クレジットカードで公共料金や税金などの固定費を支払うのはお得?おすすめのカードもご紹介

最終更新日:

公共料金や税金、さらには携帯料金など、毎月発生する固定費をクレジットカード払いにするとさまざまなメリットがあります。
具体的には

  • ポイントを貯めることができる。
  • クレジットカードの明細が家計簿代わりになる。 など

要するに、簡素化できるうえにポイントも貯めることができるということです。
逆に下記のようなデメリットもあります。

  • クレジットカードの限度額の圧迫で支払いができなくない。
  • クレジットカードの有効期限が切れていて支払いができない。
  • そもそもクレカ払いに対応しているかどうか。 など

上記のようにメリットもあれば、デメリットもあります。
今回は固定費を払う、おすすめのクレジットカードもご紹介します。

クレジットカードで支払える固定費ってどんなのがあるの?

毎月発生する固定費を大きく分けると「公共料金」と「税金」です。
一昔前では固定費の支払いは口座引き落としや振込みが一般的でしたが、今では多くの固定費がクレジットカード払いに対応しています。

【クレカ払いができる公共料金一覧】
水道・ガス・電気
携帯電話・ネット回線・固定電話
NHK放送受信料
家賃 など
【クレカ払いができる税金一覧】
住民税
自動車税
固定資産税 など

クレカ払いができる固定費って意外とたくさんあるんだな。

これは代表的なものなんじゃ。自治体によってクレカ払いに対応していない場合もあるし、まだまだ払えるものもあるみたいじゃぞ。

固定費とは言い難いですが、クレジットカードで支払える交通費もあります。
例えば、

【クレカ払いできる交通費】
電車・バス・タクシー・飛行機・高速道路 など

上記のものは通勤など利用する方も多いと思います。
交通機関では、クレジットカードにも対応しているものもあれば、電子マネーを使わないと利用できないものもあります。
電子マネーもクレジットカード対応しているので、有効活用しましょう。

固定費をクレジットカードで支払うメリット

固定費をクレジットカード支払うことで様々なメリットがあります。

ポイントを貯めることができる

クレジットカードで固定費の支払いする大きなメリットのひとつとしては、ポイント還元にあります。
固定費は毎月決まった金額の支払いなので、口座引き落としや現金払いでは支払いをすると終わりですが、クレカ払いにすることで年間でかなりのポイントを得ることができます。

そんなにポイントって貯まるのかな?

家賃などもクレカ払いができるんじゃ!固定費のトータルが月8万円だったとしたら、1%だったとしたら月800円が返ってくる。年間にすれば9.600円還元されるからバカにできんぞ!

クレジットカードの明細が家計簿代わりになる

クレカ払いにすることによって、明細をひとつにまとめることができる上、支払日の管理もしやすくなります。
クレカ払いなら毎月決まった支払日にまとめて引き落としになるので、口座残高も月に1度の確認で大丈夫でしょう。

支払日がバラバラだといちいちお金が入ってるか気にしなくちゃいけないから大変なんだよね。

クレカ払いにすることで、支払いの一元管理ができるからとても便利じゃぞ。

固定費をクレジットカードで支払うデメリット

固定費をクレカ払いにするとお得で便利ですが、逆にデメリットもあります。

クレジットカードの利用状況によって支払いができなくなる

クレジットカードには利用限度額が設定されているため、利用状況によっては支払いができなくなる場合もあります。
例えば、分割で商品を購入していたり、便利なリボ払いなどで利用限度額を圧迫している可能性もあるので、注意が必要です。

クレジットカードの有効期限が切れていて支払いができない

クレジットカードには有効期限が設定されており、その有効期限を過ぎるとそのカードは利用できなくなります。

基本的にはクレジットカードの有効期限が迫ってくるとカード会社が新しいカードを送ってきます。

カード番号の変更はありませんが、セキュリティコードや有効期限が変更になっているので、カード情報を更新しないと支払いができない可能性があるので注意してください。

新しいクレジットカードが届いたら、支払い先のホームページでカード情報の確認と更新をしよう!

クレカ払いに対応しているかどうか

公共料金や税金の中にはクレカ払いに対応していないものも中には存在しています。
さらに、クレカ払いに対応している固定費の種類も各自治体によって変わってくるので注意が必要です。

やはり都心になれば数多くの種類がクレカ払いに対応しているぞ。

固定費の支払いをクレジットカードに変更する方法

公共料金は、水道局やガス会社、電力会社などの支払窓口へ問い合わせてクレカ払いに対応しているかどうか調べましょう。
公共料金や税金の種類によってはネット上で支払い方法が変更できるケースが多いので、ホームページを確認してみるのもおすすめです。

公共料金だけでなく税金もクレジットカードでの支払いに対応していることが多いので、まずはホームページを確認してください。

固定費の支払いにおすすめのクレジットカード

毎月発生する金額を口座引き落としや現金支払いでは支払いすれば終わりに対して、クレジットカードで支払うことでポイントを取得することが可能です。
固定費の支払いにおすすめなクレジットカードはやはり、年会費無料+ポイント還元率の高さと言えます。
そして、年会費無料でポイント還元率の高いカードは以下になります。

さいごに

固定費をクレカ払いをすることで、支払いの管理だけでなく高いポイント獲得もできるのは嬉しいですね。
また、家賃など高い金額の固定費を毎月払い続けると、支払い能力を認められゴールドカードなどの上位カードへのインビテーションが届く可能性もあるのでカード会社の信用を得ることもできます。
このように固定費をクレカ払いにすることで得られるメリットはたくさんあるので、お得賢くにクレカライフを満喫しましょう。

関連記事