18歳から19歳の方必見!未成年でもクレジットカードを持つ方法やカードを選ぶコツを伝授!

最終更新日:
未成年でも持てるクレカ

クレジットカードの利用が当たり前になっている現代。
ネットショッピングや海外旅行などでクレジットカードを使いたい!という20歳未満、つまり未成年の方も多いのではないでしょうか?

でも未成年ってクレジットカード持てないイメージが強いんすけど…

実はのぅ…未成年でも条件をしっかり満たせばクレジットカードを持つことは可能なのじゃよ!発行したいカードにもよるが、未成年ではクレジットカードの審査も比較的易しめとなっておるんじゃ!

えーっ!そうだったんすか!!未成年からクレジットカードを利用したら、将来早い段階で高ステータスのクレジットカードとか持てそうっすね…!

今回は未成年がクレジットカードを所有する条件や、クレジットカードを選ぶコツなど18歳から19歳までの方がクレジットカードを作る際に役に立つ情報を大公開します。

クレジットカードを持ってみたいけど、不安が色々ある…という18歳から19歳の皆さんは、ぜひこの記事を参考にして不安を解消し、クレジットカードを手に入れてくださいね!

未成年でもクレジットカードが持てるってホント?

クレジットカードが欲しいけど、未成年だから…と申し込みを躊躇っている方は多いのではないでしょうか。
ですが、安心してください。条件さえ満たしていれば、未成年でもクレジットカードを申し込みすることが出来ます!

未成年でもクレジットカードを申し込みする条件は、以下の通り。

  • 高校生を除く18歳以上の方
  • 親(保護者)の同意を得ている

親の同意を得ていて、18歳以上で高校生じゃなければクレジットカードを持つことが出来るんすね!じゃあフリーターとかでも余裕っすかね!

ちょっと待つのじゃ!確かに高校生でない18歳以上であれば、クレジットカードの申し込み資格はあるが、審査に通ってクレジットカードを所有することできるかどうかはまだ別問題になってくるんじゃ。

申し込み資格はあるけど、発行は厳しい場合も…!?

上記でも述べたように、18歳以上でなおかつ高校生でなければクレジットカードに申し込みをすることは可能です。
しかし、申し込み資格を満たしていてもクレジットカードの発行が厳しいことも。

発行が厳しいと考えられる方は、下記のような方です。

短期バイトなどで収入が安定していないフリーター

長期バイトなどで働いているフリーターであれば問題はありませんが、短期バイトを繰り返していたりすると「この人はしっかり返済が出来るのだろうか?」と返済能力に疑問を持たれてしまい、カードを発行するのが厳しくなります。

また銀行系カードなど審査が厳しいカード会社によっては、フリーターと言うだけで敬遠されることも。
フリーターがクレジットカードを発行するのであれば、流通系カードを狙うのがオススメです。

流通系カードとは、デパートや百貨店などお店が発行しているクレジットカードのことを指します。普段のお買い物でデパートや百貨店を利用している方、つまり主婦などをターゲットにしているため、審査が比較的甘い傾向にあり、フリーターでも所有しやすくなっています。

学生でもなく、バイトもしていない無収入の場合

学生でなく、自身の収入が一切ない状態ですとクレジットカードへ申し込みをしても審査で落とされる可能性がとても高いです。
それでもクレジットカードを所有したい!という方は、親のクレジットカードから追加カードとして家族カードを発行することをオススメします。

支払いなどは本会員である親にまとめられるため、特に難しい審査もなく家族カードを発行することが出来ますよ。

ちなみに、予備校生は学生のうちに入らないんじゃ。浪人生の人でクレジットカードを所有したい場合は注意するんじゃぞ。
バイトなどをしていれば、フリーターとしてクレジットカードの申し込みをすることは可能じゃ!

未成年のクレジットカード審査事情

未成年のクレジットカード審査事情
これまで審査について少し触れてきましたが、実際未成年(18歳から19歳)の審査はどのような難易度なのでしょうか。

実は、多くのカード会社では未成年のクレジットカード審査は甘くなる傾向にあります。
なぜ未成年なのに審査が甘いのか、その理由は「親(保護者)の同意」が必須であるから。

親(保護者)の同意があれば、最終的な支払いに関しては親権者がカバーしてくれるため、審査難易度がグッと下がる、ということになります。

また18歳から19歳はクレジットカードを今まで持っていなかった方も多く、クレヒスに傷が一切ない点も審査が甘くなる理由です。

絶対に親の同意がないと申し込めないんすか…?親に同意を求めて反対されたしても、こっそり申し込んだらバレないんじゃ…

こ、こっそり申し込みしても無駄じゃぞい!!
クレジットカード会社は、しっかり親の同意を得たのかどうかを確認するからのぅ…内緒で申し込みしても親の同意が得られず、結果発行不可になってしまうぞい!

えっ…親の同意を得たのかしっかり確認されるんすか!?でも…一体どうやってカード会社は親の同意を得ているのか確認してるんすか?

親の同意ってカード会社はどう確認するの?

未成年がクレジットカードを申し込むとき、親(保護者)の同意が必ず必要になります。
しかし、親の同意を得たのかカード会社がどうやって確認するのか、疑問に思う方も居るのはないでしょうか。

カード会社が親の同意を得ているのかを確認をする方法は、以下の2パターン。

  • 申し込み時に入力した親の電話番号へカード会社が連絡し、同意の確認をする
  • 紙の同意書をカード会社へ郵送する

インターネットでの申し込みの場合は、多くが申し込み時に入力した親の電話番号へ、カード会社から同意の確認の連絡が入ります。
郵送での申し込みの際は、同意書を申込書と一緒に郵送する場合が多くなります。

親への同意が確認出来ないと、クレジットカードの発行は不可能に。電話がつながらないなどの理由でも発行不可になりますよ。
クレジットカードを発行する為にも、事前にしっかりと同意を得てから申し込み手続きを行うようにしてくださいね。

例外として、未成年でも親の同意が要らない場合があるんじゃ。それは、婚姻した人じゃ。
婚姻すると成人と同じ扱いとみなされ、親の同意がなくてもクレジットカードの契約が一人で可能になるぞい。じゃが、成人と同じ扱いとはいえタバコやお酒は20歳になってからじゃ!!あくまで契約が一人で出来るようになるだけじゃから注意するんじゃぞ。

未成年がクレジットカードを選ぶときのポイント!

審査などについて分かったところで、次に未成年でも持つことのできるクレジットカードについて紹介しますね。

未成年でも持つことのできるクレジットカード、実はたくさんあります。
その中で、どれだけ自分に合ったカードを見つけられるかが重要。とはいえ、たくさんの種類があるとなると、やっぱりどのカードにしようか迷ってしまいますよね。
こちらでは、未成年の方がクレジットカードを選ぶときのポイントをお教えします。

クレジットカードを選ぶ際、まず自身が学生かそうじゃないのかで選ぶべきカードが変わってきます。

学生の場合
学生専用のクレジットカードがオススメ!学生専用なので審査も厳しくなく、さらに学生専用カードのみ利用出来る特典サービスも!
学生ではない場合
以下の2点のうち、どちらを重視するかによって選ぶクレジットカードが変わる!
・お得に利用出来るカードを重視!
・将来、高ランクカードを取得できる可能性が高いカードを重視!

読者の皆さんはどちらのポイントに当てはまりましたか?
次に、そのポイントに当てはまるカードを紹介しますね!

学生の場合

学生の場合は断然、学生専用のクレジットカードをオススメします。
なぜなら、収入がない学生でも審査に通りやすく、なおかつ特典やサービスがとっても充実しているから。
また多くの学生専用カードでは、そのままそのカードを利用出来るか、もしくは卒業に合わせて自動的にカードが切り替わるため再度カードの申し込みが必要になる、ということもありません。

別記事で学生にオススメなカードを詳しく紹介していますので、こちらではオススメの学生カードを1枚紹介しますね。

学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
年会費 還元率 申し込み資格
無料 0.5% 高校生を除く18歳から25歳以下で、大学/大学院/短期大学/専門学校に現在在籍中の方

ライフカードの学生専用カード。
海外ショッピング利用の5%がキャッシュバックされたり、学生のための安心プログラムが用意されていたり、更にはケータイ利用料金の決済で毎月抽選で500円分のAmazonカードが当たるなど、学生専用ならではの特典やサービスが盛りだくさん。

また、ピンクで可愛いBarbieデザインを選ぶことも出来ますので女学生にもオススメ。

学生生活をしっかりサポートしてくれる、心強い1枚です。

もっと色々な学生専用のカードが知りたい!という人は、学生のためのクレジットカードの記事で更に詳しく確認出来るぞい。

未成年でも持てるお得なカード!

やっぱり、ショッピングなどでお得にカードを利用したいですよね。
こちらでは未成年でも持つことが出来て、なおかつコスパの良いお得なクレジットカードを紹介します。

楽天カード
楽天カード
年会費 還元率 申し込み資格
無料 1.0% 高校生を除く18歳以上の方

CMなどで有名な楽天カード。皆さんも名前だけでも知っているのではないでしょうか。

楽天カードは常に還元率1.0%、さらに楽天市場のお買い物でポイント3倍などポイントアップサービスが充実
ポイントはびっくりするぐらいザクザク貯まりますよ。

さらに年会費は永年無料なので、負担がかかることなく所有することが出来ます。
審査難易度も易しく所有しやすいと評判なので、ネットショッピングが好きな方、ポイントをザクザク貯めたい方にはもってこいの1枚。

リクルートカード
リクルートカード
年会費 還元率 申し込み資格
無料 1.2% 高校生を除く18歳以上で、本人または配偶者に安定した収入がある方

年会費無料なのにも関わらず、通常還元率1.2%と驚異の高還元率を誇るリクルートカード
いつものお買い物はもちろんのこと、光熱費や電話料金の支払いでも1.2%還元されます。

貯めたポイントはリクルートが運営するサービスやPontaポイントに交換することが可能。

リクルートが運営するサービスは、ホットペッパービューティやグルメにじゃらんなど。
皆さん一度は見かけたり利用したことがあるサービスではないでしょうか。そのサービス内で利用出来るのはとっても嬉しいですね。

申し込み時に安定した収入を求められますが、アルバイトなどで収入を得ていれば問題なく申し込めますよ。

目指すは高ステータスカード!将来を見据えて利用するなら

いつかはゴールドカードやプラチナカードを所有したい…そんな方にピッタリなのが、将来高ステータスを狙えるクレジットカード。
今回紹介するカードでもある程度ステータスがあるので、新社会人の方にもオススメ。

三井住友VISAデビュープラス
三井住友VISAデビュープラス
年会費 還元率 申し込み資格
初年度無料
次年度以降1,250円(税抜)
※前年1回でも利用すれば年会費無料
1.0% 高校生を除く18歳から25歳までの方

三井住友が発行している、クレジットカード初心者向けのカード。
有名な銀行系のカードでステータスもばっちり。

1年間の中で一度でも利用すれば、翌年度の年会費が無料に!実質無料でカードを利用できる点もうれしいですね。

更に、26歳になったら自動的にプライムゴールドカードへランクアップ!
プライムゴールドカードは20代専用のライトなゴールドカードですが、プライムゴールドカード切り替え後、30歳になったら自動的に本格的なゴールドカードへ切り替わります。

三井住友VISAのゴールドカードは通常の申し込みでも30歳以上からと年齢制限があり、ステータス性の高いゴールドカードで有名。

三井住友VISAデビュープラスを持っていれば最終的にゴールドカードまでランクアップ出来ますので、ステータス重視の方には魅力的なのではないでしょうか。

JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGE
年会費 還元率 申し込み資格
初年度無料 0.5% 高校生を除く18歳から29歳までの方で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方

国際ブランドJCBが発行する若年層向けクレジットカード。
こちらもステータス性が高く、持っていて恥ずかしくないカードです。

29歳までの方が申し込み可能で、入会後は5年後の更新の際にJCB一般カードに切り替わります。
頻繁に利用していれば、一般カードよりもワンランク上のゴールドカードへの招待が届くことも。

また、JCBは最高ステータスを誇る招待制のブラックカード、「JCBザ・クラス」が存在します。JCBを若いうちから利用していれば、早い段階でJCBザ・クラスの招待が届くのも夢じゃありません。

将来はブラックカードを持ちたい!なんて方は、JCBのクレジットカードを所有して利用実績を積んでみてはどうでしょうか。

未成年でも持つことのできるクレジットカードって、色々あるんすねー!
でもやっぱり審査に通るか心配で申し込み出来ない人って絶対居ると思うんすよ!そういう人達ってどうしたら良いんすかね…

うむ、クレジットカードが欲しいけどどうしても審査等で申し込みに踏み切れない…なんて人もいるじゃろう。
そんな人は家族カードを発行したり、クレジットカードに似ているデビットカードを利用するのも手じゃぞ。

審査に通るか心配…そんな人は家族カードやデビットカードを!

審査に不安ならこの2枚!
どうしても審査に通るか心配で申し込みに踏み切れない方、いらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方には、家族カードとデビットカードをオススメします!

家族カードって?

家族カードとは、本会員のクレジットカードから家族が利用出来るクレジットカードを追加発行できるサービスのことを指します。

家族カードの多くは、本会員と生計が同一の配偶者・親・18歳以上の子供が発行可能な対象。
一部カードでは審査がある場合もありますが、基本的には家族カードは無審査で発行できますので、審査が心配な未成年の方でも持つことが出来る、と言うわけです。

デビットカードって?

デビットカードとは、あらかじめ設定した銀行などの預金口座から、商品購入などで利用した代金をリアルタイムで引き落とされるカード
審査がない場合が多く、さらに15歳から所有することが出来るので、高校生でも持つことが可能です。

ただし引き落としを設定する銀行の口座は本人名義である必要があるため、その点には注意が必要になります。

デビットカードについては、ここの記事でかなり詳しく解説しておるぞい。もっと詳しく知りたいって人は要チェックじゃ!

高校生だけどどうしてもクレジットカードが欲しい!という方

高校生でもOKなカード
高校生は基本的にクレジットカードを持つことは出来ません。
しかし、デビットカードは15歳から、プリペイドカードは年齢制限なく所有することが可能。
どちらもクレジットカードのような機能が付いていますので、高校生にオススメですよ。

デビットカードについては上記で触れましたので、プリペイドカードについてこちらでは紹介しますね。

プリペイドカードって?

プリペイドカードとは、前払い式のカード
前払いした金額のみ利用することが可能なので、使いすぎ防止にも役立ちます。

プリペイドカードでも汎用型とネット型があり、汎用型プリペイドカードであれば国際ブランドの加盟店でクレジットカードのように利用出来ますよ。

プリペイドカードの種類をもっと知りたい!という方は、以下の別記事で更に詳しく紹介していますので是非確認してみて下さいね。

未成年の方がクレジットカードを持つときの注意

最後に、未成年の方がクレジットカードを申し込み・所有するときの注意点を教えますね。

  • 婚姻しているなどの例外以外は親の同意をしっかり得る必要がある。
    (黙って申し込みをしても怒られるだけですよ)
  • キャッシング枠は設けることが出来ない場合が多い。
    (設けることが出来ても10万円限度)
  • 支払い時、分割払いやリボ払いはオススメしません。
    (支払いが苦しくなるだけです)

特に支払い時は、一括払いをすることをオススメします。
分割払いやリボ払いだと手数料が余分にかかってしまい、返済が大変なことに。
さらにリボ払いの場合は支払う額が少ない分、手数料がかなりかかり支払いが終わらない借金地獄になることも。

未成年のうちは、分割払いやリボ払いは避けた方が無難です。

まとめ

未成年でも、18歳以上で高校生でなければクレジットカードを所有することが出来ることが分かりましたね。
ただし、親の同意が必須になるという点には注意が必要です。

また、クレジットカードを選ぶときも適当に選ぶのではなく、クレジットカードの何を重視するのか決めてからカードを選びましょう。
適当に選んでしまったら、そのクレジットカードの機能をうまく使いこなすことが出来ず、便利なはずのクレジットカードが不便に感じてしまう場合も。
自分はどんな機能を重視したいのか、どんな目的でクレジットカードを持ちたいのか明確にしてからカードを選ぶことが、自分に合った便利なクレジットカードを持つが出来るコツですよ。

自分にピッタリのカードを見つけて、素敵なクレジットカードライフを送るのじゃぞ!