上手に切り替えてお得にJALカードを使いこなそう

最終更新日:
上手に切り替えてお得にJALカードを使いこなそう

JALカードは、さまざまな種類のカードがあり、1つのカードを長く使い続ける方法もありますが、ライフスタイルに合わせてカードの切り替えを行っていくのも大切なことです。

切り替えを行うことによって、それまで利用していたカードよりもマイルを多く貯めることができる可能性も出てきます。

では、JALカードの切り替えをするときに注意すべきポイントはどこでしょうか。また審査の基準はどうなっているのでしょうか。

切り替えるときの注意点は

同一ブランドであれば簡単

JALカードを切り替えるときには、カードのブランドを変更するかによって手続きの期間や方法が異なってきます。

例えば、現在保有しているJALカードの国際ブランドがJCBであってそのままJCBの別のカードに切り替えるときには、JALのホームページにあるMy JAL CARDまたは所定の書類を郵送することによって申し込みをすることができます。
My JAL CARDでは、いろいろなカードを比較しながら検討できるので便利です。

また切り替え後、カードの到着までの時間も比較的早く、最短一週間程度でカードが到着します。

ブランド変更の場合には再発行

JALカードの切り替えをするときに、カードのブランドも変更する場合には、JALカードオンライン入会受付サービスか入会申込書によって新しくカードの申し込みをします。

新しくカードの審査などが行われるため、ブランドを変更しないケースに比べると発行まで時間がかかります。およそ2週間程度が1つの目安になります。

ブランドを変更する場合には、前に保有していたカードの解約が行われていないので、切り替え前のカードは自分で解約手続きをする必要があります。

IC情報や電子マネーは引き継げない

JALカードの切り替えをするときに注意しなければいけないのが、カードに登録されているICカードや電子マネーの情報は引き継ぎをすることができないということです。

例えば、JAL ICクーポンは、使い切ってから旧カードを処分する必要があります。
どうしても引き継ぎをしたい場合には、次の手順を行うと利用可能になります。

  1. 新しいカードが到着をしてから6か月以内にJAL IC利用クーポンの残高をICチャージ機で、JAL IC利用クーポン口座に戻します
  2. 新しくなったカードの方に再度チャージをする

Suicaなども電子マネーは、引き継ぎをすることができないので、旧カードに残っている電子マネーは使い切ってから処分をするようにしましょう。

同一ブランドは調整、ブランド変更は年会費が別途必要

JALカードの切り替えで注意しておきたいのが年会費の取り扱いです。JALカードは、ほとんどのカードで年会費が必要で、1年に1回徴収されます。

同一ブランドでカードの変更を行う場合には、年会費が引落されたとしても、新しいカードに切り替え後、前に支払った年会費が調整されて返金されてきます。

一方で、ブランドの変更のケースでは、このような返金が行われません。

ダウングレードでは調整がない

また、返金が行われるのは一般カードから一般カード、一般カードからゴールドカード、ゴールドカードからプラチナカードなどの上級カードに変更をするケースのみです。

プラチナからゴールド、ゴールドから一般カードにする時には返金されないので、カード申し込みをする時期にも注意しないと年会費が損になってしまいます。

JALカード切り替えにあたっての審査

同一ブランドであれば比較的容易

クレジットカードを発行するケースでは審査が行われますが、同一ブランドで変更する場合にはそんなに審査は厳しくなく、比較的通りやすいです。

一方、カードブランドを変更すると新しい審査が行われるので、少し厳しくなる傾向があります。

上級カードには所定の審査

JALカードを切り替えるときにゴールドカードやプラチナカードなど、いわゆる上級カードに切り替える場合にはカード会社による所定の審査があり、一般カードよりも厳しくなります
収入や年齢、保有資産に関する条件もあり、これらを満たさないとカードの発行をしてもらうことはできません。

ただし、同一ブランドの上級カードへの変更の場合には、これまでのクレジットカード利用履歴が大きく関わってきます。一般カードで長い利用履歴があり、支払いもしっかりとしていれば信用があるとみなされてカード発行がされやすくなります。

カードを切り替える恩恵

カードを切り替えるとマイルの貯まり方が変わる

JALカードの切り替えをすることで受ける恩恵としては、マイルを貯めるペースを変えることができます。

例えば、ライフスタイルの変化で鉄道を利用するようになるのであればsuica付きのJALカードを使った方が電子マネー利用分のマイルを貯めることができます。

飛行機に乗る機会が増えるのであれば、ゴールドカードにするとボーナスマイルが10%から25%に増えます。

このように生活スタイルに合わせてカードを切り替えることで効率よくマイルを貯めることができます。

キャンペーンでお得になる

JALカードでは、カードの切り替えをすることでお得なボーナスマイルをもらうことができるキャンペーンや年会費が無料になるキャンペーンを行っています。

こうしたキャンペーンを利用することによって、お得になることが多いので、キャンペーンシーズンを狙ってカードの切り替えをすると恩恵を受けることができます。
JALカードのキャンペーンを公式サイトで確認する

まとめ

  • JALカードの変更をする時には同一ブランドであれば簡単な手続きで可能である。
  • IC情報や電子マネーは引き継げないので使い切るか、一旦、口座に戻す手続きが必要である。
  • 同一ブランドの変更であれば年会費の調整が行われる。
  • 同一ブランドの変更であれば、審査は比較的容易。これまでの利用履歴次第で、上級カードへのハードルも下がる。
  • カードを切り替えることでマイルの貯まるスピードが変わる。キャンペーンが頻繁に行われるので利用するとお得に切り替えできる。

上記の点に気をつけて切り替えをし、もっとお得にJALカードを使いましょう!

関連記事