無職でもクレジットカードが持てるの!?所有しやすいカードも公開!

最終更新日:

クレジットカードの利用が当たり前になっている現代。
社会人はもちろんのこと、主婦や大学生などの学生でもカードを所有している方が多く居ます。

そんな中、仕事をしていない、つまり無職の方でもクレジットカードを持ちたい!と思う方は多いのではないでしょうか。

無職でもクレジットカードが持てたら便利だと思うんすけど~…でも無職ってクレジットカードは持てないって聞くんすよね。実際、どうなんすか?

そうじゃのう。無職は確かにクレジットカードが発行できないことが多いぞい。
じゃが、無職であってもクレジットカードを発行することが出来る場合があるのじゃ!

今回は、無職の方でもクレジットカードを持つための方法や、無職の方でも発行しやすいクレジットカードを紹介します。
無職でもクレジットカードが欲しい!という方はぜひ今回の記事を参考にしてみて下さいね。

まず無職って?

無職とは?
無職とは、職に就かず働いていない方のことを一般的には指します。
しかしクレジットカードを申し込むにあたっては、無職でも無職として扱われない方が居ます。

これからカードの申し込みをする際に、無職として扱われる方・無職として扱われない方をそれぞれ紹介しますね。

無職にならない方

職に就いてない無職の方でも、以下に当てはまる方はクレジットカードを申し込む際、無職扱いにはなりません。

  • 専業主婦・学生
  • 申し込み時の職業では専業主婦もしくは学生の項目があります。

  • 不労所得(土地収入や家賃収入を得ている)で生計を立てている方
  • 定期的な収入があるため、無職ではありません。職業欄では「賃貸業・不動産貸付業(無ければ自営業)」を選択しましょう。

  • アフィリエイトなどネットビジネスをしている方
  • こちらも定期的な収入があるので無職ではありません。申し込み時は自営業を選択しましょう。

以上の方は、一般的に無職と言われていてもクレジットカードを申し込む時には無職扱いにはなりません。
また、フリーターの方も無職にあたりませんので注意してくださいね。

専業主婦や学生の場合は、別記事で更に詳しくおすすめのクレジットカードについて紹介しておるぞい。
興味がある人はチェックしてみるんじゃ!

専業主婦でもクレジットカードは持てる!の記事はこちら

学生のためのクレジットカードの記事はこちら

無職にあたる方

無職にあたる方は下記の方になります。

  • 家事手伝いの方(主婦・主夫を除く)
  • 学生でもなく、主婦(夫)でもない方を指します。

  • 貯金が沢山あり、その貯金で暮らしている方
  • 貯金は財産扱いとなり収入とみなされない為、無職扱いに。

  • 株などの投資家
  • 儲けの変動が激しく、収入が安定しない方は無職と同じ扱いになります。

  • 競馬などのギャンブルで生計を立てている方
  • 申告をして税金を納めない限り、カード会社は収入として認めません。

上記の方は、クレジットカードを申し込む際、無職扱いとして申し込みを行う形になります。
無職としてクレジットカードを申し込むと、高い確率で審査に落ちてしまいます。

その審査落ちを防ぐために、上記で無職扱いとなった方が審査に通る可能性を少しでも上げる方法を、次に紹介しますね。
当てはまる方は参考にしてみて下さい。

無職にあたる方がカード発行出来る可能性を上げる方法

無職でもカード発行率を上げるために

家事手伝いの方

実家暮らしの家事手伝いの方のみになりますが、世帯の収入によって審査に通る可能性が高まります。

世帯年収の項目がある場合は世帯の年収を記入し、クレジットカードが発行できる可能性を上げましょう。
ただし、一部クレジットカードでは世帯年収の記入欄が無いこともありますので注意してくださいね。

貯金で暮らしている方

貯金は収入ではなく財産扱いとなります。(宝くじの当選金なども財産扱いです)
クレジットカードは基本的に「定期的な収入」を重視していますので、財産である貯金はほとんど重視されません。

しかし、貯金額が巨額で、なおかつ銀行で残高証明書を発行し提出すると、審査に通る可能性もあります。
クレジットカードに申し込みを行う前に一度、クレジットカード会社に確認をしてみると良いでしょう。

株などの投資家

投資家は、場合によって収入がなくなることもあり得ます。
そのため、定期的な収入とみなされず無職扱いとなり、審査に通る可能性が低くなります。

ですが開業届を提出して個人事業主になったり、法人化すれば事業主としてクレジットカードに申し込むことが出来ます
もちろん事業主の場合は無職よりも断然審査に通りやすくなりますので、クレジットカードが欲しい投資家の方は事業主になるのも手です。

ギャンブルで生計を立ててる方

ギャンブルで得たお金は、一応収入として扱われます。(一時所得と言います)
しかしその収入を申告し税金を納めていなければ、カード会社は収入とみなしません。

収入として扱うために、確定申告をして税金を納めましょう。そうすれば収入と認められ、審査に通る可能性が上がりますよ。

無職と言ってもさまざまな無職がいて、それに合わせてクレジットカードが発行できるような対策もしっかりあるんすね!

そうじゃな。無職もクレジットカードを発行したい人は、少しでも審査に通る可能性を高めておくのが重要じゃぞ。

無職の方にオススメ!クレジットカード

無職の方にオススメできるクレジットカードは、流通系カードもしくは消費者金融系のカードになります。
「流通系カード?」「消費者金融系?」と疑問に感じる方も居るかもしれませんので、簡単に説明しますね。

流通系カードとは?

流通系カードとは、デパートなどのお店が発行しているクレジットカード。
お店を利用してくれる方をターゲットにしており、審査難易度は比較的に易しめに設定されています。

消費者金融系クレカ

こちらは名前の通り、消費者金融がクレジットカードを発行しています。
消費者金融のクレジットカードは、独自の審査を行っていることが特徴的。

どちらも審査難易度が低く、所有しやすいカードが多くありますよ。

ただし今回は、先ほど述べた無職にあたるそれぞれの方で、カード発行できる可能性を高めたことを前提の上、審査に通りやすいカードを紹介するぞい。
全く何の対策もせず申し込みをしたとしても、いくら審査に通りやすいカードであっても通過する可能性は低いぞい!注意するんじゃぞ!

流通系カードはオトクがたくさん!

流通系カードはポイント還元率が高かったり、特定のお店で優待割引を受けることが出来たりとお得が盛りだくさん。
その中で、特にお得で利用しやすいカードを紹介します。

楽天カード
楽天カード
年会費 ポイント還元率 付帯保険
永年無料 1.0% 海外旅行傷害保険

通常でも還元率が1.0%と高還元率を誇っている、楽天カード。
楽天サービス(楽天市場など)を利用するとポイント還元率がさらにアップします。

また、海外旅行傷害保険も付帯されているので海外旅行でも安心。
年会費無料でここまでのサービスが付帯されているのは、とってもお得ですね。

楽天カードには世帯年収の入力欄がありますので、実家暮らしの家事手伝いの方でも世帯年収を入力することによって審査に通る可能性もあります。

ヤフーカード
Yahoo!JAPANカード
年会費 還元率 付帯保険
無料 1.0% ショッピングガード保険

ヤフーカードは、Tポイントがお得に貯まるカードとして楽天カードと並んで人気の高いクレジットカードです。
年会費はもちろん無料なので、負担なく所有することが出来ます。

還元率も1.0%なので、利用していたらいつの間にかポイントが貯まってる!なんてことも。

Tポイントを貯めている方、ヤフーショッピングやヤフオクを利用することが多い方はヤフーカードの発行がオススメ。

イオンカードセレクト
イオンカードセレクト
年会費 還元率 付帯保険
無料 0.5% カード盗難補償

上記で紹介した2枚に比べて還元率はそこまで高くありませんが、イオンをよく利用する方にはとってもお得な1枚。
イオングループでの利用であれば常にポイントは2倍、毎月20日・30日は5%オフ。
また即日発行も可能ですし、所定の条件を満たせばゴールドカードを所有することも。

イオンが近場にある方や、よく利用する方には持っておきたい1枚です。

消費者金融系クレジットカードはとにかく審査に通りやすい!

消費者金融系のクレジットカードは、先ほども説明した通り独自の方法で審査を行っています。
そのため、一般的なクレジットカードより審査が易しい傾向に。

ACマスターカード
ACマスターカード
年会費 還元率 付帯保険
無料

年会費無料で、なんと最短1時間で発行可能なクレジットカード。
クレジットカードとしてはもちろんですが、カードローンも利用することが出来ます。

またこのカードはリボ払い専用。
リボ払い専用だとあまり良いイメージが無いかもしれませんが、ACマスターカードは毎月の支払いを多く払うことが可能ですので、実質一括払いも出来ます。
支払い方法は口座振替はもちろんのことインターネット返済や提携ATMからも可能と、支払い方法が幅広いのも魅力的。

ただ、一般的なクレジットカードとは異なり付帯保険や優待特典などは一切ありません。
所有しやすく、クレジットヒストリーを積むのにピッタリ、というようなカードです。

審査に通らずクレジットカードが手に入らない…そんな時は

これだ!というクレジットカードに申し込みをしたけど、残念な結果で終わったんす~!!クレジットカードが欲しいっす!!何か手は無いんすか!!

無職である以上、クレジットカードの所有は厳しいと身に染みて感じたようじゃな。
無職の方がクレジットカードを手にいれるためには職に就くことが一番じゃが…クレジットカードに似たようなものを利用するのも手じゃぞ。

クレジットカードに似ているデビットカードを利用してみよう!

デビットカードは、クレジットカードのような機能をもったカード。
クレジットカードと異なる点と言えば、利用した代金はあらかじめ設定した口座から即座に引き落とされるところ。
口座にお金が入っていなければ利用できない為、使いすぎ防止にも役立つ一枚。

15歳以上の方であれば、ほぼ無審査で所有することが出来ます。
クレジットカードに落ちてしまった方は、こちらのカードで代用してみてはいかがでしょうか。

家族が居るならば家族カードを発行しよう

同居している家族が居て、なおかつその家族がクレジットカードを利用しているのであれば家族カードを追加で発行してもらいましょう。

家族カードとは、本会員のクレジットカードから追加で発行できるカード。
支払い料金やポイントなどはすべて本会員にまとめられる特徴があります。

また家族カードは本会員と同じ特典を受けることが出来るのも魅力な部分。

ただし利用限度額は本会員で設定されている金額までとなり、本カードと家族カードの合計で限度額に到達したらどちらのカードも利用できなくなるので注意して下さいね。

どうしても「クレジットカード」が欲しい…という方には、とにかくアルバイトでも良いから働くことをオススメするぞい。
派遣会社に登録するのも手じゃぞ。登録が出来れば派遣として申し込みが出来るようになるから、無職より断然カード発行の確率が上がるぞい!

番外編!無職とクレジットカードにまつわる疑問を解決!

疑問を解決!
最後に番外編として、こんな場合はどうなるのか?という疑問を解決します。

働いていた時代に発行したクレジットカード、無職になったらどうなる?

社会人として働いてた時に発行したクレジットカード、病気など何らかの理由で無職となってしまった場合、どうなってしまうのか皆さんはご存知でしょうか?

実は無職になったとしても、支払い能力があればそのまま利用することが可能です。
もちろん更新時に無職だった場合でも、そのカードの利用を続けていて、支払い能力に問題がないのであれば更新カードはちゃんと届きます。

ただし、返済が滞り遅延や延滞を繰り返すようになると、カードが没収され今までの利用料金を一括請求されてしまうんじゃ。気を付けるんじゃぞ。

年金受給者って無職?

仕事を定年退職し、年金で過ごしている方でカード発行したい!という方は少なからず居るのではないでしょうか。
退職してるし無職扱いになるのでは…、と不安になる方も居るはず。

ですが、カードによっては年金受給者は無職扱いにならないことも!
カード申し込み時の職業選択欄に「年金受給者」があればそのカードを発行できる可能性はとても高くなります。
特に流通系のクレジットカードは申し込み時の選択欄に年金受給者の項目があるため狙い目ですよ。

ただ、選択欄に年金受給者の項目が無ければ無職として申し込む形となり、発行できない可能性が高いので注意が必要です。

巨額の貯金がある場合と、年収200万円くらいの社会人、どちらがカード発行しやすい?

働いてはいない無職ではあるけど、巨額の貯金がある方も世の中には居ます。
その方と、年収200万円ほどの社会人、どちらの方がクレジットカードを発行しやすいのかご存知でしょうか。

これ、巨額の貯金がある方が発行しやすい…と思いきや、年収200万円ほどの社会人の方がクレジットカードは発行しやすい傾向にあります。

なぜなら、クレジットカード会社がカードの利用者に求めているのは巨額の財産ではなく「安定した収入が継続的にあるかどうか」。
巨額の財産はいつかは尽きてしまい支払い能力も衰えてしまいますが、安定した収入があれば支払い能力は衰えず続きます。
そのため、巨額の貯金がある方より年収200万円の社会人の方が、クレジットカードを発行しやすくなります。

まとめ

今回は無職の方がクレジットカードを作る場合について解説しました。
やはりクレジットカード会社は安定した収入を求める傾向にある為、無職には厳しくなります。

発行が厳しいからといって、手当たり次第申し込みを行っても多重申し込みとなりもっと不利になりますので注意してくださいね。

基本的に無職はカードの発行が厳しい!と覚えておくんじゃ。
派遣でもアルバイトでもパートでも、何かしらで安定した収入を得ることが出来ればカードの発行率は無職での発行率と比べてぐんっと上がるぞい。