リクルートカードを解約してもポイントは消失しない!?解約について詳しく解説

最終更新日:
リクルートカードを解約してもポイントは消失しない!?解約について詳しく解説。

クレジットカードを解約したいもののホームページを見てもどのように解約すればよいのか分からないときがありますね。
またカードの新規申し込みに苦労した分、解約にも時間や手間がかかるのでは…と躊躇する方も多いのではないでしょうか。

利用しなくなったカードって、解約どうしようか悩むことが多いのよね…特にポイントが中途半端に残ってて、失効しちゃうのは勿体ないなぁって思ったり…

うむ、確かに多くのクレジットカードでは、解約と同時にポイントは失効してしまうことが多いのぅ。じゃが、リクルートカードは解約してもポイントは残るんじゃ!

えっ!?そうなの?それならリクルートカードの解約に踏み切れるわ!もっと解約について詳しく教えて!

今回はリクルートカードの解約について、詳しく紹介します。
解約時のポイントについても解説しますので、解約時の参考にして下さいね。

解約手順

まずは始めに、解約の手順について解説します。

リクルートカードはWEBで解約手続きは不可となっていて、電話でのみ解約手続きを行うことが出来ます。
更に、利用している国際ブランドによって解約手続き先が異なります。

以下を参考にして、解約手続きを行ってくださいね。

国際ブランドがJCB、もしくはリクルートカードプラスを解約の場合

国際ブランドがJCBの方や、リクルートカードプラスの解約をしたい方は、発行会社である株式会社ジェーシービーのJCBのインフォメーションセンターに連絡をして、解約手続きを行います。

JCBインフォメーションセンターは、 4つの連絡先があります。
どこへかけても対応はしてくれますが、出来る限り自分が住んでいる場所に近いところへ電話をかけるようにしましょう。

JCBインフォメーションセンター
東京 0422-76-1700
大阪 06-6941-1700
福岡 092-712-4450
札幌 011-271-1411

受付時間は午前9時から午後5時まで、年中無休で対応してくれます。

国際ブランドがMasterCardもしくはVISAの場合

国際ブランドがVISAやMasterCardの場合には、発行会社である株式会社三菱UFJニコスのMUFGカードのコールセンターに連絡をして、解約手続きを行います。

MUFGカードのコールセンター
連絡先
0570-050535
03-5489-6165

受付時間は午前9時から午後5時までとなっており、12/31から1/3を除く全ての日で受付可能です。
解約の手続きにはカード番号の入力が必要となるので、リクルートカードを手元に用意しておきましょう。

国際ブランドによって解約方法が異なるから注意するんじゃぞ!解約時は自分のリクルートカードの国際ブランドをしっかり確認するんじゃぞ。

リクルートカード解約時の疑問について

リクルートカードの解約時、付帯されている機能やサービスなどがどうなるのかわからない方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、解約時の疑問についてお教えします。

ポイントってどうなるの?

解約時、ポイントって残るのか失効するのかわからない方も多いのではないでしょうか。

実は、リクルートカードを解約してもポイントは失効せず、残ったまま
カードを解約してもポイントが失効しない理由は、リクルートカードのポイントはリクルートIDに紐づけされているためです。

リクルートカードを退会しても、リクルートIDの退会をしない限りはポイントは失効しません。
ですので、ポイントが残っていても安心してリクルートカードを解約することが出来ますね。

解約前に参加していたキャンペーンで、まだボーナスポイントが付与されていない場合はどうなるの?

解約前にキャンペーンに参加し、ボーナスポイント付与がまだの場合、先に解約手続きを行ってしまうとキャンペーンによっては付与対象外になってしまいます。

まだボーナスポイントが付与されていない状態の場合は、出来る限り付与されてから解約手続きを行うことをオススメします。
詳しくは、参加したキャンペーンページで確認してみて下さいね。

リクルートカードプラスを解約しても再入会できる?

既に新規入会が終了しているリクルートカードプラス。
新規入会は出来ないけど、再入会ならできるのでは?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし残念ながら、このカードを解約してしまうと再入会であっても入会することは不可能になります。
解約後は二度と所有することのできないカードですので、解約時は本当に解約しても問題ないかしっかり確認してくださいね。

追加カードは解約後どうなる?

家族カードやETCカードなどの追加カードは、リクルートカード解約した際に同時解約になります。

追加カードのみ利用する、ということは出来ませんので注意が必要です。
特にETCカードは、リクルートカード解約後の破棄を忘れ、車載器入れたまま有料道路を利用するとETCゲートでバーが開かず止まってしまい、事故の原因になりますので気を付けてくださいね。

リクルートIDも退会したい!

ポイントもすべて利用し終わったし、リクルートIDも不要になったわ…これも退会できるのかしら?

もちろん、リクルートIDも退会することが可能じゃ。退会方法については以下を参考にして欲しいぞい。

  1. まずはリクルートIDにログイン。
  2. リクルートIDの退会ページがあるのでクリック。
  3. 案内に沿って退会手続きを進めれば完了。

特に難しいことはありませんが、リクルートIDを退会するとポイントはもちろんのこと、会員登録情報や利用履歴などもすべて確認することが出来ませんので注意してください。

また、解約時にじゃらんnetなどで未来の予約をしている場合(宿泊予約など)や購入したホットペッパーお食事券が未利用の場合はリクルートIDの退会手続きは出来ません。
予約も何もない状態で、退会手続きを行うようにしてくださいね。

まとめ

今回はリクルートカードの解約について解説しました。
まだ未利用のポイントがある状態で解約しても、失効しない点はとっても嬉しいですね。

解約時にはいくつか注意すべき点がありますので、しっかりチェックしてから解約手続きを行ってくださいね。

解約時に気を付けるべき点は
・解約したいリクルートカードの国際ブランドによって解約手続き先が異なる
・キャンペーンに参加していて、ボーナスポイントの付与がまだの場合、先に解約すると付与されない場合が
・リクルートカードプラスは解約してしまうと二度と所有出来ない

以上の3点じゃ!しっかり確認するんじゃぞ。

関連記事