クレジットカード引落し日の残高不足は、酷ければ裁判に!?対処法から裏技まで

最終更新日:

クレジットカードの引落し日ってすげぇ忘れやすいんすよねぇ~、給料日まえの引き落としも多いっすし・・・正直いつもやばいっす。

フム、それは関心せんのぉ。クレジットカードのお金はカード会社に借りていることを忘れてはいかんぞ。

分ってはいるんすよぉ。でも、良く残高不足になってしまうんすよぉ。正直このままじゃブラックリストに載るんじゃないかと不安でたまらないんっす

ふむ・・・仕方ない奴じゃのぉ。では、もし引落し日に残高不足だった場合を見ていくかのぉ。

「あ、気が付いたらクレジットカードの引落し日だった」
「銀行口座に入っているお金で足りると思っていたのに、足りなかった・・・」
「給料日前だから、今お金ないんだよね」

クレジットカードを利用している人で、銀行口座の残高不足によって引き落としができなかったことがある人は多くいらっしゃると思います。

引き落としがされなかった場合、カード会社では未入金となり支払遅延となってしまうので、カード会社からの信用に傷が付いてしまいます

そうならない為の解決策を一緒に見ていきましょう。

手元にお金がある時の対処法

残高不足に気がついたら、一番にする事

残高不足に気がつくのは、最引き落としの案内や振込用紙入りの手紙、その他の案内などで気が付くことも多いと思います。悪気が合ってやっているわけでは無いのだけど、自分が考えていたより残高が減っていたとか、忘れていたとかの理由で、『残高不足』になることは誰にでも良くあるものです。

残高不足に気が付いたら、何を差し置いてでも

『できる限り早く支払をすること』が大切です。

【延滞してしまうと起こり得る可能性】

支払日からの遅延日数 起こり得る可能性
翌日 早ければカードの使用ができなくなる
遅延1ヶ月 強制解約
遅延2ヶ月 長期延滞
遅延3ヶ月 長期延滞・酷ければ裁判に

こうならない為に、できる限り早く支払をするのが大切になってくるのです。

今月はちょっと厳しいから、来月の支払日にまとめて引落としてもらおう♪

なんてことは絶対にダメなのじゃ。料金を延滞していた期間が長くなればなるほど、強制解約のリスクが高くなってしまうのじゃぞ。

きょ、強制解約・・・。嫌な響きっす・・・。

クレジットカードを強制的に解約させられるのじゃ。これをされてしまうと後々大変なんじゃ。

再引き落としがかかる場合

カードによっては再引落しがかかる、カードもあります。『○月○日に再度引き落としをかけるので、それまでに口座にお金を入れて置いてください。』という案内や、『引落としができませんでしたので、4日間、毎日引落しをしていくので、その間にお金を入れてください。』このように案内があるケースもあります。自分のカードがどのような対応なのか調べて置くとよいでしょう。

この場合であれば、案内があった通りにお金を銀行口座に入れておけば大丈夫なのじゃ。カード会社からの信用を失うこともないからのぉ。

コンビニ払いの用紙を送ってくる場合

コンビニ払いの用紙を郵送で送ってくるカード会社もあります。その用紙に記載されている日付までにコンビニ払いをすればOKという流れになります。

仮に手元に十分なお金があるのであれば、そういった用紙が贈られて来る前に銀行振込してしまうのが良いでしょう

コンビニ払いだとコンビニ決済用の手数料がかかるだけでなく、支払遅延による金利負担をしないといけなくなってしまうのじゃ、銀行振込よりも高くついてしまうことが多いから、なるべく避けたいのぉ。

手元にお金がない時の対処法

引落し日に残高不足を起こしてしまったんすけど・・・今給料日前で手元にその金額を支払えるほどのお金が無いんすよぉ

まったくしょうがない奴じゃのぉ。その場合どうすればいいか、見ていくのじゃ。

まずは、カード会社に電話をする

支払ができそうも無いとき、まずはカード会社に電話をする事が先決です

「電話なんかしたら、怒られるんじゃ・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。今の自分のデータを元に状況確認をしてくれるだけです。返済をする意思を示せば、今後どのようにしていけばいいかなどの相談ができます。

クレジットカードはカード会社にお金を借りているのと同じなのじゃ、そのお金が決まった日に返せない旨を伝えるのは、やはりお金を借りている者としての責任でもあるのじゃ、必ずクレジットカード会社に支払えるお金が無い場合は電話を入れるのじゃぞ。

リスケジュールをお願いする

カード会社に電話をし、相談した時に一緒にリスケジュールをお願いしましょう。

リスケジュールとは例えば20万円の引き落としがある場合、それを毎月4万円の分割払いにしてもらうとか、支払金額を固定できるリボ払いに変更してもらうという方法です。簡単に言うと、返済のスケジュールを変更してもらうということです。

  • お金が入る予定があるなら、返済日を先延ばししてもらう
  • お金が入る予定がないなら、分割払いやリボ払いに支払い方を変更してもらう

どうすれば、返済できるかをカード会社と相談するのがリスケジュールということです。

なるほど、どうやったら返せるかの相談と、そのための方法を教えてくれるんすね。どうしても無理そうな場合はちゃんと連絡してみるっす。

カード利用の停止、強制解約になる可能性!?

基本的に1回や2回、支払が遅れたとしてもすぐに強制解約になることはありません。ただし、3回目の遅延や何度も、何度も延滞を繰り返してしまうとカード利用の停止、酷ければ強制解約になる可能性も高くなります

基本的に支払日までに支払がないと、カードの利用は一時停止されます。支払をしなければ、カードの利用は再開されません。

1回や2回、支払が遅れただけでは、強制解約になることは無いのじゃ。気になる、ブラックリストに載るまでじゃが、次で詳しく説明しておるからの、良く読んで、ブラックリストの仲間入りにならんように気を付けるのじゃ。

うぅ・・よかった!けど、どうなったらブラックリストに入るか学んでおきたいっす!しっかり読んでいくっす!

ブラックリストに載ってしまう理由

クレジットカードの利用は、信用情報機関に記録が残るようになっています。信用情報機関とは、クレジットカードの利用状況や何枚持っているか、遅延したのはいつか、借り入れの総額など全てのクレジット情報が登録されているのです。別名:クレジットヒストリー(クレヒス)とも呼ばれます。クレジットカードの審査なども、このクレヒスを参考に審査が行われています

【ブラックリストに載ってしまう理由】

  • 5年以内に無断で返済を61日以上または3ヶ月以上の長期延滞をした
  • 5年以内に債務整理を行った
  • 10年以内に自己破産を行った
  • 5年以内にカードの強制解約を受けた

利用代金の支払がないまま61日以上または3ヶ月以上の長期延滞になるとブラックリストに載ってしまうのじゃ。それが解除されるには、クレヒスからその情報が消えないことには、解除されん。

えっ!?そうなんっすか?!じゃぁ!クレヒスからその情報が消えるのっていつなんっすか!?ブラックリストに載ったってことは・・・新しいカードも作れないっことっすか・・・?

クレヒスからその情報が消えるまでの期間は5年~7年程必要と言われておる。もちろん、その間は新しいクレジットカードは発行できんのじゃ。

ブラックリストに載ってしまった、デメリット4つ

  • 利用している全てのカードの利用停止
  • 最悪、残金を一括払いしなくてはならない
  • 長期間、住宅や自動車のローンを組むことができない
  • 酷ければ裁判になる場合もある

これだけ聞くだけでも、恐ろしいですよね。
こういうことにならない為に、日々のクレジットカードの利用は計画的にしていきましょう。

クレジットカードの引落し日って変えられるの?

そんなこといったって・・・。給料日と引落し日が違うんっすもん。クレジットカードの引落し日を給料日後に変更できるならしたいっすよ!

うむむ・・・。まぁそう思っている人は沢山おるじゃろうな。では見ていこう。

結論は、クレジットカードの引落し日を変更できません。とっても残念なことですが、これはできないようになっているのです。カード会社ごとに引落し日が最初から決まっているので、その日に合わせてお金を用意するしかない状況です。

カード会社により、変更可能な場合もありますが、レアケースになります。例えば、三井住友カードの場合だと引落し日を26日もしくは10日に変更することが可能になります。しかし、ほとんどのカード会社は決められた、引落し日以外変更は不可能になります。

参考までに、各カード会社の引落し日を記載します。

カード会社名 引落し日
NICOSカード 当月27日
ライフカード 当月27日
もしくは翌月3日
JCBカード 翌月10日
三井住友トラストカード 翌月10日
楽天カード 翌月27日
オリコカード 翌月27日
イオンカード 翌月2日
OMCカード 翌月27日
セゾンカード 翌月4日

やっぱり、引落し日変更なんて簡単にはできないんっすね。自分が支払えるタイミングで引落としてくれるカードを使うといいんすね。

使用用途によってカードは変わってくるとは思うのじゃが、やっぱり一番いいのは遅延がなく返せるカードを選ぶのも大切じゃな。

口座残高を毎回チェックするのが面倒くさいそんな人に裏技教えます

毎月のことだけど、毎回口座残高をチェックするのって大変だし、正直面倒くさいっすよねぇ

本当に困った奴じゃな!ふむ、それなら、『当座貸越』というものがあるのじゃ

当座貸越』?なんすかそれ

よし、それでは詳しく見ていこう。

当座貸越とは、普通口座に入っているお金が支払額に満たしていなかった場合。定期預金から不足分を支払ってくれるという便利な仕組みなのです。当座貸越は定期預金の90%までを普通預金へ持っていくことができます。

例えば、10万円の定期預金があり普通預金の残高が0だったとしても当座貸越を利用していると、9万円までは、普通預金で利用できるという仕組みなのです。

当座貸越は

  • 万が一の「うっかり入金忘れ」を防ぐ方法としてはベスト
  • 10万円の定期預金をしていれば、9万円までは補足してくれる
    (当座貸越は定期預金の90%までを普通預金へ持っていくことができる)

残高不足なら、この方法での対応が可能なのじゃ。しかし、全く支払額に満たしていない場合は当座貸越を利用しても難しいかもしれんのぉ。

定期預金に沢山お金がはいっているのであれば、1回ぐらいは大丈夫かもしれないんすね。まぁでも、普通預金にもちゃんとお金が入っているかの確認は大事になってくるってことっすね。これからは気を付けるっす。でも、当座貸越の仕組み便利なんで、早速利用しちゃうっすよ~!

まとめ

残高不足になってしまった時の対処法は

  1. まずは、なるべく早く入金をする
  2. カード会社によっては、毎日引落しや再度引落し制度がある
  3. カード支払を遅延・滞納しすぎるとブラックリストに載る可能性がある
  4. 当座貸越で、うっかり入金忘れを減らす

うぅ・・・色々見ていくと怖いことも沢山あったっす。ブラックリストに載らないように、クレヒスに傷を付けないようにこれからは口座の残高を気にして生きていくっす。

そうじゃな、それがクレジットカードを使うものの正しいあり方じゃ!気をつけてより良いクレカライフを!なのじゃ!

関連記事