マイペイすリボって何?マイペイすリボでポイントがお得に!

最終更新日:
マイペイすリボって何?マイペイすリボでポイントがお得に!

三井住友カードには「マイペイすリボ」というサービスがあります。

基本的に1回払で利用してもリボ払いで請求されるサービスなので、1回払をメインに利用している人は興味がないかもしれません。

しかしマイペイすリボは単にリボ払いで請求するだけでなく、ポイント還元率を2倍にすることができます。しかも使い方によっては一括払いとしても利用できるのです。

今回は三井住友カードのマイペイすリボについて深掘りしてみましょう。

マイペイすリボの仕組みと使い方

マイペイすリボは毎月の支払い金額を自分で決めることができ、その返済金額を超える利用をリボ払いで請求するサービスです。

買い物をしたときに加盟店では1回払を指定しても毎月の返済金額はリボで請求されます。

こうした説明をすると一括払いをメインにしている人は、リボ手数料がかかるということで敬遠することも多いでしょうが、1回の支払い金額を工夫するだけでお得に使うこともできます。

マイペイすリボの支払方法は一括払い指定!

クレジットカードを利用してお買い物をしたとき、支払い方法は必ず聞かれますよね。

通常、リボ払いを利用するときは「リボ払い」を指定しなければなりません。

しかし、マイペイすリボを利用する際は上でも書いたとおり、支払い方法を「一括払い」で指定しても自動的にリボ払い扱いになり、とても簡単に利用することができます。

マイペイすリボは支払い額も決められる

マイペイすリボは支払い金額を自分で設定することができ、最少額は通常5,000円、最大額は利用限度額いっぱいまで設定することができます。

マイペイすリボでは設定金額内では一括払い、設定金額を超えた場合がリボ払いになる仕組みです。

手数料が発生するのは残高を繰り越した場合だけ

初回手数料はカード利用日からカード請求日までの期間にかかる手数料のことです。
マイペイすリボを利用してリボ手数料がかかるのは、残高を翌月に繰り越した場合に限られます。

つまり、繰り越しをしなかった当月つまり初回についてはリボ手数料がかからないのです。

設定返済金額次第でこんな使い方も!

さらにマイペイすリボは毎月の返済金額を大きくすることができ、リボ手数料をゼロにすることも可能です。

これを可能にしているのは三井住友カードのリボ初回手数料が無料だからです。

つまり、毎月の返済金額以内の利用をして繰り越さずに支払いをしている限り、マイペイすリボを利用してもリボ手数料はかかりません。

毎月の返済額は最大でカード利用限度額まで設定できるので、一括払い専用カードとして使うことが可能になります。

マイペイすリボは1回払をメインにしている人でも充分に利用できるだけではありませんよ。

マイペイすリボにすると特典がある!

ポイントで得する!

マイペイすリボに登録するとほとんどの三井住友カードでポイントが2倍付与されます。
三井住友カードのポイントサービス「Vポイント」の基本ポイント還元率は0.5%なので、常に1%のポイント還元率となります。

しかし金額にかかわらずリボ払い手数料の請求があれば、一括払いとしての請求を含んだ利用金額のポイントが2倍となります。
注意点はマイペイすリボを利用してもリボ手数料が発生しない場合はポイントが2倍にはなりません。

一般的なリボ専用カードは高還元率でも初回手数料がかかることが多く、ポイントが貯まってもリボ手数料でそのメリットが消えてしまいます。
この点で損せずポイントを獲得できるのがマイペイすリボの良いところです。

マイペイすリボではリボ手数料を極力節約しながら、ポイント2倍のメリットを活かすことが可能です。

効率よくポイント2倍を活用するテクニック

高額利用の予定がある場合に毎月の返済額を返済可能な範囲で最大にしましょう。
これによってリボ手数料を最小にしてポイント2倍のメリットを得ることができます。

マイペイすリボは毎月の返済額を一定にせずに、利用金額に合わせて変更すると効率よく利用ができます。

年会費で得する!

マイペイすリボのもう一つのメリットはカード年会費を無料または半額にすることができることです。マイペイすリボに登録して年1回以上の利用があれば次年度の年会費が割引されます。

年会費が無料になるカード
三井住友カード、バーチャルカード
年会費が半額になるカード
ゴールド、プライムゴールド、エグゼクティブ

※提携カードについては割引となります。

このように、一般カードであれば次年度の年会費は無料、ゴールドでも年会費は半額となるのでお得です。

ポイント2倍のサービスと違い、年1回の利用はリボ払いに限らないので一括払いとして利用しても年会費の優遇を受けることができます。

お買い物した商品が保証される!

クレジットカードを利用して買った商品が壊れたり、盗まれたりしたときに保証してくれるサービスお買い物安心保険(動産保険)がマイペイすリボを利用すると付帯するようになります。
ちなみに、このお買い物安心保険は通常ゴールドカード以上でないと付帯されない保険です。

保険内容は以下のようになっています。

補償限度額 100万円
対象となる利用 海外・国内利用
自己負担額 1事故につき3,000円
対象期間 購入日および購入日の翌日から90日間
ただし、このお買い物安心保険を付ける条件はリボ・分割(3回以上)払い利用が必要です。

マイペイすリボを利用する場合の注意点

1回払とリボ払いの併用はできない

マイペイすリボに登録すると1回払とリボ払いの併用ができなくなる点で、下記の2択の返済方法となってしまいます。

  1. 手数料なしの一括払い
  2. リボ払い

これを解決するには利用するたびに返済金額の変更が必要となるので、支払いの管理がしっかりできる人でなければマイペイすリボのポイント2倍というメリットを活かすことができません。

支払い管理が面倒な人や自信がない人はマイペイすリボは年会費の節約だけに利用しましょう。

あとからリボとマイペイすリボは別物!

リボ払いの方法はマイペイすリボ以外にもあとからリボというものがありますが、こちらは1回払い、2回い、ボーナス一括払いでお買い物をしたあとからリボ払いに変更できるサービスです。

マイペイすリボはあとからリボと違うサービスなので注意してくださいね。

マイペイすリボの返済金額はVpassで設定できる

マイペイすリボの良いところはVpassから返済金額の増減をいつでも変更できることができる点ですが、裏を返せば支払い管理をきちんと把握できないような人はマイペイすリボの機能は持て余すでしょう。

また使い方によっては支払いでしなくていい苦労するはめにも合う可能性が非常に高くなります。

マイペイすリボを利用する際はしっかり返済管理ができる自信と経済的なゆとりがあるときにしましょう。

まとめ

マイペイすリボは基本的にはリボ払いの手数料がかかるサービスなので、ポイントが2倍となってもポイント還元率が0.5%増えるだけなので、大きなメリットにはなりません。

ただし、もともとリボ払いを利用している人であればポイントが2倍になるので、リボ手数料を節約できるという意味では充分なメリットがあります。

1回払がメインの人はポイント2倍のメリットは受けられないので、マイペイすリボは年会費の節約だけを目的に登録しましょう。

オススメの三井住友カード3選

三井住友カードの関連記事

VISAカード各券種の特徴まとめ

「VISAカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。