海外旅行保険付きクレジットカードの保険についての素朴な疑問に答えます!

最終更新日:
海外旅行保険付きクレジットカードの素朴な疑問に答えます!

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は自動付帯、利用付帯どちらであっても付いていると安心して海外旅行ができそうですよね。

しかし、海外旅行保険を中心にクレジットカードへの申し込みを考えるとなると、

「年会費が無料カードと有料カードの場合、保険のどんな部分に違が出るのだろう?」といった些細な悩みや、

「付帯保険付きのクレジットカードは手元にある数だけ保険金を合算できる?」といった使い方での疑問。

さらには「クレジットカードに付帯している旅行保険でまかなえるのかな?」といった付帯保険そのものの質も気になってきますよね?

この記事では、「些細な悩みだけど何となく知りたいこと」をサクッと解説していきます。

年会費無料と有料のカード補償の違いはどこにある?

海外旅行保険はカードによって付帯の有無や補償内容が異なりますが、カード年会費によっても違いがあるのでしょうか?

あくまで一般的な傾向ですが、当然年会費無料のカードよりも有料のカードの方が海外旅行保険が付帯するカードが多く、補償内容も充実していることが多くなります。

年会費無料で海外旅行保険がついているカードだと、死亡・後遺障害補償で0〜1000万円、傷害・疾病治療費用で0〜200万円、救援者費用0〜100万円程度の補償限度額が目安となります。

一方年会費有料のゴールドカードなどになると死亡後遺補償5000万円〜1億円以上、治療費用300万円以上といった比較的手厚い補償を用意するカードも増えてきます。

どのサービスを充実させるかはカードの個性に繋がる部分なのでカード会社としても様々なオプションを用意しています。
「年会費無料でポイント制度が充実している代わりに海外旅行保険はついていないor限度額が低い」
「年会費無料なのに比較的手厚い海外保険がウリ」
「年会費は少し高いが最高レベルの海外旅行保険がついている」
など様々なタイプのカードがあります。

じゃあどのカードを選べばいいの?となりますようね。
目的別オススメカードを紹介しているのでそちらをぜひ参考にしてみてください。

複数枚カードを合算でカード付帯保険でも十分な補償が受けられる

海外旅行保険が付いているクレジットカードを持っていても、1枚だけでは十分な補償は受けられないと考えた方がいいでしょう。

年会費無料、もしくは比較的安い年会費のクレジットカードに付帯する海外旅行保険の場合、疾病・傷害治療費用の補償は100万円〜200万円程度。先ほど示した海外旅行中の治療費補償の目安500万円には足りていません。

そうなんすよねー。
保険があるのは嬉しいんすけど…1枚で安心できる内容の保険かどうかはビミョーなんすよー

そうじゃろう?
しかしじゃ!この問題を解決する方法があるんじゃ。それは「複数のクレジットカードの海外旅行保険を合算する」ことなんじゃー

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は補償限度額の合算が可能です。例えばあなたが以下の補償内容の2枚のカードを所有していたとしましょう。

カードA 疾病・傷害治療費用 最高100万円
カードB 疾病・傷害治療費用 最高200万円
カードC 疾病・傷害治療費用 最高200万円

この場合、治療費用の補償金額を合算することができるため、
カードA 100万円+カードB 200万円+カードC 200万円=合計 最高500万円
の補償を受けることができます。
1枚のカードでは不安な補償金額でしたが、3枚分の保険を合算することで安心できる金額となりました。

救援者費用や携行品損害といった、治療費用以外の保険も補償金額を合算することが可能です。

複数のクレジットカードを使えば各保険で自分が欲しい補償限度額を用意することができるというわけですね。

旅行で死ぬとか不吉なんすけど、
もし不慮の事故で死んだ場合も病気やケガと同じように、補償額金額は合算されるんすか?

良い質問じゃ!
ただし死亡・後遺障害保険に関しては限度額は合算されず、手持ちのカードで最も高い補償限度額のみが適用されるんじゃ。

例えば所有カードの海外保険が

カードA 死亡・後遺障害保険 最高1000万円
カードB 死亡・後遺障害保険 最高5000万円
カードC 死亡・後遺障害保険 最高1億円

となっている場合、最も補償限度額が高いカードCの限度額1億円のみが適用され、A,Bの補償限度額は合算されません。

海外旅行保険付きのカードを複数枚持っている場合、もしケガや病気になった場合、支払われる補償金額はどうなる?

海外旅行保険付きのカードを複数持っている場合、補償限度額は合算することができます。(利用付帯のカードの場合はカードごとに利用条件を満たしている必要があります。)

例えば傷害治療費用補償の限度額が100万円のカードA、200万円のカードB、250万円のカードCを持っているとしましょう。この状況で海外で怪我をして治療を受けた場合、補償限度額は3枚の限度額を合計した550万円となります。
合算ができるのは他の項目(救援者費用、携行品損害、賠償責任等)でも同様です。

ただし死亡・後遺障害に関しては複数カードの合算はできず、持っているカードの中で最も高い限度額が適用されます。

付帯している海外旅行保険じゃ不安な場合はどうすればいい?

まずクレジットカード1枚の補償で不安、という場合は複数カードで補償を合算するという方法があります。
上で回答したように、死亡・後遺障害以外の保険項目は基本的に限度額を複数カードで合算可能です。

複数カードを組み合わせてもまだ不安!という場合は保険会社が販売している保険商品を個別に契約・購入するという方法があります。
保険会社の商品には補償項目や補償限度額を自分で設定することが可能なものもあります。
クレジットカードの保険で足りない補償のみを保険会社と契約するという方法も考えられますね。

なおJCBカードであれば「JCBトッピング保険」、三井住友カードであれば「ネットde保険@とらべる」など、カード会社がオススメの保険商品をあっせんしてくれていることもよくあります。

カード会員向けにお得な保険料設定を用意しているカード会社もあるので、HPなどで情報をチェックしてみましょう。

クレジットカードの海外旅行保険で十分なの?

クレジットカードの海外旅行保険で十分な補償額を用意することは不可能ではありません。
ただし1枚のクレジットカードだけでは不足する場合が多いので、複数枚のカードを組み合わせることをオススメします。

そもそもどのくらいの補償があれば十分か、というのは難しいところですが、目安となる傷害・疾病治療費用の限度額500万円であれば、年会費無料のカードを複数組み合わせることで十分実現可能です。

目安の500万って何を元に出てきた数字なの?と数字の出所が気になった方はこちらも読んでみてくださいね。

まとめ

今回は海外旅行保険付きクレジットカードの素朴な疑問について解説しました。

補償内容がちょっと心もとないクレジットカードも複数枚あわせれば結構使えるようになること。またクレジットカードを複数持たなくても、カード会社の保険商品を使うことでまかなう事ができるなど、クレジットカードに付帯する海外旅行保険は結構融通の利く付帯サービスと言うことがお分かりいただけたかと思います。

これからクレジットカードに付帯する海外旅行保険を使って海外旅行を考えている方は、この記事での知識を活かしてカード選びをしてみてくださいね。

旅のお供に頼もしい!海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード!

関連記事