三井住友VISAデビットカード、クレジットカードとの違いは何?

最終更新日:
三井住友VISAデビットカード、クレジットカードとの違いは何?

三井住友VISAカードにはクレジットカード以外にもキャッシュレス決済できるカードがあり、その1つにデビットカードがあります。

この三井住友VISAデビットカードはどんなカードなのでしょうか?またクレジットカードと比較するとどんなちがいがあるのでしょうか

この記事では、三井住友VISAデビットカードの基本的な機能や使い方、クレジットカードとの違いも簡単に紹介します。

まずは基本。デビットカードって何

登録した預金口座から即時に引き落とされる決済方式のカードですので電子マネー感覚で使えるカードです。三井住友VISAカードから出ている三井住友VISAデビットカードも仕組みは同じです。

では電子マネーとの違いは何になるのかですが、電子マネーはあらかじめ一定額を入金(チャージ)されている状態で利用するカードです。
一方デビットカードは引き落としとなる預金口座をあらかじめ登録して使うカードなので、入金(チャージ)する必要がありません。

このように、預金口座と紐づいているデビットカードは発行元が銀行である場合が殆どで三井住友VISAデビットカードも例外ではありません。

デビットカードとクレジットの違いについては後述します。

三井住友VISAデビットカードの特徴

年会費 無料
入会資格 満15歳以上(中学生を除く)
国際ブランド VISA
利用可能額 上限金額は1万円単位で自由に設定可能
支払い方法 普通預金口座から即時引き落とし
ポイント SMBCポイント

※有効期限は5年間

表にもあるように三井住友VISAデビットカードは年会費がかかりません。またチャージの必要もないので、バーチャルカードのようにチャージ手数料もかかりません。

特筆すべきは入会資格ですが、なんと高校生も対象となっています。ただし三井住友銀行に口座があることが大前提です。

国際ブランドはVISAですが、このカードの発行は三井住友銀行がしており、三井住友VISAカードと違う点に注意してください。

三井住友VISAデビットカードの利用限度額は最大100万円!

初期設定 変更可能な限度額
1回 50万円 0~100万円
1日 50万円 0~100万円
1週間 50万円 0~100万円
1か月 50万円 0~100万円

三井住友VISAデビットカードは、利用可能額にも特徴があり上記の表のとおり、利用限度額の設定を1回、1日、1か月と細かく設定できます。

初期設定の利用限度額はやや大きく設定されているものの、後で変更可能です。大きいと感じられたら直ちに設定額を下げたほうがいいです。

ちなみに、この利用限度額は、クレジットカードの場合だと一番少ない額でも10万円ですが、デビットカードの場合は0円から設定可能です。
キャッシュレス生活を初めて取り入れる方でも安心して使えます。

ただし三井住友VISAデビットカードの場合、利用限度額の最大値が100万円となっているので、これより大きな額のお買い物が考えられる方の場合はクレジットを選ぶほうが利点が多いです。

クレジットカードを選択する場合、ゴールドカード以上なら限度額が100万円以上になるのでオススメです。

クレジットカードにデビットカードの搭載はできませんが、デビットカードに電子マネーiDなどを搭載できます。

電子マネー付きのクレジットカードにすると、事前にチャージする必要はありません。極端な使い方だと、クレジットカードでありながら電子マネーの機能だけを利用するようなこともできます。

デビットカードとクレジットカードの違い

一番わかりやすい大きなちがいは支払い方式です。
デビットカードは冒頭でも説明した通り、即日引き落とし決済の方式をとっています。
一方、クレジットカードの場合は後払い決済という方式で、カードを持って買い物をした人のお買い物金額を、カード会社がいったん建て替え払いをし、お買い物をした人に後日請求をし、お買い物した本人が改めて支払う方法です。

じゃからプリペイドカードと同じようにデビットカードにも審査がないんじゃ!

もう少し細かい違いになると、クレジットカードには付帯保険だったり、サービス優待を受けらるという利点があります。

三井住友VISAデビットカードの発行は三井住友銀行

デビットカードは何度も書いているとおり、支払い方式が口座から即日引き落とし決済の方法なので、銀行口座があることが必然です。
つまり、三井住友VISAデビットカードの発行は三井住友銀行が行っています。

三井住友VISAデビットは三井住友銀行のサービスです。クレジットカードを扱っている三井住友カードでは申し込みできないので注意してください。

三井住友VISAデビットカードのポイント

三井住友VISAデビットカードを使ってお買い物をすると、SMBCポイントを貯めることができます。

また、SMBCポイントは利用金額の0.5%分のポイントを貯めることができ、SMBCポイントは1ポイント1円相当の価値があります。

ためたSMBCポイントはワールドプレゼントポイントに移行することもでき、SMBCポイント1000ポイントをワールドプレゼント200ポイントに以降することができます。
三井住友VISAカードを使ってポイントを貯めているような人ならより、使いやすいのではないでしょうか。

さらに、もらえるポイントに魅力を感じない場合、キャッシュバックを選択すると、利用金額の0.25%のキャッシュバックを受けられます。

三井住友VISAデビットカードで受けられる特典は?

三井住友VISAデビットカードの代表的な特典を3つ紹介するなら以下のような特典があります。

ショッピング保険
三井住友VISAデビットカードを使い海外でお買い物をした商品に対して補償され、対象となる期間は購入をした日または購入をした翌日から90日補償してもらえます。
※自己負担は1事故あたり3000円で、補償の対象外となる商品もあります。
不正利用補償
盗難や偽造など第三者によって不正された場合を補償対象とし、不正利用の連絡をした日から60日前までさかのぼって年間100万円を限度に保証してもらえます。
お取引通知メール
三井住友VISAデビット会員が登録できるWEBサービスにメールアドレスを登録していると、利用するたび通知を受け取れます。

このように何か金品を得られるようなお得な特典ではありませんが、もしもの時に利用できると嬉しい特典が三井住友VISAデビットカードにはついています。

これら以外にも三井住友VISAデビットカードには特典などがあります。詳しくは、公式サイトSMBCデビットも確認してくださいね。

三井住友VISAデビットカードを利用できる場所は?

クレジットカードと同じくVISAカードの加盟店なら利用できます。さらにVISAタッチ決済対応の加盟店やiD加盟店ならタッチするだけで支払いができます。

ネットショッピングでも利用することができますが、支払い方法にデビットの記載がある場合に限ります。注意してくださいね。

VISAカードのマークがある店舗でもたまにデビットカードを利用できない店もあるんじゃ、支払い前にデビットカードを使えるか確認したほうがいいんじゃぞい!

へーそういうこともあるのね!じゃあ本格的なキャッシュレス生活をするならクレジットカードも合わせて持っておいたほうが安心ね!

まとめ

三井住友VISAデビットカードはクレジットカードのようにキャッシュレス決済できるカードであはありながら、支払いの方法が電子マネーにそっくりです。

三井住友VISAデビットカードは、銀行の普通預金口座に紐づけて申し込みをするカードで、電子マネー感覚で使えるのにチャージ不要だからおさいふ感覚で使えるところが最大の特徴です。
また、利用限度額も自由に設定することができるので使い過ぎの心配もなくよりライフスタイルに合わせた使い方ができるカードです。

三井住友VISAデビットカードはキャッシュレス決済に興味がある人にやさしい設計のカードとなっているのでぜひ使ってほしいサービスです。

関連記事