Appleのクレジットカード「Apple Card」の発行が決定!気になるそのスペックを徹底解説

最終更新日:
Appleのクレジットカード「Apple Card」の発行が決定!気になるそのスペックを徹底解説

2019年3月26日「It’s Showtime」のイベントで、Appleがクレジットカードを発行することを発表しました。
2019年の夏にはアメリカで発行が開始される予定ですが、いずれ日本でも発行されることはほぼ間違いはないでしょう。

とりあえず現在発表されている情報をまとめて、クレジットカードのスペックやサービス内容について詳しくご紹介しましょう。

Apple Cardとは?

Apple CardはApple Payの決済に利用するカードとして開発されているので、基本的にはApple Payを利用している人、または利用したい人向けのクレジットカードです。

そのためカード本体の発行はせずにアプリの中だけに存在するカードレスカードですが、Apple Payが利用できない地域やApple Payが利用できない店舗でも使えるように、チタン製のクレジットカードも発行する予定です。

なお、アメリカでのカード発行はゴールドマン・サックスが行い、国際ブランドはMasterCardです。

Apple Cardのセキュリティ

Apple Cardはセキュリティ面でも今までのクレジットカードとはまったく違うコンセプトを持っています。

アプリで利用するカードレスカードは本体がないので、盗難・紛失の恐れがなく管理も簡単です。しかも、Apple Cardでは利用履歴などの記録はハード内(iPhoneなど)に保存されているため、カード発行会社やAppleでさえも情報を見ることはできません。

従来のクレジットカードでは、利用した履歴は請求に必要なため、クレジットカード会社が情報を記録するのが今までの常識でした。
しかし、Apple Cardではそういった部分が解決された新しいセキュリティ機能が搭載されたクレジットカードといえるかもしれません。

発行予定のチタン製のカードですら異色

一般的なチタン製カードは紛失や盗難の恐れがありますが、Apple Cardにはクレジットカードの表面や裏面にはカード番号はもちろん有効期限、署名、セキュリティコードさえも記載されていません。不正利用そのものができなくなっています。

Apple Cardのポイント還元率と手数料

日本のクレジットカードではポイントサービスが一般的に普及していて、ポイントサービスがないクレジットカードはないと言ってもいいでしょう。

では、アメリカで2019年夏に登場予定のApple Cardの強みは何になるのでしょうか?

お金がかかりがちなところが、なんと…!

日本のクレジットカードは高還元率カードになるほど年会費も高くなる傾向がありますが、Apple Cardは年会費、支払い手数料、為替手数料といった今までのクレジットカードに必要だった料金はすべて無料です。

つまりApple Cardは完全に無料で利用できて、最大3%の還元を受けることができるクレジットカードです。

Apple Cardの特徴はキャッシュバックされるタイプのサービスで、還元率は2%、Apple Storeを利用すると3%の高還元率です。Apple Cardはポイントサービスと言うよりキャッシュバックに特化したカードと言えます。

還元率の高さも優秀ですが、その日のうちにApple Cashとしてアプリに貯まり、Apple Payの支払いなどに利用することができます。

ただしカード本体を発行するチタン製カードは還元率1%になるので注意しましょう。

もし日本で使うことができるようになったら…?

日本のクレジットカードは1%の還元率でも高還元率カードと呼ばれているので、もし、Apple Cardがアメリカと同じ条件で日本でも発行されれば間違いなく高還元率カードとなります。

存在自体がすでに反則レベルのApple Cardで日本人が大好きなポイントサービスは提供されるのでしょうか?これからどうなるのか、期待が高まりますね!

Apple Cardは直感的な家計簿になる

家計簿をつける必要性を感じている人でも、文字と数字の羅列となる家計簿は長続きしないと言う人も多いのではないでしょうか?

Apple Cardはクレジットカードとしての機能だけではなく、支出の管理をすることも考慮して開発されています。
むしろ自分の支出を簡単に把握できるコンセプトで、クレジットカードを作ったと言ってもいいかもしれません。

視覚に訴えるデザイン

Apple Cardを利用すると加盟店はそのお店のロゴマークで表示されます。

そのためどこで使ったのかがひと目でわかる上に、支出を食費や交通費、医療費などにAI(人工知能)によって自動的に分類し、わかりやすいマークによって表示されます。
表やグラフによって支出の傾向も一目瞭然となっているので、家計簿に縁がなかった人も良いきっかけになりますね。

デザインでの問題解決能力の高さはさすがAppleといった感じですね。

Apple Cardはだれでも使える?

Apple Pay専用のクレジットカードとしては、すでにApple Payを利用している人やApple Payを使いたいと思っている人にしかメリットがないように思えます。
しかし、チタン製のマスターカードを発行することで、Apple Pay加盟店以外でも利用できる道があります。

チタン製カードは還元率が低くなりますが、クレジットカードのセキュリティ面では今までのクレジットカードよりもはるかに安全性が高いので、Apple Card はApple Payユーザー以外にも十分利用価値があるクレジットカードです。

日本でのApple Card発行時期について考える

かつてApple Payがアメリカで導入されてから日本で導入されるまで時間がかかってしまった理由は、日本のスマートフォンの仕様が国際基準と違っていたからです。

しかし、日本でもApple Payが導入されている今では、Apple Cardを発行する大きな障害はありません。ではスムーズに日本でも使えるようになるのでしょうか?

やっぱりすぐに日本には来ないのかも…

問題は現在のApple Payのように各クレジットカード会社で個別に取り扱うのか、特定のクレジットカード会社に発行業務を委託するのかという点です。

さらに、チタン製のクレジットカードは現在の日本ではかなり特殊なクレジットカードなので、専用の発行システムを構築する必要があるかもしれません。
そう考えると各社で個別に発行することは難しいので、特定の一社に限定して発行する可能性が高いでしょう。

そのカード会社を新規に設立するのはお金もかかるので、普通に考えると日本の大手クレジットカード会社に委託する可能性が高くなります。

Apple Cardを使えるようになるには結構な時間がかかるかもしれません。気長に待ちましょう。

もしも、日本で使えるようになったら?!

Apple Cardがアメリカでの還元率のまま導入されたとすると、すでに還元率2~3%の高還元率カードです。しかも、カード会員からの手数料収入もないことから、これ以上還元率が上がるとは考えられません。

カード発行会社からすると利益率は決して高くないと思われるので、特典があっても入会キャンペーンなど一時的な特典に絞られるでしょう。

Apple Cardのメリットを考えると日本だけの特典などはなくても十分にカード会員を集めることは可能です。そこまで、お得な特典が付くようなことは残念ながらないかもしれません。

まとめ

Apple Cardのシステムやサービス内容は、今までのクレジットカードにはない発想から構築されていることがよくわかります。
今までにいない物を提供するAppleのコンセプトは、Apple Cardでも十分に感じ取ることができますね。

日本でのカード発行開始時期は未定ですが、今までにない画期的なクレジットカードとなることは間違いないでしょう。

関連記事