リクルートカードの締め日は毎月15日!支払い日は毎月10日!間に合わない場合の対処法は?

最終更新日:
リクルートカードの締め日は毎月15日!支払い日は毎月10日!間に合わない場合の対処法は?

クレジットカードを利用している時、締め日や引き落とし日がわからず残高不足でちゃんと支払いが出来ていなかった…なんてことはありませんか?

リクルートカードを利用しているんだけど、この前残高不足でちゃんと支払えなかった…締め日と引き落とし日を勘違いしていたみたい…

なぬ!支払いの遅延や延滞は、今後のクレジットカードの発行に響いてしまうから注意が必要じゃぞ!
今回はリクルートカードの締め日や引き落とし日、さらにリクルートカード利用時の注意点を解説するからしっかり確認じゃ!!

締め日は毎月15日、引き落とし日は翌月10日!

リクルートカードは国際ブランドが3種類から選択出来ますが、締め日と引き落とし日は国際ブランド問わず統一されています。

締め日は毎月15日、引き落とし日は翌月の10日ですので覚えておきましょう。

そもそも締め日と引き落とし日の違いって何だったかしら?

締め日はクレジットカード会社がカード利用者に請求する金額が確定する日のことじゃ。引き落とし日はその名の通り、締め日に確定した金額を口座から引き落とす日じゃ。混同しやすいから気を付けるんじゃぞ。

リクルートカードの締日と支払日
リクルートカードの場合、例えば5月15日にお買い物をした場合の支払いは6月10日、5月16日にお買い物をした場合の支払いは7月10日になります。
引き落とし日が土・日・祝日の場合は銀行がお休みですので、翌営業日に引き落としがされます。

ちなみにリクルートカードの利用で獲得したポイントは、引き落とし日の翌日に付与されますよ。

もし残高不足で引き落とし日に支払いが完了しなかった場合は…!?

引き落とし日
口座にお金を入れておくのを忘れてしまったなどで、支払いが完了しなかった場合は国際ブランドによって対応方法が異なります。
自身が持っているリクルートカードの国際ブランドを確認して、適切な対処を行いましょう。

国際ブランドがJCBの場合

国際ブランドがJCBの場合には、引き落とし日当日でも入金すれば引き落としが間に合う場合も。
当日に引き落とし日だった!と気づいた場合は、まずJCB公式HPの金融機関引き落とし時間にアクセスし、間に合うか確認してみましょう。

もし引き落とし時間がすでに過ぎてしまっていた場合は、同じく上記のJCB公式HPの金融機関引き落とし時間に再振替日が記載しています。
再振替日にしっかりと引き落としがされるように、残高不足にならない状態にしておいてくださいね。

国際ブランドがVISA・MasterCardの場合

国際ブランドがVISAやMasterCardの場合、管理は三菱UFJニコスが行っています。
三菱UFJニコスの場合、以下の金融機関の場合は再振替を行ってくれる場合も。

  • 三井住友銀行
  • 横浜銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 京都中央信用金庫

上記以外の金融機関では、再振替は行ってくれませんので三菱UFJニコス カスタマーズセンターに連絡しましょう。

三菱UFJニコス カスタマーズセンター
052-259-1775 受付時間は土日祝日を除く受付時間 9時00分から17時20分

支払いの遅延はクレジットカードの信用問題になり、最悪カードが使えなくなってしまうんじゃ。
万が一残高不足で引き落としができなかった場合、まずはそれぞれのカード会社に問い合わせてすぐに支払いを行うんじゃぞ!

一括払いにしていた支払方法を分割にしたい!

一括払いにしたけど、もしかしたらちょっと厳しいかも…なんとか分割払いに変更出来たらとっても助かるんだけどな…

安心せぃ。リクルートカードは、あとから分割払いに変更することも可能なんじゃよ。

一括払いで利用したものを分割払いに変更することは可能ですが、変更方法は国際ブランドによって異なりますので注意してください。
それぞれの国際ブランドによる変更方法をお教えしますので、分割に変更したい方は参考にして下さいね。

国際ブランドJCBの場合

JCBの場合には、以下の3つの方法で支払い回数変更の申し込みが可能です。

  • WEBの場合
  • JCBの会員サイト「MyJCB」より変更可能。

  • 電話の場合(自動音声)
  • JCB ショッピングお支払い方法変更テレホンサービス
    0120-802-570 24時間年中無休で変更可。

  • 電話の場合
  • JCBファイナンスデスク 0120-833-633
    受付時間は午前9時から午後5時まで。日曜祝日・年末年始はお休み

国際ブランドがVISAもしくはMasterCardの場合

VISAもしくはMasterCardのリクルートカードの場合は、WEBでのみ変更が可能です。

MUFGカード会員サイトへアクセスし、WEBサービスにログインすると分割に変更する手続きが可能になります。

どちらの国際ブランドの場合も、引き落とし前までに変更手続きを行う必要があるんじゃ。手続きが遅いと引き落としの金融機関によっては変更が間に合わない場合ももちろんあるぞい。一括から分割に変更したい!となったら、なるべく早く変更手続きをするんじゃぞ!

まとめ

リクルートカードは、「締め日は毎月15日・引き落とし日は毎月10日」ですので覚えておきましょう。
月末が締め日や引き落とし日ではありませんので、その点には注意が必要です。

また一括の支払いを変更したい場合は、なるべく早く分割変更手続きを行うようにしてくださいね。
手続きが遅くなると、分割に変更することが出来なくなりますので気を付けて下さい。

締め日や引き落とし日を勘違いして支払いが遅れてしまう、なんてことは絶対に避けるんじゃぞ!
支払いの遅延や延滞は、今後のクレジットカードの発行にも響いてしまうし、最悪利用しているリクルートカードが利用停止になってしまう場合もあるんじゃ。

そうならぬよう、細心の注意をはらうんじゃぞ。

関連記事