Amazonで一番お得に使えるクレジットカードは?Amazon Mastercardシリーズ以外にもお得なカードが!?

最終更新日:
amazonで一番お得なカードは一体どれ?

Amazonは世界最大級のインターネット通販サイトです。
日本国内だけでも取り扱い商品の総数は1億点以上と言われており、Amazonで手に入らない日用品はないといっても過言ではありません。

Amazonはオレも良く使うっすよ!品揃えやばいっすよねー!

私も良く利用するわ!プライム会員だからお急ぎ便で欲しい商品がすぐに届いたり、映画や音楽も楽しめて本当便利!

うむうむ、君らのように欲しいものはAmazonで!っていう人は多いじゃろう。しかし、皆はお得にAmazonを利用しておるかのぅ?決済に利用するクレジットカードを変えたり、買い物の順番を変えたりするだけで、今までよりもっとお得にAmazonを使うことが出来るんじゃぞ!

今回は、Amazonでの買い物に使うべきオススメのクレジットカードを紹介していきます。

そもそもAmazonポイントって?

オレ結構Amazonで買い物してるし、ポイントざくざく貯まってるんじゃね!?って思って確認したら全然貯まってなかったス…いくら毎にポイントって付与されるんすか?

お主はAmazonポイントについて、ちょっと勘違いしておるようじゃのぅ。Amazonポイントは、購入金額に応じてポイントが貯まる、という制度ではないんじゃ…

Amazonには独自ポイントの「Amazonポイント」があります。
ただ、このAmazonポイントは少し制度がややこしく、100円=1Pというように購入額によって決まった割合が貯まるようなものではありません。

Amazonポイントは商品によってポイントがつかないもの、1%のもの、10%のものなど付与パターンがさまざま。
ポイントが付与される場合は、商品金額の下にポイント付与数が書かれているため参考にしましょう。
Amazonポイントが貰える時の表記

ちなみに貯まったポイントは1P=1円でAmazonでの買い物に使えますよ。

Amazonでの買い物とポイントの関係

上記の通り、Amazonポイントはついたりつかなかったりするため安定しません。
だからと言って、ポイント付与率の高さで商品を選ぶのは、買い物の幅を狭めてしまうためかえって不便です。

そこでAmazonでの買い物を通して、確実にポイントを貯めていきたい方にオススメなのが「クレジットカードを使用してポイントを貯める」方法です。

Amazonでの決済には、多くの人がクレジットカードを使っているのではないでしょうか?
そのカードの種類をAmazonと相性のいいカードに変えてあげるだけで、効率よくポイントを貯めることができますよ。

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)について

まずは、Amazon.jpが発行する公式クレジットカードの「Amazon Mastercard」をご紹介します。
カードは「クラシック(一般カード)」と「ゴールド」の2種類です。

Amazon Mastercardクラシック Amazon Mastercardゴールド
amazonカード Amazonゴールド
年会費 初年度無料・年1回の利用で無料
(通常年会費¥1,350)
10,800円
(利用状況により2年目以降から実質4,320円)
発行対象者 満18歳以上の方(高校生は除く)
※未成年者は親権者の同意が必要
原則として満20歳以上で本人に安定継続収入がある方
Amazon利用時のポイント還元率 ・プライム会員(2.0%)
・一般会員(1.5%)
2.5%
Amazon以外でのポイント還元率 1.0% 1.0%
ポイント有効期限 1年(新たにAmazon.co.jpで注文が確定される度、およびポイントが追加される度に更に1年更新) 1年(新たにAmazon.co.jpで注文が確定される度、およびポイントが追加される度に更に1年更新)

両カードとも決済額に応じて、Amazonポイントが自動で貯まります(交換手続き不要)。
Amazon利用時のポイント還元率は最低でも1.5%、ゴールドカードになれば2.5%還元です。

クレジットカード界の中では1.0%を超えると高還元率だと言われているので、両カードとも高還元率だと言えますね。

使い方も貯まったポイントをAmazonでの買い物時に「ポイントで支払う」を選んで使えばいいだけなので、手間がいらず簡単です。

クラシックカードは実質年会費無料、ゴールドカードは2年目以降の年会費がお得!?

ポイント還元率が良くても、気になるのは年会費ですよね。

クラシックカードは、初年度無料で次年度以降は1年のうちで一度でも利用すれば年会費無料に。
つまり実質年会費無料で持ち続けられるため、年数回しかAmazonを利用しない人でも気軽にもつことができます。

ゴールドカードの場合は年会費が10,800円とやや高額ですが、この中にはAmazonプライム(Amazonの有料会員。翌日配送サービスなどの特典が受けられる)の年会費3,900円(税込)が含まれています。
よって、実質の年会費は6,900円となります。

さらに2年目以降は利用状況によって年会費を4,320円にまで抑えられ、プライム年会費分(3,900円)も考慮すると実質的な最低年会費は420円となりとてもお得に!

ただし、ゴールドカードの年会費を抑えるためには、「マイ・ペイすリボ」の登録と「WEB明細書サービス」の利用が条件となります。

Amazon MastercardはAmazonで使うとお得にポイントを貯めることが出来るのね!やっぱりAmazonってカード名にも付いているし、Amazonで利用するには一番お得…

ちょっと待つのじゃ!Amazon MastercardがAmazonで一番お得に使えるカードか?という話になると、少し事情が異なるのじゃ!

ええっ!?それって、一番お得なカードはAmazon Mastercardじゃなくて他にあるっていうこと!?

Amazonで一番お得に使えるクレジットカードは?

Amazonでお得なのは他社カード!?
先ほどのように、「Amazonで使うんだから、カード名にAmazonが入ったカードが1番お得なはずだよ!」と考えている方は多いのではないでしょうか。
しかし、ちょっと待ってください。

実はAmazon Mastercard以外の他社一般カードでも、ちょっとした工夫をすることでAmazon Mastercardと同等レベルもしくはそれ以上にお得にAmazonで買い物をすることができます

その工夫とは、クレジットカード会社が持つ「ポイント優待サイト」を経由してAmazonで買い物をする方法
ポイント優待サイトとは、ショッピングモールのようなものでAmazonをはじめユニクロやDHCなど大手企業がモールに出店しています。

カード会員は同じ買い物でもポイント優待サイトを経由することで、通常より多くのポイントが獲得できます。
つまり、このポイント優待サイトを駆使すれば、他社一般カードでもAmazonをお得に利用することが可能に。

ここからは、ポイント優待サイトを使った、Amazonで使うとお得なカードを紹介していきますね。

少し注意して欲しいのが、他社一般カードの場合、貯まるポイントはAmazonポイントではなく、各カードのポイントになるんじゃ。
じゃが、どのカードのポイントも商品への交換や各種ポイントへの交換が可能でお得に使うことが出来るんじゃ。Amazonポイントじゃないから損!と言うわけではないから、安心するんじゃぞ。

Amazonでお得に使えるクレジットカード(年会費無料カード編)

最初に、「年会費無料のクレジットカード」をご紹介していきますね。

ちなみに、Amazon Mastercardクラシックも年会費が実質無料(年1回の利用で年会費無料)でもつことができます。ここでは、Amazon MastercardクラシックのAmazon利用時の還元率(1.5%)を超えるかどうかが、一つの基準になります。

オリコカード・ザ・ポイント dカード
オリコカード dカード
年会費 無料 無料
発行対象者 原則として年齢18歳以上の方 満18歳以上であること
Amazon利用時のポイント還元率 2.0% 1.5%
Amazon以外でのポイント還元率 1.0% 1.0%
ポイント有効期限 ポイント加算月を含めて12ヵ月後の月末まで 獲得した月から起算して48か月後の月末まで

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

年会費無料のカードの中で1番のオススメは、オリコカード・ザ・ポイント
なんとオリコカード専用の「オリコモール」を経由するだけで、一気に還元率が2.0%になります。

還元率の内訳…カード利用(1.0%)+オリコモールの利用(0.5%)+Orico Card THE POINTシリーズ特別加算(0.5%)=合計2.0%

これはAmazon Mastercardクラシックの一般会員還元率(1.5%)を超え、プライム会員還元率(2.0%)と同率!
その上、オリコカード・ザ・ポイントは、Amazon Mastercardクラシックと異なり何もしなくても年会費が無料。

そのため、より気軽に作りやすいカードとなっています。

オリコカード・ザ・ポイントは、「Amazonはよく使うけどプライム会員ではない」という人に最もオススメな1枚です。

dカード

dカード

次にオススメなのがdカード
dカードも専用ショッピングサイト「ポイントUPモール」を経由することで、還元率が1.5%になります。
オリコカード・ザ・ポイントには及ばないものの、Amazon Mastercardクラシックの一般会員還元率(1.5%)と並ぶ高還元率です。

dカードで貯まる「dポイント」は街中でも加盟店が多く、ローソンやマクドナルドなどで普段から身近にあるお店で幅広く使えます。
そのため、「dポイントを貯めていて、なおかつAmazonでもお得に買い物がしたい人」にオススメのカードです。

Amazonでお得に使えるクレジットカード(年会費有料カード編)

次は「年会費有料のクレジットカード」のご紹介です。
比較対象であるAmazon Mastercardゴールドは、年会費10,800円(条件クリアで実質420円まで抑えることが可能)Amazonでの還元率は2.5%。

下記で紹介するカードの年会費や還元率と比べながら読んでみてくださいね。

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールド リーダーズカード
オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド リーダーズカード
券種 ゴールドカード 一般カード
年会費 1,950円(税込) 2,700円(税込)
※年間30万円以上の利用で無料
発行対象者 原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方 18歳以上の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方
Amazon利用時のポイント還元率 2.5% 1.75%
Amazon以外でのポイント還元率 1.0% 1.25%
ポイント有効期限 ポイント加算月を含めて12ヵ月後の月末まで ポイント獲得月より24ヶ月間

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールド

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールド

このカードは先程ご紹介した、オリコカード・ザ・ポイントの「上位カード(ゴールドカード)」です。
Amazon利用時に「オリコモール」を経由することで、還元率が2.5%になり、Amazon Mastercardゴールドと同率になります。

還元率の内訳…カード利用(1.0%)+オリコモールの利用(0.5%)+Orico Card THE POINTシリーズ特別加算(1.0%)=合計2.5%

更にオリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールドは年会費は1,950円。
Amazon Mastercardゴールドの10,800円(通常年会費)と比べると一目瞭然の破格の安さですね!

Amazon Mastercardゴールドも条件をクリアすれば年会費を抑えることは可能ではありますが、「Amazon Mastercardゴールドの年会費を下げるために、各種サービスに登録するのは面倒…」という人にはオリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールドがぴったり。

価格が破格の安さではあるが、ゴールドカードじゃからAmazon Mastercardゴールドと同様に手厚い保険や空港ラウンジサービスがしっかり付帯しておるぞい!

リーダーズカード

リーダーズカード

リーダーズカードは高還元率カードの発行で有名なジャックスカードから発行されているカードです。
こちらは一般カードで、ゴールドカードではありませんので気を付けてくださいね。

ジャックスカードにも専用のショッピングサイト(ジャックスモール)があり、そこを経由して買い物をすることで還元率が1.75%になります。

還元率はAmazon Mastercardゴールドにはおよびませんが、リーダーズカードは年間30万円以上利用すれば年会費が無料に。
1ヶ月あたり2.5万円利用するだけでOKですので、メインのクレジットカードとして利用すれば簡単にクリアできますよ。

また、リーダーズカードはAmazon以外でも1.25%と還元率が高いです。「Amazonもその他支払いも高還元率を実現したい!」という人にオススメの1枚です。

Amazonのカードが一番お得って思っていたけど、他社カードを利用してもお得だなんて驚きだわ!

確かにお得っすね…でもオレのように20代前半の人は紹介してくれたカードを持ちたくても審査に通るかが心配っす…
先生、オレのように若い人でも審査に通りやすくて、なおかつAmazonでお得に利用出来るようカードは無いんすか~?

ワガママじゃのぅ…じゃが、君のように若い人や学生でもAmazonを利用することは多いじゃろう。次はAmazonでお得に利用出来て若い人でも審査に通りやすい、若年層・学生向けクレジットカードを紹介するぞい!

Amazonでお得に使える学生向けクレジットカード

大学生などは日用品だけでなく、教科書などの購入でもAmazonを利用することが多いのではないでしょうか。
ここからは、「学生(若年層)でも作りやすくなおかつAmazonでお得に買い物ができるクレジットカード」をご紹介していきます。

一般的なクレジットカードは社会人以上が使うことを想定しており、大学生などの学生にとっては審査が難しい場合が多いです。
しかし、下記で紹介するカードは「学生向け(若年層向け)」に作られたカードですので、限度額は低いものの学生や若い方でも審査に通りやすいカードと言われています。

三井住友VISAデビュープラスカード(学生) JCB CARD W
三井住友VISAデビュープラスカード(学生) JCB CARD W
年会費 初年度無料
次年度以降は年1回の利用で無料(通常年会費¥1,350)
無料
発行対象者 満18歳から25歳までの方(高校生は除く) 満18歳から39歳までの方(高校生は除く)
Amazon利用時のポイント還元率 1.5% 2.0%
Amazon以外でのポイント還元率 1.0% 1.0%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間 獲得月より2年間

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

こちらのカードはその名の通り、初めてクレジットカードをもつ方にオススメの1枚。
三井住友カードが発行と運営しているため、ステータスもあり非常に安心して使用することができます。

還元率も三井住友カードの中では珍しい、常時還元率1.0%のカード
Amazonでの利用に関してもポイントUPモールを経由して買い物をすることで、還元率1.5%を実現できます。

還元率の内訳…通常の還元率(0.5%)+ポイントUPモール利用分(0.5%)+デビュープラスカードの特典(0.5%)=1.5%

ここで利用時の注意じゃ!ポイントUPモールにはポイント2倍と表記されておるが、これは三井住友カードの基本ポイント還元率0.5%を基準にした数値じゃ。ややこしい表記じゃから、計算時は気を付けるんじゃぞ。

実はこのカード、年会費、還元率(通常時・Amazon利用時も)ともにAmazon Mastercardクラシックと全く同じスペックです。
どちらを作ろうか迷いそうですが、学生の方は、前述の通り審査面では学生向けカードの方が通る可能性が高いため、「三井住友VISAデビュープラスカード(学生)」を選択した方が良いでしょう。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wの特徴は、JCB特約店(JCB ORIGINAL SERIESパートナー)での利用が非常にお得なところ。
Amazonはこの特約店に入っており、還元率は2.0%とAmazon Mastercardクラシックの通常会員よりもお得です。

還元率の内訳…JCB ORIGINAL SERIESパートナー特典(1.5%)+JCB CARD W特別加算(0.5%)=2.0%

必ず利用前は「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」のAmazonのページを経由して、Amazonで買い物してくださいね。
そうでないと、還元率2.0%でお買い物が出来なくなってしまいますので注意してください。

また、年会費が無条件で永年無料なのも嬉しいポイントですね。

こちらは学生向けカードではありませんが、39歳までの方しか持つことの出来ない若年層向けのカードです。

Amazon Mastercard以外のカードでAmazonをお得に利用するときの注意点

ここまで、色々なジャンルに分けてAmazonをお得に利用できるカードを紹介してきました。
Amazonの公式カードであるAmazon Mastercard以外にも、お得なカードがたくさんありましたね。

しかし、Amazon Mastercard以外のカードで買い物するときには注意点があります。ポイントを取りこぼさないためにもしっかり押さえておきましょう。

その注意点は「絶対に専用のポイント優待サイトを経由すること」です。
これは冒頭にも少し触れましたが、Amazon Mastercard以外でAmazonで買い物する際は、必ず専用のポイント優待サイトを経由してください。

今回紹介したどのカードも、Amazonを高還元率でお得に利用する為にはポイント優待サイトを経由することが条件となっています。

ボタンを1回クリックするだけなのでとっても簡単ではありますが、急いでいるときはついつい忘れてしまいがち。
経由がなければポイントは通常還元率になったしまい、お得にならないので気を付けたいところです。

下記の表は、「ポイント優待サイトを経由したとき」と「ポイント優待サイトを経由できなかったとき」のAmazonでの還元率を比べた表です。

オリコカード・ザ・ポイント dカード オリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールド リーダーズカード 三井住友VISAデビュープラスカード(学生) JCB CARD W
ポイント優待サイトを経由したとき 2.0% 1.5% 2.5% 1.75% 1.5% 2.0%
ポイント優待サイトを経由できなかったとき 1.0% 1.0% 1.0% 1.25% 1.0% 1.0%

ポイント優待サイトを経由できなかった場合は、どのカードもAmazon Mastercardクラシックの1.5%を下回る還元率に。
特に、オリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールドの場合は、経由できなければ一般カードであるリーダーズカードよりも還元率が下がってしまいます。
これでは、年会費を払っているのに損ですので、必ずポイント優待サイトを経由してからAmazonを利用しましょう。

買い物のメモなどに「ポイント優待サイトを経由すること!」と一緒に書き添えるなどをして、忘れない工夫をすることが大事じゃぞ!

Amazonでお得に使えるクレジットカードの選び方ポイント

今回、先生はAmazon Mastercard2種類と他社カード6種類の計8種類を紹介してくれたけど、この中から自分に合ったカードを見つけるってなかなか大変…

確かに種類がありすぎて、どのカードが自分に合うのか分からなくなってしまうかも知れんのぅ。
じゃが、カードを選ぶ際にポイントをいくつか押さえれば、自分に合ったカードが見つかること間違いなしじゃ!
これからそのポイントについて教えるから、カード選びに迷った時は参考にしてみて欲しいぞい!

選ぶポイントその1・プライム会員特典が必要かどうかをよく考えよう

「年会費無料でAmazon Mastercardと同率orそれ以上の還元率のカードがあるなら、そっちの方がお得!」と瞬間的に思ってしまう方は多数いるはず。

しかし、「プライム会員特典」の存在を忘れてはいけません。
プライム会員特典があれば、送料は基本的に無料でプライムビデオ特典(ドラマや映画が見られる)もついてきます。プライム会員は有料(3,900円)で利用出来ますが、Amazon Mastercardゴールドならプライム会員費が無料に。

すでにプライム会員の人や今後入会を検討している人は、Amazon Mastercardゴールドをもって、カード年会費割引条件をクリアした方が他のカードを持つよりお得でしょう。

このように、Amazonでお得に使えるクレジットカードを選ぶときは、単純に還元率だけを見るのでなく、プライム会員になるかならないかも考慮しましょう。

選ぶポイントその2・Amazonの利用頻度を考えよう

Amazonで生鮮食品から家電製品など全てを揃えている方は、プライム会員になってAmazon Mastercardゴールドをもつのが1番お得。

しかし、「Amazonを使うのは重いお米を買うときだけ」という人や「Amazonは楽天市場で欲しい商品がなかったときに利用する」という人など、Amazonの利用頻度が高くない方も居るのではないでしょうか。
その場合は、Amazon Mastercardシリーズではなく、その他のカードを持った方が総合的に考えるとお得かもしれません。

例えば、dカードならローソンでのポイント還元率は5%。JCB CARD Wならセブン-イレブンやスターバックスがお得に。
つまり利用頻度が高いお店でお得なカードを選択するとAmazonでもお得、いつものお店でもお得!と二重でお得になることも。

このようにカードを選ぶときは、Amazonの利用頻度やAmazon以外でよく使うお店を考えながら選ぶとより自分に合ったカードを見つけることができますよ。

Amazon Mastercardシリーズは結局お得なカードなの?

Amazonカードは結局お得なの…?
「Amazonでお得なクレジットカードと言えばAmazon Mastercardシリーズ!」と思っていた方も、この記事を読むと印象が少し変わったかもしれません。
還元率だけで見ると見劣りする面もありましたが、Amazon Mastercardシリーズはクレジットカードとしてお得なカードなのでしょうか?

Amazon Mastercardクラシック Amazon Mastercardゴールド
Amazonでの利用 ・プライム会員(2.0%)
・一般会員(1.5%)
2.5%
Amazon以外での利用 1.0% 1.0%

Amazonでの利用

Amazonでの利用の場合、クラシックカードに関しては正直なところイマイチ。
プレミアム会員でないなら、完全に年会費無料のdカードの方が使い勝手がいいです。
また、プレミアム会員だったとしても、オリコカード・ザ・ポイントやJCB CARD Wなら同率の還元率であるためあまり魅力を感じることは出来ません。

逆に、ゴールドカードはプレミアム会員に無料でなれる上に、還元率も2.5%と高いためAmazonのヘビーユーザーにはオススメのカード
ただし、Amazonでの利用頻度が低い方は年会費やプレミアム会員分の元がとれないため、使いこなすのが難しいカードと言えるでしょう。

Amazon以外での利用

Amazon Mastercardシリーズは、クラシック・ゴールドともにAmazon以外での利用は還元率1.0%です。
還元率1.0%はクレジットカードの中では高めの還元率だと言えます。

ただし、両カードともにAmazonに特化したカードであるため、他店舗での優待がないのが欠点。

以上のことから、Amazon Mastercardシリーズについては
・Amazon Mastercardクラシックは、Amazon内での特典がイマイチでAmazon以外では優待がないのであまりオススメ出来ないカード。
・Amazon MastercardゴールドはAmazonに特化していて、かなりお得。Amazonヘビーユーザーには是非持って欲しいカード。

と、いうことになるぞい!

まとめ~Amazonで1番お得なカードはこれだ!~

先程の「選び方のポイント」でもご説明したように、Amazonで1番お得なカードというのは利用する人のライフスタイルのよって異なります。
まとめでは、「Amazonの利用頻度に応じて1番お得なカード」を選んでいきました。

Amazonの利用頻度が高い人

Amazonの利用頻度が高い人に最もオススメなのは、「Amazon Mastercardゴールド(還元率2.5%)」。
今回紹介した全8種類の中で1番の高還元率を誇ります。
通常年会費が高額なため、割引条件を満たして、なるべく安価で保有できるようにしましょう。このカードなら、プライム会員特典をたくさん使いながらお得にポイント貯めることができます。

ただし、一切の年会費割引条件を満たせないのなら、「オリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールド(還元率2.5%)」の方が、プラミアム会員費を含めても年会費が安く済みますよ。

Amazonの利用頻度がそこまで高くない人

「プライム会員になるほどは利用しないかな」という方にオススメなのは、「オリコカード・ザ・ポイント(還元率2.0%)」と「JCB CARD W(還元率2.0%)」。

どちらも条件なしの完全年会費無料カードです。そのため、Amazon Mastercardクラシックより使い勝手が良いという魅力が。
JCB CARD Wの方が特約店も多く、ポイント交換先も豊富なため、申込の対象年齢(39歳まで)の方にはJCB CARD Wの方がいいでしょう。

Amazonの利用頻度が低い人

「Amazonはそんなに利用しないけど、使うときはお得に買い物したい!」という人にオススメなのは、「リーダーズカード」です。

Amazonでの還元率は1.75%とクラシックカード(非プライム会員)より高く、Amazon以外での利用はなんと1.25%と今回紹介したカードの中では1番還元率が高いのが魅力。Amazon内外を問わず活躍できるカードです。
月額2.5万円以上の利用で年会費も無料になるため、メインカードとしての利用にぴったりですよ。

これまでの解説でAmazonをお得に利用できるクラシックカードは、Amazon Mastercardシリーズだけではない、ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
ぜひ自分にあったお得なカードを見つけて、お得にAmazonを利用してくださいね!

関連記事