リクルートカードは電子マネーのチャージでもお得!改悪でも解消方法有り!!

最終更新日:
リクルートカードは電子マネーのチャージでもお得!改悪でも解消方法有り!!

店頭で小銭を出さずにカードや携帯電話をさっとかざすだけで、決済ができる電子マネーは最近とくに普及しています。
電子マネーは多くの場合、現金やクレジットカードなどで事前にチャージする必要があります。

クレジットカードで事前にチャージできるのはとっても便利ね!でもクレジットカードによっては電子マネーのチャージが出来ないものもあるし…リクルートカードではどうなるのかしら?

そうじゃのう、リクルートカードではどの電子マネーにチャージできるのか気になるところじゃな。
また、ポイント還元率1.2%と他社クレジットカードと比べても驚異の高還元率じゃが、電子マネーにチャージの場合はどうなるのかも知りたいのぅ。

今回は、リクルートカードでチャージできる電子マネーと、その還元率について詳しく解説します。

国際ブランドでチャージできる電子マネーが異なる!

まず、リクルートカードは国際ブランドによってカード発行会社が異なります。
国際ブランドによるリクルートカードのカード発行会社は以下の通り。

国際ブランド カード発行会社
JCB 株式会社ジェーシービー
VISA
MasterCard
三菱UFJニコス株式会社

その影響で、チャージできる電子マネーもカード発行会社によって変わってきます。
国際ブランドによってチャージできる電子マネーは何があるのか、さっそく見ていきましょう。

JCBは2種類と少なめ

国際ブランドJCBでチャージできる電子マネー

国際ブランドJCBのリクルートカードでチャージできる電子マネーはnanacoとモバイルsuica。
そう、チャージできる電子マネーは2種類のみとかなり少なめです。

チャージのポイント還元率は1.2%とリクルートカードの通常還元率と同じ。
nanacoやSuicaをよく利用する方であれば、便利かもしれませんがあまり利用しない方だとお得感がイマイチかもしれませんね。

VISAもしくはMasterCardは4種類と豊富

国際ブランドVISA・MasterCardの場合は4種類の電子マネーにチャージ
国際ブランドがVISAやMasterCardのリクルートカードでチャージできる電子マネーは4種類あります。
JCBと同じnanacoとモバイルSuica、更に楽天EdyとSMART ICOCAにもチャージが可能です。

ちなみに楽天Edyは、全国のコンビニで利用出来る他、マクドナルドやガストの飲食店やビックカメラなどの家電量販店など、幅広いお店で利用することが出来るんじゃ!
SMART ICOCAは関西圏のSuicaと考えて良いぞ。

電子マネーへチャージするポイント還元率も、リクルートカードの通常還元率と同じ1.2%
様々なところで利用出来る電子マネーにチャージすることができて、更にポイントが高還元率なのはとっても嬉しいですね。

ポイントの2重取りが可能!?

リクルートカードでチャージできる電子マネーについて紹介しましたが、実はリクルートカードでチャージした電子マネーを利用することによってポイントの二重取りが出来てしまいます。

どのようにポイントの二重取りができるのか、また二重取りした際のポイント還元率を見てみましょう。

nanaco

リクルートカードでチャージ 電子マネーでお買い物 合計還元率
リクルートポイント
1.2%
nanacoポイント
1.0%
2.2%

モバイルsuica

リクルートカードでチャージ 電子マネーでお買い物 合計還元率
リクルートポイント
1.2%
JRE POINT
0.5%~1.0%
1.7%~2.2%

楽天Edy

リクルートカードでチャージ 電子マネーでお買い物 合計還元率
リクルートポイント
1.2%
楽天ポイント
0.5%
1.7%

リクルートカードでチャージした電子マネーでお買い物すると、とってもお得ね!これは積極的にチャージしてポイントたくさん貯めていきたいわ!

待つのじゃ!実は、ここで悲しいお知らせじゃ…。
実は、リクルートカードでチャージした際にポイントが付与される金額に、上限があるのじゃ…

ええええ!無制限にポイント二重取りしてお得に出来るわけじゃないのね…!

悲報!チャージでポイントが付与される金額に上限有り!

チャージ時の還元率も1.2%、更にポイントの二重取りも可能なリクルートカードから電子マネーへのチャージ。
以前は金額に上限なく、無制限に利用出来ました。

しかし、2018年4月よりチャージによるポイント付与対象金額が1ヵ月3万円までに上限設定されてしまいました。

これはとっても悲しい改悪ですね。
しかもこの上限設定は、チャージ金額合計金額で上限3万円になります。
決して電子マネーの種類ごとの上限設定ではありませんので、注意が必要です。

つまり、2万円分をnanacoにチャージしてしまったら、その月は他の電子マネーにチャージするとき1万円分しかポイント付与対象にならない…ということじゃ。
今まで無制限だったから、この改悪は衝撃的じゃのぅ。

月3万円分は、ちょっと物足りない気もするわ…どうにかして上限を増やす方法は無いのかしら?

上限を増やす方法…実は1つだけ方法があるんじゃ!

ポイント付与対象の上限3万円分を6万円分に!

上限アップ!
ポイント付与対象のチャージ金額が上限3万円というのは、普段から電子マネーを積極的に利用している方にとって物足りないのではないでしょうか。

そこで、ポイント付与上限を増やす方法を伝授します!
その方法とは、リクルートカードをもう1枚発行する、と言う方法。
2枚あれば、上限3万円+上限3万円の合計6万円までポイント付与対象でチャージが可能になります。

リクルートカードって2枚も持てるの?と思った方、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

リクルートカードは国際ブランドによって発行会社が異なる、というのはこの記事の電子マネーがチャージできる種類の時に触れましたね。
実はクレジットカードは発行会社が異なれば、同じカードでも所有することが可能です。

つまり、同じリクルートカードであっても発行会社が異なれば2枚持ちが出来る!ということです。

リクルートカードの2枚持ちについては、電子マネー以外にもメリットが沢山あるんじゃ!
詳しくはリクルートカードは2枚持ちが最強!の記事を確認するんじゃ!

まとめ

今回はリクルートカードでチャージできる電子マネーについて、詳しく解説しました。
チャージでも1.2%の還元率ということや、ポイントが二重取り出来るメリットはとっても嬉しいものでしたね。

しかし、チャージのポイント付与対象に金額の上限があるなど、デメリットも存在しました。
このデメリットは2枚持ちすることによって解消されますので、電子マネーを月3万円以上チャージする方はぜひリクルートカードの2枚持ちを検討してみて下さいね。

お得で便利な電子マネー、リクルートカードとともに賢く利用するんじゃぞ!

電子マネーと相性抜群!nanacoや楽天Edy、モバイルsuicaユーザーなら持っておきたい1枚!

関連記事