ANAカードの紹介制度:マイ友プログラムを解説!もらえるマイル、注意点は?

最終更新日:
ANAカードの紹介制度:マイ友プログラムを解説!もらえるマイル、注意点は?

ANAカード入会時に紹介をする/されることによってボーナスマイルがもらえる「マイ友プログラム」。

自身が入会するときや、知り合いにANAカード入会を検討している方がいるときはぜひ利用するべき制度です。

今回はマイ友プログラムの具体的な内容や、注意点について解説していきます。

「マイ友プログラム」って何?

マイ友プログラムはANAが実施している紹介キャンペーンで、「ANAマイレージクラブ会員から紹介を受けてANAカードを発行すると紹介者、入会者両方にマイルがプレゼントされる」というもの。

カード会社の入会キャンペーン等とも併用可能で、紹介者・入会者双方にメリットがあるので利用しない手はないでしょう。

マイ友プログラムの特典は?

実際どれくらいのボーナスマイルがもらえるのか?実はもらえるマイルは入会するカードによって異なります。詳細は以下の表にまとめました。

注意:カードの種別は紹介者の所有カードではなく、新規入会者の入会カード

紹介者 入会者
一般、ワイド 500マイル 500マイル
ゴールド 2,000マイル 2,000マイル
プレミアム 5,500マイル 5,500マイル

比較的年会費の低い一般、ワイドカードでもノーリスクで500マイルが紹介者・入会者に入るのでかなり大きいですね。
さらにゴールド、プレミアムのグレードになるともらえるマイルも跳ね上がります。

マイ友プログラムの紹介方法は?

マイ友プログラムの紹介はカード申し込みの前に入会者側がプログラムの登録を行う必要があります。紹介者側から「紹介番号」・「紹介者のカナ氏名」を教えてもらい、専用サイトで登録することでプログラムの対象となります。

マイ友プログラムの登録方法

  1. 紹介者で紹介番号を発行する。紹介番号の発行はこちらから
    https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/anacard/mgm/intro/
  2. 入会者が、紹介者から教えてもらった「紹介番号」・「紹介者のカナ氏名」を下記のサイトで登録する。
    https://cam.ana.co.jp/psz/amcj/jsp/renew/anaCardIntro/anaCardRegist1.jsp
  3. カード会社のキャンペーンページなど、好きな窓口からカード入会の申し込みを行う。

※注意:マイ友プログラムの登録は必ずカード申し込み前に行うこと。先にカードの申し込みをしてしまうとマイ友プログラムの対象になりません。

マイ友プログラムの注意点

お得なマイ友プログラムですが、規約をよく理解しておかないとうっかりプログラム対象外になってしまったり損をしてしまうことがあります。以下ではマイ友プログラムを利用する際の注意点をまとめました。

入会者としてボーナスマイルがもらえるのは1回のみ

友人などに紹介者になってもらい自分が入会者としてマイ友プログラムに参加する場合、ボーナスマイルがもらえるのは1回だけです。

つまりANAカードを何枚発行しようとマイ友プログラムでマイルをもらえるのは最初の1回のみということになります。
逆に紹介者側としてマイルをもらう場合は回数に制限がないので、紹介すればするほどマイルがもらえます。

例えば一般カードを10人に紹介した場合、紹介者には合計5,000マイルが入ることになります。

ANAカードをすでに保有している場合は入会マイル対象外

マイ友プログラムで入会者側でマイルをもらうには基本的に「初めてANAカードを発行する」人でなければなりません。

つまりすでにANAカードを持っており、そのカードの入会時にマイ友プログラムに参加しそこねた人は今から別のカードを発行してもマイ友プログラムの入会者ボーナスマイルをもらうことはできません。

ただし以前にANAカードを持っていた人でも「退会後6ヶ月経過しており」「過去にマイ友プログラムで入会者マイルをもらっていない」人は対象となります。

自分自身を紹介することはできない

実はマイ友プログラムはANAカード会員でなくてもマイレージクラブ会員であれば紹介者になることが可能です。

しかし例えばマイレージクラブ会員の人が新たにANAカードを発行する際に「自分で自分を紹介する(=紹介者マイルと入会者マイルを両方もらう)」ということはできません。

マイレージクラブ会員がANAカードを新たに発行する場合は自分以外の人に紹介者になってもらうことで入会者マイルをもらうことができます。

ゴールドカード、プレミアムカードを発行予定の人は順番に注意!

以上をまとめると、(入会者側で)マイ友プログラムの対象となるのは「初めて発行するANAカード」のみということになります。

ということはゴールドカードやプレミアムカードを発行するつもりの人は1枚目に発行するべきということが言えます。

ANAカード自体は一人で複数枚発行できますが、一般・ワイドカード→プレミアムカードの順番で発行した場合、マイ友プログラムの対象となるのは1枚目の一般・ワイドカードのみになるので500マイルしかもらえません。逆にプレミアムカード→一般・ワイドカードの順番で発行すればプレミアムカードがマイ友対象となるので5500マイルもらえることになります。

ANAカードをまだ持っておらず、グレードの高いカードの発行を考えている人は最初にハイグレードのカードを発行するようにしましょう。

まとめ

今回はANAカードの紹介制度「マイ友プログラム」について解説しました。

ノーリスクでもらえるマイルをみすみす逃す手はないので、ANAカードを発行する際はぜひ利用してみてください。
またすでにANAカードを持っており、周りの友人や家族がANAカード発行を検討している場合、ぜひマイ友プログラムを教えてあげましょう。

自分だけマイルがもらえる制度だと気が引けますが、相手も同じだけマイルがもらえるのでオススメしやすいですよね。

関連記事