イオンカードは2枚持ちできる!2枚目におすすめのカードを徹底解説

最終更新日:
イオンカードは2枚持ちできる!ベストな組み合わせを徹底解説

イオンカードの隠れた魅力として「種類の多さ」をあげることができます。

現在(2019年3月時点)、なんと50種類以上ものカードが発行されています。そうなると「イオンカードを同時に2枚持ちたいな」と思う方も出てくるはずです。実はイオンカードの複数枚(2枚目)発行は可能です!

今回はイオンカードを複数枚発行することのメリットやオススメの組み合わせなどを解説していきます。

「イオンカードの2枚持ちはできるの?

前述の通り、イオンカードの複数枚持ちは可能です。

ここでいうイオンカードとは、カード表面の右上にイオンのロゴが入っているカードを指します。
公式HPにも「イオンマークのカードを複数枚お申込みの場合、審査によりカード発行枚数を制限させていただく場合がございます。」との記載があります。
つまり既にイオンカードをお持ちの方でも、イオンマークがついた別のイオンカードを新たに作ることが可能です。

ただし、最大で何枚発行できるかは明らかになっていません。
クレジットカードは個人の属性(年齢や勤め先、収入など)によって、発行できるかどうかが大きく変わってきます。
そのため、一律何枚と表現するのは難しいこともあり記載を控えているのでは?と思われます。

とは言え、複数枚の申込を想定した文言がありますので、2枚目の申込自体は可能です。
インターネット上でも2枚目、3枚目の発行ができたという声を見ることができますよ。

「イオンカードの2枚持ちでよくある疑問」

イオンカードの2枚持ちについて詳しく解説する前に、2枚目作成時によくある疑問を解決しておきましょう。

Q1:イオンカードのポイントは合算出来るの?

⇒ポイント合算は可能です。

ポイントを商品交換するときに「合算利用をする」を選ぶことでまとめることができます。
詳しくは後述の「イオンカードを2枚持ちするメリット」で解説しますね。

Q2:イオンカードを複数枚持ったら利用枠はどうなるの?

⇒手持ちのイオンカードの中で1番高い利用枠が限度額となります。

例えば、3枚のイオンカードを保有しており、それぞれの限度額が10万円、20万円、30万円だったとしましょう。
この場合、イオンカードの限度額は「3枚で30万円」になります。

3枚それぞれの利用枠を足し上げた数字(60万円)ではありませんのでお気をつけください。キャッシング枠も同様の考え方です。

参考:イオンカード会員規約 第10条(カードの利用枠)⑦
(https://www.aeon.co.jp/sp_aeoncard/information/pdf/news20130220.pdf)

Q3:2枚目の作成時にも審査はあるの?

⇒クレジットカードは2枚目作成時でも必ず審査があります。

これは何枚目の作成時でも同じですし、イオンカード以外でも同じです。

2枚目の審査では、1枚目の審査で見られた項目以外にも「1枚目のカードの利用状況」が見られます。
1枚目のカードで支払い遅延をしている場合などは、2枚目のカード発行が非常に厳しくなります。
イオンカードを複数枚持ちたいと考えている方は、1枚目の支払いをきちんと行うことが非常に大事です。

ただし、Q2で解説したように、複数枚発行したからといって限度額が増加するとは限らないため、その点に関しては1枚目の発行より審査ハードルが下がる可能性があります。

イオンカードを2枚持ちするメリット

大前提として、年会費無料のクレジットカードでユーザーの全ての要望を満たすことはほぼ不可能です。
年会費を無料にする代わりに、機能や特典を削っているとイメージするとわかりやすいですね。

そのため、しばらくすると「1枚目のクレジットカードになかった機能をもった2枚目のカードを作ろう!」という流れになるはずです。
ここで問題になってくるのが「ポイントの分散」です。

多くのクレジットカードにはポイント機能がついており、利用額に応じてポイントが付与されます。
2枚目のカードを作ることで、ポイントが分散してしまい貯まりにくくなってしまうのです。

そこでオススメなのが「イオンカードの2枚持ち」。
イオンカードなら、イオンマークのついたクレジットカード同士のポイント合算※ができます!
手続きもWebサイト「イオンスクエアメンバー」経由でできるのでとても簡単です。
複数枚のカードを持つようになっても、継続して同じ「ときめきポイント」を貯めることができ、ポイントは分散しません。

※ポイントはカード3枚分まで合算できます。

また、提携カード以外のイオンカードを2枚作った場合、「THANK YOU PASSPORT(割引券)」も2枚手にすることができます。
2回も優待価格で買い物できるため、イオングループでの買い物の機会が多い人にはこちらも大きなメリットになります。

イオンカードを2枚持ちするデメリット

イオンカード2枚持ちの大きなデメリットはありません。
確かに、同じ発行会社のカードを複数枚持つことで一部特典が重複してしまいます。
しかし、特典が重複して困ることはないですし、わざわざ別のカードを作ってポイントを分散させてしまうよりはずっといいです。

強いてデメリットを挙げるなら、先ほどの「よくある疑問(Q3)」で解説したように、複数枚イオンカードを持ったとしても利用枠が広がるかはわからない点です。
2枚目のカードが無事に発行されたとしても、利用枠が1枚目より低ければ枠は広がりません。
利用枠を広げる目的でイオンカードの2枚目を作るのはオススメできません。

イオンカードを2枚持ちするときのオススメ組み合わせ

イオンカードは種類が多いため、組み合わせ次第で自分好みにカスタマイズすることができます。

以下で、万人に使いやすいオススメイオンカードの組み合わせを紹介していきます。
今回は、1番オーソドックスな「イオンカード(WAON一体型)」を1枚目のカードして選び、これにあう2枚目、3枚目のカードを紹介していきますね。

1:高速道路をお得に利用したい

「イオンカード(WAON一体型)」+「イオンE-NEXCO passカード(WAON一体型)」

「イオンカード(WAON一体型)」+「イオンE-NEXCO passカード(WAON一体型)」

高速道路を利用したドライブやお出かけが多い方にオススメなのがこの組み合わせです。
このカードで貯めたときめきポイントは「E-NEXCOポイント」に交換することができ、全国の高速道路料金に充当することができます。
また、サービスエリアなどで1ポイント1円として買い物代金に使うこともできます。

イオンにはE-NEXCO passカード以外にも、首都高カードやNEXCO西日本カードなど全国各地の高速道路に対応した提携カードを発行していますので、お好みのカードを選んでください。

さらに、この組み合わせにガソリン系カードを3枚目として組み合わせるのもオススメです。
イオンカードには「コスモ・ザ・カード・オーパス」や「三菱商事エネルギー・イオンカード」があります。
近所にコスモ石油や三菱商事系のガソリンスタンドがあった場合は、作成を検討してみてください。

2:イオンカードで電車に乗りたい

「イオンカード(WAON一体型)」+「イオンSuicaカード」

「イオンカード(WAON一体型)」+「イオンSuicaカード」

イオンSuicaカードはイオンカードにSuicaが搭載されたクレジットカードです。
貯まったポイントをSuicaに交換することができる点が魅力です。

一見、電車に乗るだけならイオンSuicaカードの1枚だけで良さそうですが、2枚に分けることで「生活費(食費など)」と「交通費」を明確に分けて管理することができます。
クレジットカードの利用明細で家計を管理している人にとっては非常に楽ですね。


3:キャラクターカードがもてる

「イオンカード(WAON一体型)」+「イオンカードセレクト(ミニオンズ)など」

「イオンカード(WAON一体型)」+「イオンカードセレクト(ミニオンズ)など」

イオンカードからは「ディズニーデザイン」や「ミニオンズデザイン」などのかわいいキャラクターカードが出ています。
ただ、キャラクターカードはかわいい反面、お店や友人との食事の場で出すのが恥ずかしいという声があるのも事実。

2枚作ることで、外で使うカード(ノーマルデザイン)と自宅で使うカード(キャラクターカード)に分けることができ便利です。

まとめ

イオンカードではイオンマークがついたカードを複数枚作ることができます。
ポイントも合算することができるので、複数枚イオンカードを持ったとしても、引き続き効率よくポイントを貯めることが可能です。

イオンカードは種類が多いため、2枚持ちをするにはぴったりのカード発行会社です。
ぜひ、自分にぴったりの組み合わせを見つけてください。

関連記事