いざというときに助かる!JALカードの海外旅行保険

最終更新日:
いざというときに助かる!JALカードの海外旅行保険

JALカードには、海外旅行保険が付いています。

海外旅行をした時にはさまざまなトラブルが起こります。お金で解決することができる問題もたくさんありますが、日本と違いとんでもない金額を請求されることも多いです。

こうしたときに頼りになるのが海外旅行保険です。
では、JALカードにはどんな保険があるのでしょうか。カードの種類と保険の内容について紹介します。

海外旅行保険とは何か

いざというときに安心を得られる

海外旅行保険は、海外で死亡してしまったり、病院に通ってしまったりしたときにその費用を普段してもらうことができる制度です。

日本国内の保険に加入している人であっても、海外での事故やケガに対しては保険の対象外としているところが多いので、海外に行くときには加入していると安心です。

JALカードなら自動付帯

海外旅行保険は、常にかけていると掛け金が無駄になってしまうので、通常は旅行に行くときのみに限定してかけることになります。
毎回加入するのは大きな手間ですし、忘れることにもなります。

JALカードなら旅行代金の全額、または一部をカードで支払うだけで保険が自動付帯されます。掛け忘れをすることがありませんし、面倒な手続きをしなくてもよいのがJALカードの便利なところです。

保険の内容と補償

カードのランクによって異なる保険の範囲と補償内容

JALカードに自動付帯されている海外旅行保険の内容と補償範囲はカードのランクによって異なります。
一般カードからゴールドカード、プラチナカードとカードのランクが上がっていくごとに保険の内容が充実するようになっています。

ゴールド以上ならかなり安心

JALカードの海外旅行保険を見ていくと、例えば一番多い、病院での治療に関する補償は最高金額がカードランクによって以下のように設定されています。

最も低いカードで50万円、一般カードで100万円と記載されており、これだけでもある程度の怪我にかかった治療費であれば十分にカバーしてもらうことができます。

ただ、手術が必要なレベルや救急車を呼んでしまうと、これだけでは不足してしまうことが多く、150万円から300万円までカバーしてもらうことができるゴールドカード以上の方が安心感があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

意外と重要な携行品補償

JALカードの海外旅行保険で充実しているのが携行品損害に関する補償です。
JALカードでは、すべてのランクのカードにこの補償が付帯されており、カードランクによって15万円から最高100万円までの補償を受けることができます。

近年はデジタル機器が発達したことにより、海外旅行に行くときにデジタルカメラやスマートフォン、タブレット端末などは欠かすことができない存在になっています。
これらが1つ破損してしまうだけでも大変な損害であり、ロストバゲッジという荷物ごと移動中にどこかへ行ってしまうのも海外旅行には、つきもので大損害のトラブルです。

こうしたよくあるトラブルを補償してくるメリットが携行品補償にはあります。

ゴールド以上になるとさらに充実

JALカードの海外旅行保険は、ゴールド以上のステータスを保有すると保険内容が非常に充実してきます。

年会費が高い分だけあって、幅広いトラブルをカバーしてくれるので海外旅行に多く行く人、またはビジネスで海外によく行く人であればゴールドカード以上を持っておくのがおすすめです。

海外航空便遅延お見舞金制度

海外旅行期間中に飛行機が遅れてしまうと、旅行の予定が大幅に狂ってしまいます。

それに伴ってホテルに宿泊をしなければいけないケースが生じたり、航空券を買いなおさなければいけなかったりする事態が生じます。出発直前に購入する航空券の金額は高く、大きな負担となります。

CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナ会員以上であれば、海外航空便遅延のお見舞い制度がついているので、かかった費用を負担してもらうことができます。

JALの航空機を利用している、いないに関わらず適用される保険なので、頻繁に航空機を利用する人にとってもメリットのある保険制度です。

大切な買ったものを守ってくれる

CLUB-Aゴールド、JALダイナース、プラチナ、JAL アメリカン・エキスプレス、JAL・JCB、JALカード OPクレジットカード会員に付帯されているありがたい保険が、ショッピング保険です。

海外に限らず、国内まで含めて対象のカードで購入した商品が購入から90日以内に破損してしまったり、盗難にあってしまったりしたときに補償をしてくれます。
海外旅行ではいろいろなものを購入することになりますが、日本の商品のように保証がついていたり、ついていたとしても帰国後に請求したりするのは非常に困難です。
海外旅行中に盗難に遭うということも多く、こうしたときに補償をしてくれるものがついています。

国内の日常的な買い物においても、この保険がついているのは安心感があります。

まとめ

  • JALカードを保有していると海外旅行保険が自動付帯となるので、毎々加入する手間を省くことができ、費用は年会費の中に含まれている。
  • ゴールドカードなど上位カードになればなるほど、保険の範囲が広がり、補償してもらうことができる金額も大きくなる。
  • カードの種類によっては遅延便に関するお見舞いや購入した商品が破損した時の補償など、いざというときに助かる商品が充実している。

関連記事