楽天ポイントもANAマイルも貯まる!楽天ANAカードはマイラー必見カード!

最終更新日:
楽天ANAカード

様々な種類のクレジットカードを発行している楽天カード。
お得な年会費でマイルやポイントが貯まりやすいクレジットカードが欲しいな…という方、多いのではないでしょうか。

たしかに年会費がお得で、ポイントとマイルが貯まりやすいクレジットカードはとっても魅力的だけど…そんなカードあるのかしら?

実はのぅ、それらの条件を満たすクレジットカードが楽天で存在するのじゃ!その名も「楽天ANAマイレージクラブカード」じゃ!

マイルを貯めることはもちろんのこと、楽天ポイントも同時に貯めることが出来るとってもお得なカード。
そんな楽天ANAカードは、下記の項目に当てはまる方にオススメのクレジットカードでもあります。

  • 楽天カードでダイレクトにマイルを貯めたい方
  • 楽天ポイントとANAマイルの2重取りがしたい方

今回は楽天ANAカードの全てをとことん解説します!

まずは楽天ANAカードの基本情報を確認!

楽天ANAカード
年会費 家族カード年会費 ETCカード年会費 国際ブランド
初年度無料/次年度以降500円(税抜)
年1回でも利用すれば無料
無料/5枚まで発行可 500円(税抜) JCB/VISA/MasterCard
貯まるポイント ポイント還元率 締め日・引落し日 申し込み資格
楽天スーパーポイント 1.0% 月末締め/翌月27日引落し 満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方

楽天ANAマイレージクラブカード、通称楽天ANAカードは初年度年会費が無料。
さらに、1年に一度でも利用すれば次年度も年会費は無料になります。
1年間の中で一度も利用しなかった場合は年会費が500円(税抜)かかりますので注意してくださいね。

券面カラーは2種類!

楽天ANAカードのカラー
楽天ANAカードには通常のシルバーカラーと、女性に嬉しいピンクカラーのどちらか2種類から選択することが出来ます。
ピンクカラーの方には飛行機のシルエットがあるので、人と変わったクレジットカードが欲しいという方にはオススメですよ。

もちろん通常のシルバーも人気の高いカラーです。

1枚で4役!?

4つの機能が搭載!
楽天ANAカードには、1枚に下記4つの機能が搭載されたとっても便利なクレジットカードです。

  • クレジットカード機能
  • 電子マネーEdy機能
  • 楽天ポイントカード機能
  • ANAマイレージクラブの機能

クレジットカードとして利用することはもちろんのこと、電子マネーEdyでスムーズなお会計をすることも可能。
またポイントカード機能として楽天スーパーポイントを貯めたり、ANAマイレージクラブとしてマイルを貯めたりと多方面に活躍するカードと言えます。

カラーが選択できるのも嬉しいけど、何より4つの機能が1枚のカードにギュッと詰め込まれているのは驚きだわ!
とっても便利なクレジットカードに間違いないわね…

うむ!どんな時でも活躍すると言えるのぅ。ちなみにこのカードはまだまだ魅力的なメリットが沢山あるんじゃ!
次はメリットについて詳しく解説するぞい!

一番の魅力はマイルがダイレクトに貯まるところ!

楽天ANAカードでは2つのコースを用意。

  • 楽天スーパーポイントコース(100円で1ポイント)
  • ANAマイルコース(200円で1マイル)

ポイントコースは通常の楽天カードと同じく、いつものお買い物で楽天スーパーポイントを貯めることが可能。
マイルコースを選択すると、いつものお買い物でダイレクトにマイルを貯めることが出来るようになります。

マイルを貯めている方にとっては、普段のお買い物でダイレクトにマイルを貯めることが出来るのはとっても嬉しいのではないでしょうか。

さらにこのコースは、途中から変更することも出来ます。
そのため、最初はマイルを貯めていたけど沢山貯まったから次は楽天ポイントを貯めよう!…など、状況に合わせてポイントやマイルを貯めることが出来ますよ。

ポイント二重取りも!

楽天ANAカードにはポイントカードとしての機能も搭載されています。
そのため、対象店で提示するだけでも楽天スーパーポイントを獲得可能。
もちろんその後の支払いでもしっかりとマイルもしくはポイントを獲得出来ますので、ポイント(とマイル)の二重取りが出来ます。

ポイントカードとして提示できる対象店は身近にあるお店ばかりですので、日常的にポイントをゲットすることが出来ますよ。

ANAマイレージモールを経由して楽天市場でお買い物するとWで貯まる!

ネットショッピングが好きな方は必見のこの優待。
ANAが運営している「ANAマイレージモール」を経由して楽天市場でお買い物をすると、なんとマイルと楽天ポイントをダブルで獲得することが出来ます。

楽天市場以外のショッピングサイトもさまざま用意されており、お得にマイルをゲットすることが可能です。
ただしANAマイレージモールを経由して楽天市場以外でショッピングした場合は、貯まるのはマイルのみとなりますので気を付けて下さいね。

ANAマイレージクラブ機能も!

楽天ANAカードには、ANAマイレージクラブも搭載。
以下の2つの機能を利用することが出来ます。

マイルの統合が可能!以前まで貯めていたマイルも無駄にならない!

楽天ANAカードを所有する前に、既にANAマイルを貯めている方も多いのではないでしょうか。
既にANAマイルを貯めている場合、楽天ANAカードにした際に以前貯めていたマイルが無駄になってしまうのでは…と考える方も居るはず。

ですが安心してください。
以前貯めていたマイルも、楽天ANAカードのマイルと統合することが可能。
無駄なくマイル貯め続けることが出来ますよ。

スキップサービスの利用も可能!

スキップサービスとは、空港カウンターでの搭乗手続きが不要になるサービス。
そのまま保安検査場へ行けるので、搭乗までの時間を短縮することが出来ます。

このスキップサービス、楽天ANAカードでも利用することが出来ます。
空港カウンターで時間を取られることなくなるのは嬉しいですね!

万が一でも安心なサービスも!

楽天ANAカードには万が一の場合でも安心な様々なサービスが付帯されています。
どんなサービスがあるのかさっそく確認してみましょう。

海外旅行傷害保険がしっかり付帯

海外では、ケガや病気にかかる場合は日本よりも高額な医療費が必要になります。
そんな時に安心なのが、海外旅行傷害保険。
最高2,000万円の補償を受けることが出来るので、万が一の時でも心強い味方になりますよ。

保険の種類 補償金額
傷害治療保険 200万円(1事故の限度額)
疾病治療保険 200万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 200万円(年間限度額)
携行品損害 20万円(年間限度額)

ただし、利用付帯での適用となります。
補償を適用させたい場合は、事前に事前に旅行代金などを楽天ANAカードで支払うことを忘れないようにしましょう。

ネットでも安心!

楽天ANAカードではネットでも安心して利用できるように、ネット不正あんしん制度や商品未着あんしん制度を設けています。

ネット不正あんしん制度
インターネットなどでクレジットカードの情報が悪用され被害を受けた場合、その被害を補償してくれる制度。
商品未着あんしん制度
楽天市場で購入した商品が届かない場合、調査を行いその商品代金の請求を取り消してくれる制度。

商品未着あんしん制度は楽天市場限定の制度で、その他のショッピングサイトは対象外になりますので注意が必要です。

その他にもお得な部分!

楽天ANAカードはこれまでに紹介したサービスや特典以外にも、お得な特典や便利なサービスがあります。

楽天トラベルの国内宿泊が毎月1,000円オフ!

楽天ANAカード会員には、楽天トラベルの国内宿泊料金が1,000円オフになるクーポンが毎月もらえます。
旅行が多い方とって、宿泊料金は少しでも安く抑えたいという方も多いはず。
楽天トラベルの30,000軒以上の旅館・ホテルで利用することが出来るので、きっと好みの宿泊先でお得に宿泊できますよ。

ハワイの楽天カードラウンジの利用も可能!

ハワイに用意されている楽天のカードラウンジ。
楽天会員ならだれでも利用出来るこのラウンジ、もちろん楽天ANAカード会員の方も利用することが出来ます。

もちろん無料で利用可能。
観光案内をしてくれたり、フリードリンクが用意されているのでちょっとした休憩にもオススメ。
キッズスペースもあるので、家族旅行の時でも気軽に寄ることが出来ますよ。

貯めた楽天ポイントはANAマイルへの交換も可能!

貯まった楽天ポイントは、ANAマイルへ交換することも出来ます。
2ポイント=1マイルのレートで交換できるので、楽天ポイントが貯まったけど使いみちがない…という方にはマイルへの交換がオススメですよ。

もちろんANAマイルを楽天ポイントへ交換することも出来ます。
しかし10,000マイルで10,000ポイントの交換となり、若干レートが下がります。
どうしてもの場合以外は、ANAマイルから楽天ポイントへの交換はしない方が良いと言えますよ。

お得な特典や便利なサービス、安心な補償もあって凄いわね!
デメリットとか無さそうだけど…

うむ。デメリットは無さそうに見えるが、実は楽天ANAカードにもデメリットはあるのじゃ。
どんなデメリットなのか、次に紹介するぞい。

デメリットは2つ!

メリットが多い楽天ANAカード。しかし、残念なデメリットも存在します。
そのデメリットは下記の2つ。

  • ボーナスマイルを貰うことは出来ない
  • 国内旅行傷害保険の付帯は無い

ボーナスマイルを貰うことは出来ない!

「ANAカード」では、フライト時などにボーナスマイルを貰うことが可能。
「楽天ANAカード」にもこのサービスが受けれるように見えますが、実は楽天ANAカードではボーナスマイルを貰うことが不可となっています。

フライト時にボーナスマイルを貰うことが出来ないのはちょっとソンかもしれませんね。
頻繁に航空機に乗る機会が多いのであれば、楽天ANAカードよりANAカードを所有した方が、ボーナスマイルが貰えてざくざくマイルを貯めることが出来ますよ。

国内旅行傷害保険の付帯は無し

海外旅行傷害保険が付帯されている楽天ANAカード。
しかし、国内旅行傷害保険の付帯はありません。

国内で旅行が多い方は、他社の国内旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを利用するか、保険に加入するなどをして対策する必要があります。

このカードに向いている人はどんな人?

楽天ANAカードは、冒頭でも触れた通り以下の項目に当てはまる方にオススメです。

  • 楽天カードでダイレクトにマイルを貯めたい方
  • 楽天ポイントとANAマイルの2重取りがしたい方

ダイレクトにマイルを貯めたい方には楽天ANAカードがオススメ。
楽天ANAカードのマイルコースを選択すれば、普段のお買い物でもマイルを貯めることが出来ます。

更に、楽天ポイントとANAマイルの二重取りがしたい!という方にもピッタリ。
上手に活用しポイントを二重取りして、ガンガンポイントとマイルの二重取りをしちゃいましょう!

まとめ

楽天ANAカードは、楽天カードとしての機能とANAマイレージクラブの機能を搭載したクレジットカード。
さらに楽天ポイントカード・楽天Edyとしての機能も備わっているので、1枚で多方面に活躍します。

またマイルを貯めるのにも最適なので、普段からANAマイルを貯めている方は楽天ANAカードの入会を検討してみてはどうでしょうか。

楽天ポイントの使い道がなければ、マイルへの交換も出来るから損することは一切ないぞい!

関連記事

楽天カード各券種の特徴まとめ

「楽天カード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。