ダイナースクラブカードの海外旅行保険はノーマルカードでも充実

最終更新日:
ダイナースクラブカードの海外旅行保険はノーマルカードでも充実

現在の日本には多種多様なクレジットカードがあり、クレジットカードの種類によって得られる特典や保険などが大きく異なります。

今回紹介するのは、ダイナースクラブカードに付帯されている海外旅行保険についてですが、ダイナースクラブカードの海外旅行保険はグレードが高くないカードでも補償内容が手厚くなっていることが特徴的です。

一般的なクレジットカードに付帯されている傷害保険や死亡保険の他にも様々な補償が付帯されていますので、それらの内容について詳しく紹介していきます。

無料で加入できる海外旅行保険について

ダイナースクラブカードでは、カードの種類に関わらず6つの海外旅行保険が付帯されています。

  • 傷害死亡、後遺障害保険
  • 傷害治療保険
  • 疾病治療保険
  • 賠償責任保険
  • 携行品損害保険
  • 救援者費用保険

これらの保険が無料で付帯される仕組みになっていて、カードの種類によって補償費用が異なるのは、傷害死亡・後遺障害保険と救援者費用の2種類のみとなっていることが特徴的です。

補償費用が異なる場合のカードの種類については、ダイナースクラブビジネスカード基本会員または追加会員の場合に傷害死亡・後遺障害で降りる保険料が5,000万円となり、それ以外の場合は1億円の保険料が降りることになります。

ただし、保険料の自動付帯部分に関しては金額の半分までとなっていて、残りの半分に関しては利用条件を満たした場合のみ適用されることになりますので、その点に関しては注意しなければいけません。

救援者費用に関しては、ANAダイナースカードの場合のみ400万円となっていて、それ以外のカードの場合は300万円の自動付帯となっています。

ダイナースクラブカードでは、カードのグレードによって補償費用が異なるのではなく、カードの種類によって補償費用が異なるという仕組みになっていますので、その点については忘れないようにしてください。

別途費用を支払えば、さらに充実した海外旅行保険がプラスされる

ダイナースクラブカードでは、無料で付帯される海外旅行保険の他にも、有料で加入することが出来る「海外旅行保険プラス」というサービスも提供しています。

海外旅行保険プラスの特徴としては、カードに付帯されている保険にプラスして補償を充実させたり、補償期間の延長や家族の補償を加えたりすることが出来るサービスとなっています。

手続きの際には電話1本で加入することが可能になっていて、健康状態の告知義務や年齢制限などもありませんので、安心して利用することが出来ます。

どのような補償を受けられる?

海外旅行保険プラスを利用することによって、どのような補償を受けることが出来るのかというと、無料で付帯されている補償では傷害治療や疾病治療の際に最大で300万円までの補償となっています。

海外旅行保険プラスに加入することによって、これらの費用が無制限に切り替わることになりますので、海外旅行中に大きな怪我などをした場合でも安心して治療を受けることが出来るようになります。

日本で生活をしていると大きな怪我をした場合でも保険が適用されることになり、保険外の治療でも高額医療費制度などを活用することによって出費を出来る限り低くすることが出来る仕組みになっています。

しかし、海外で治療を受けた場合は、思っている以上の費用が請求されてしまうというケースも多くなっていて、急性盲腸炎の手術をするために300万円~500万円の費用が掛かったというような話も珍しくありません。

ちなみに日本国内の場合だと入院費も含めて数万円程度の治療費となります。

これは病気の場合の費用をプラスするというケースとなりますが、それ以外にも補償期間を延長するというようなサービスを適用することも可能なので、留学や出張といった長期的に海外に出掛ける場合でも安心することが出来ます。

また、上記でも紹介したように家族で海外に出掛けるといった場合に、ダイナースクラブカードに加入していない家族の場合は基本的に保証の対象外となっていますが、海外旅行保険プラスに加入することによって家族に何かがあったばあいでも保証の対象となります。

このようにダイナースクラブカードの海外旅行保険プラスというのは、別途の費用を支払うことによってさらに高いレベルの補償を受けることが出来るサービスだということを知っておいてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

クレジットカードの海外旅行保険というのは、どこも一緒だと思っている人が多いかもしれませんが、ダイナースクラブカードの海外旅行保険というのはカードの種類やグレードに関わらず充実した内容となっています。

海外に行かないという人にとっては意味がないサービスかも知れませんが、最近では海外旅行の費用も安くなっているケースが多いために、昔に比べると海外が身近に感じる人も多いと思われます。

もしもの時に安心するためには保険が充実していることが条件となっていますので、海外に出掛ける際にはダイナースクラブカードの保険を活用するのも良いかもしれません。

関連記事