,000円ですが、BMWやMileagePlus、デルタやJALと提携しているカードの場合は9,000円となっていて、家族カードの場合でも年会費が発生することになります。

ダイナースクラブが提供しているカードの中で、家族カードを発行する際に年会費が発生しないのはプレミアムカードと銀座ダイナースクラブカードの2種類のみとなっていますので、年会費無料で家族カードを持たせたいという方の場合は、これらのカードの本会員になるのが良いかもしれません。

ダイナースクラブの家族カードは優秀だとされていて、基本的には本会員のカードで受けることが出来る特典は全て利用することが出来る仕組みになっています。

家族カードの場合でも年会費が発生してしまうために、他社のクレジットカードと比較すると敬遠される傾向がありますが、エグゼクティブダイニングなどの特典を利用すると対象店舗の料理が無料となる特典を利用することが出来ます。

また、家族カードを使用することによって本会員カードのポイントを貯めることも出来るようになりますので、身近な支払いをカードに切り替えるだけで年会費以上のメリットを受けることは可能です。

本会員カードでは利用可能で、家族会員カードでは利用できないこととは

ダイナースクラブが提供している本会員カードの家族カードでは、原則として家族会員カードでは利用できないというサービスはありません。

しかし、家族カードの仕様として、支払いやポイントの付与が本会員カードにまとめられるということになりますので、残念ながら家族カードで利用明細や取引履歴などを確認することは出来ない仕組みになっています。

本会員カードで確認をすれば、家族カードでの取引履歴をチェックすることが出来るようになっているのですが、家族カードだけではチェックをすることが出来ませんので、その点に関しては注意するようにしてください。

ダイナースクラブカードは審査が厳しいと評判のクレジットカードとなっていますが、審査が厳しいとされているのは、あくまでも本会員カードとなっていますので、既に本会員カードを持っている場合の家族カードの発行に関しては手続きをするだけで簡単に発行することが可能です。

ダイナースクラブでは、どのカードを利用していても利用限度額に制限がありません。

これは、「いくらでも使い放題」ということではなく、「利用者の支払能力に応じて利用限度額が設定される」ということになっています。

つまり、同じカードを使っていても利用限度額が100万円の人もいれば、1,000万円の人もいるということになっていて、一般的なクレジットカードでは利用限度額の上限が定められているケースが多いので、この点に関してはメリットだということになります。

そして、家族カードを使うことのメリットについてですが、どのクレジットカードでも同じことが言えますが、「利用金額の多い人」というのは優遇される傾向にあります。

これはダイナースクラブでも同じことになっていて、本会員カードと家族カードを使って利用限度額の満額まで使うということを繰り返すことによって次のステップを狙いやすくなりますので、1枚のカードで満額を使い切るよりも家族カードと合わせたほうが楽だというのがメリットになります。

注意点としては、本会員カードと家族カードでは利用枠を共有することになりますので、極端に高額な買い物をする際には家族カードを持っている人に一言だけでも通達してから購入したほうが良いでしょう。

まとめ

ダイナースクラブの家族カードでは、年会費が発生してしまうというデメリットがありますが、デメリットを補うだけのメリットが沢山あります。

本会員カードの場合は審査が厳しいというようなポイントもありますが、家族カードの場合はほとんど無審査に近いような状態になっていますので、安心して発行することが出来ます。

家族が同じ世帯で生活をしているのならば、生活費を全てダイナースクラブカードでの支払いにすることによって得られるメリットというものもありますので、家族カードの発行については検討してみると良いでしょう。

関連記事