ANAカードを解約手順って?マイルを一切無駄にしない解約方法を大公開

最終更新日:

ANAカードを解約する時にせっかく貯めたマイルが消えてしまったら悲しいですよね。

しっかりと手順を踏んで手続きをすればANAカードを解約した後も貯めたマイルは引き続き利用できます。

今回はANAカードの損をしない解約方法、解約時の注意点を解説していきたいと思います。

ANAカードの解約はカード会社へ連絡

ANAカードの解約はANAではなく、各カード会社へ連絡して行います。

国際ブランドごとに発行カード会社が違うので自分のカードをチェックしてみてくださいね。

カード種別 解約時の連絡先
・ANA JCBカード
・ANA To Me CARD PASMO JCB
JCB変更受付デスク:0120-800-962
携帯電話から:0570-00-5552(有料)
受付:9:00〜17:00(日・祝・年末年始休)
・ANA VISAカード
・ANAマスターカード
・ANA VISA Suicaカード
・ANA VISA nimocaカード
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(三井住友カード)
三井住友カードFOR YOUデスク:0570-004-980
東京:03-6627-4137
大阪:06-6445-3501
受付:9:00~17:00(12/30~1/3休)
ANA ダイナースカード ダイナースクラブ コールセンター:0120-074-024
受付:24時間・年中無休
ANAアメリカン・エキスプレス・カード メンバーシップ・サービス・センター
一般カード:0120-965-877
ゴールドカード:0120-958-677
9:00~17:00 (土・日・祝休)

ANAカードを解約するとできなくなる事

ANAカードを解約すると貯めたマイルは利用できなくなり、お客様番号(マイレージクラブ番号)も無効になります。

ANAカードで貯めたマイルを解約後でも使う方法はないのかしら…。

ANAカードの解約後、新規でANAマイレージクラブに入会すると貯めたマイルを引き継げます。

また他のANAカードを持っていたり、ANA提携カードやマイレージクラブカードをすでに持っているなど、有効なお客様番号を別に持っていればマイルは自動的に引き継がれるので特に手続きなどは不要です。

解約後マイルが引き継がれているかログインして確認しておきましょう。

マイルを失効させないANAカード解約手順

せっかく貯めたマイルを失効させないため、解約の時は以下の手順で行いましょう。

  1. カード会社に連絡しカード解約を申し込む
  2. ANAマイレージクラブに新たに入会する
  3. ANAマイレージクラブ・サービスセンターに電話し、新しいお客様番号を伝えてマイル移行手続きを依頼する

ANAカードとマイルの管理先が違うからそれぞれに連絡を入れると、カードがなくてもマイルは生き続けるのね。

ANAマイレージクラブ・サービスセンター電話番号
0570-029-767
マイレージサービスお問い合わせ受付時間
月~金:9:00~19:00
土:9:00~17:00
日・祝・年始:休

ANAカード解約時の注意点

ANAカードの残りポイントを使い切る

ANAカードを解約するとそれまで貯めたクレジットカード会社のポイントも消滅してしまいます。解約前にポイントはできるだけ使い切っておきましょう。

基本的にはポイントはマイルに移行するのがお得な使い方となります。

マイル移行に手数料がかる一般カードで半端なポイントしか残っていない場合は、無理に移行しない方がいいかもしれません。

ANAカードを自動引き落とし用に設定していないか確認する

マイルを貯めるため、公共料金や携帯料金などの引き落とし用カードにANAカードを設定している方も多いでしょう。

解約後、これらの引き落とし設定を変更していないと支払いの滞納を引き起こしかねないので、事前に引き落とし設定を変更しておきましょう。

ANAカードの支払い残高の有無を確認する

解約前にリボ払いや分割払いの未払い残高が残っていないか確認しておきましょう。

残っていたら解約後に一気に請求がきてしまいかねません

カード会社に解約の連絡をする際、残高の支払いに関してはどのような手続きになるか、合わせて確認しましょう。

家族カードやETCカードなどの付帯カードも解約される

ANAカードを解約すると家族カードなどの付帯カードも解約されます。

家族カードを使い一家でマイルを貯めていた方などは、事前に解約する旨を家族に伝えておきましょう。

家族カードを使っている側からしたら、ある日突然カードが使えなくなって困っちゃうものね。

解約後のANAカードはハサミをいれて確実に破棄

ANAカードに限らずクレジットカード全般に言えますが、解約後のカードは情報を読み取られないようハサミをいれて処分しましょう。

ハサミは磁気テープ部分(カード裏面の黒や銀、茶などの帯)とICチップ部分(金色や銀色のチップ)にいれておくと安心です。

まとめ

ANAカードは年会費のかかるカードなので、利用頻度などによっては解約を検討する機会もあるかもしれません。

解約する際はそれまで貯めたマイルを無駄にしないよう、今回の記事も参考にきっちりマイルを引き継いで解約するようにしましょう

余った半端なマイルもSKYコインに交換したりANAの通販サイト「A-style」であれば1円から利用可能です。

関連記事