カードの2枚持ちでマイル獲得数をアップ!JALカードはどんな組み合わせがおすすめ?

最終更新日:
カードの2枚持ちでマイル獲得数をアップ!JALカードはどんな組み合わせがおすすめ

マイルを貯めるマイラーの間ではカードの「2枚持ち」というのは定番の方法です。

しかし、何でも2枚持ちをすればよいかというとそうではありません。生活スタイル、マイルビジョンによって持つべきカードは変わってきます。
JALマイルを効率よく貯めるには、どのカードの2枚持ちがよいのでしょうか。

飛行機に乗る人と乗らない人に分けて解説します。

飛行機を利用するマイラーおすすめの組み合わせは

見逃せないゴールド特典

飛行機に乗ってマイルを貯めることができる人であれば、1枚持っておきたいのがJAL CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードです。
このカードを保有しているとフライトごとに25%のボーナスマイルが付いてきます。

CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードは、ショッピングマイルプレミアムにも自動加入となっているので、日常生活のマイルを貯めつつ、フライトでもマイルを貯めることができるので1枚持っておきたいカードです。

Suica対応エリアならJALカードSuicaまたはイオンJMBカード

サブカードとして持っておきたいのはライフスタイルによって2つに分かれます。どちらも還元率の良いカードで、電子マネーのチャージによってマイルを貯めることができるカードです。

Suicaオートチャージが可能なJR東日本周辺に住んでいるのであればJALカードSuicaがおすすめです。
オートチャージでマイルを貯めることができるだけでなく、ビューポイントの移行も含めると還元率は1.5%になります。

通常の買い物はメインカードで、Suicaが使えるエリアでは、Suicaを利用していくとマイルが貯まりやすくなります。

Suicaとチャージを使いにくいエリアに居住している場合には、イオンJMBカードになります。
このカードもWAONへのチャージでマイルを貯めることができます。

イオンでチャージしたり、オートチャージしたりすることも可能です。還元率は1.25%とSuicaカードと比べると劣る部分がありますが、利用できる範囲が広ければこちらのほうが有利になります。

飛行機に乗らない人におすすめの組み合わせは

メインカードは還元率の高い2枚から

飛行機に乗らず日常生活だけでマイルを貯めていく場合には、メインカードの還元率の高いJALカードSuicaまたはイオンJMBカードになります。利用する状況は似ているので、自分が利用しやすい方のカードを選択しましょう。

サブカードはポイント無期限のSPGアメックスがおすすめ

JALの陸マイラーの場合、サブカードが困ることになります。年会費を考えるとJALの一般カードでもよいですが、メリットがほとんどありません。

そこで30,000円弱の年会費がかかるもののおすすめしたいカードが「SPGアメックスカード」です。
JALブランドのクレジットカードとは全く異なりますが、このカードのメリットにJALマイルの有効期限を無制限にすることができます。このカードで貯まるスターポイントはJALを始め、さまざまなマイルに交換できる素晴らしいポイントです。しかも、ポイント加算があればそこから1年間の有効期限となるので、ほぼ無期限でポイントを貯めていくことができます。

JALマイルに交換をしてしまうと3年間の有効期限になってしまいますが、スターポイントのまま保管しておけば、何年間にも渡ってマイルを貯めていくことができます。
さらに必要な時にJALマイルに必要なだけ移行をすることができるので、無駄なくマイルを使っていくことが可能になります。

2枚持ちをするときに気を付けたいこと

JALカードを2枚持ちするときに気を付けたいことは用途が重ならないようにカードの選択をすることです。還元率を意識するあまり、複数のカードをたくさん持ってもあまり意味がありません。それよりも自分のライフスタイルでマイルを増やすことができるカードの選択が必要になります。そのため性質の異なる2つのカードを持つことがポイントです。

また、ポイント移行をメインにJALマイルを貯めるのであっても話が変わってきます。代表的なポイントにdポイントがあります。dポイントは貯めたポイントの50%をJALマイルに交換することができますが、dカード(クレジット機能付き)を持っていると、何も持っていないよりもたくさんのマイルを稼ぐことができます。

陸マイラーと呼ばれている人は、ポイントサイトを積極的に活用している人が多く、ポイントサイト利用者は、そのポイントサイトのポイントを増やすことができるようなカードをサブカードとして保有しておくのも良い方法です。

また、ANAマイルも同時に貯めているのであれば楽天カードやソラチカカードをサブカードとするのもおすすめです。
このカードを持っていることで、JALカードで買い物をするときに他のポイントを同時に貯め、楽天カードやソラチカカードで貯めたマイルは、会社を超えてANAにマイルとして加算するという方法もできます。

まとめ

  • 飛行機に頻繁に乗るのであればJALカードの上位カードをメインにして、フライトのボーナスマイルを稼ぎつつ、サブカードで電子マネーをチャージし、決済に利用する。
  • 飛行機に乗らないのであれば、還元率の高い(JALカードSuicaまたはイオンJMBカード)をメインカードにして、マイルを有効的に貯め、使うことができるSPGアメックスをサブカードとして使う。
  • ポイントサイトを使ってJALマイルを貯める場合には、ポイントサイトのポイントを増やすことができるカードをサブカードにする方法もあります。

JALマイルを大きく増やすために、クレジットカードの2枚持ちをするのは当然に選択肢であり、自分のカードの使い方によってカード選択することが大切です。

関連記事