出光カードのロードサービスは2種類!他社と比べても格安で安心のサービス内容!

最終更新日:
出光カードのロードサービスは2種類!他社と比べても格安で安心のサービス内容!

車をよく運転する方にとって、ガス欠になってしまったり、急にパンクしたりと車のトラブルに悩まされることが多いのではないでしょうか。
そんなトラブルに遭う前に、事前にロードサービスに加入したいところ。

ガソリンスタンドのクレジットカードとして有名な出光カードには、実は安心のロードサービスが存在します。
出光カードのロードサービスの主な特徴は以下の通り。

  • 出光カードのロードサービスは2種類
  • ロードサービスの年会費は比較的格安

ロードサービスが2種類から選べるんすね!おまけに年会費が格安なのは見逃せないっす!

うむ、そうじゃのう。
今回は、出光カードのロードサービスについて、詳しく解説するぞい!

ロードサービスは2種類!

出光ロードサービス
出光のロードサービスは、ロードサービスデスクへ電話をしロードサービスをお願いしますと伝えれば、30分ほどでスタッフが現場まで来てくれます。

そんな出光ロードサービスには、2種類のロードサービスが存在します。

基本的なロードサービスを受けることが出来る「出光ロードサービス」。
さらに基本的なロードサービスに追加でアフターフォローが利用出来るものが「出光スーパーロードサービス」。

それぞれ年会費が発生しますが、サービスの内容は充実したものになっています。

基本的なロードサービスやアフターフォローって言われても、具体的にどんなサービスが受けられるのか全く想像つかないっす…

うむ。それじゃあ更に詳しく、それぞれのロードサービスについて解説するぞい。
どんなサービスを受けることが出来るのか、要チェックじゃ!

出光ロードサービス

年会費750円(税抜)で利用出来るロードサービス。
この年会費は、出光カードもしくはまいどプラスのポイント、850ポイントで出光ロードサービスの年会費と交換が出来ます。
ポイントが貯まっているのであれば、優先的に利用したいところですね。

さて、気になるロードサービスの内容を確認しましょう。
出光ロードサービスは、30分以内で対応可能な応急処置を無料で行ってくれる他、レッカーサービスも10㎞以内まで無料です。

30分で対応可能な処置例

  • バッテリーあがり
  • ガス欠
  • スペアタイヤ交換
  • キー閉じ込み

その他、30分以内で終わる軽作業を無料で引き受けてくれます。

ガス欠の燃料代は有料だったり、キー閉じ込みでも特殊な構造をしたキーの場合は有料になることもあるぞい。注意するんじゃぞ。

出光スーパーロードサービス

出光スーパーロードサービスの場合、年会費は1,500円(税抜)
こちらも、出光カードもしくはまいどプラスのポイント、1,650ポイントでスーパーロードサービスの年会費と交換出来ます。

気になる内容は、出光ロードサービスのサービス内容と、アフターフォローサービスが利用できます。
出光ロードサービスのサービス内容は先ほど紹介しましたので、アフターフォローサービスについて紹介しますね。

アフターフォローサービス

アフターフォローサービスとは、自宅から100km以上遠いところで、車の故障や事故により自走不能となったときに利用できるサービス

レンタカーサポート 目的地の到達手段として、出光が指定するレンタカーを利用する場合、費用が10,000円(税込)まで無料
帰宅費用サポート トラブル現場から帰宅する場合、代替え交通手段の費用が20,000円(税込)まで無料
宿泊サポート 代替え交通手段がなく、帰宅困難な場合は出光指定の宿泊施設にて1泊のみ15,000円(税込)まで無料で宿泊可能

重複して利用することはできませんが、遠出をしたときに万が一何かあったとき、頼れるサポートサービスですね。

バッテリー上がりとかに助かるサービスが年会費を払うだけで利用出来るのはうれしいっすね!遠出の時、万が一のサポートも申し分ないっす!
でも、ロードサービスといえばJAFのイメージが強いっすよね。比べた時に出光がお得な部分とかあるんすかねー。

うむうむ、他社ロードサービスと比べてどうなのかは気になるところじゃのう。
次に、出光ロードサービスをロードサービスで有名なJAFと、ガソリンスタンドで一度は耳にしたことがあるENEOSのロードサービスで比べてみるぞい!

出光ロードサービスをJAFとENEOSで比較!

ロードサービスに加入するのであれば、出来る限り安く、そして質の高いサービスを利用したいですよね。
出光ロードサービスを他社ロードサービスと比べてどうなのか、さっそく見ていきましょう。

ロードサービスで有名なJAFと比較!

出光とJAFのロードサービス比較
まずJAFと出光ロードサービスのサービス内容を比較してみましょう。

サービス内容

サービス内容で、唯一異なるところはJAFの場合レッカー移動が距離に関わらず無料という点。
それ以外は同じサービス内容を受けることが出来ます。

異なる点がレッカー移動だけであれば、あとは年会費が気になるところ。

年会費

JAFの年会費は4,000円、さらに入会時に2,000円が発生します。
その点、出光ロードサービスの場合は750円。アフターフォローを利用する場合でも1,500円ですので、JAFより安い金額でロードサービスが利用出来てしまいます。

レッカー移動を無制限でお願いしたい!という場合はJAFの方が良いかもしれません。
ですが、その他同じサービスが受けられて、年会費が安く済む出光ロードサービスを筆者はオススメします。

ENEOSカードのロードサービスと比較!

出光とENEOSのロードサービス比較
ガソリンスタンドで名高いENEOS。
ENEOSからもクレジットカードが発行されており、もちろんロードサービスを受けることも可能です。

サービス内容

サービス内容はほとんど同じ。レッカー移動についても、どちらのロードサービスも10㎞まで無料となっています。
では年会費の面ではどうでしょうか。

年会費

ENEOSのロードサービスは、ENEOSカードを所有していればロードサービスの年会費はかかりません。
ENEOSカードの年会費は1,250円で、この年会費を払っていれば無料でロードサービスが付帯されます。
しかし、年3回以上ロードサービスを利用した場合、有料に。回数には注意が必要です。

出光ロードサービスの場合、クレジットカードの年会費とロードサービス自体の年会費がそれぞれ発生します。

出光カード自体の年会費と、ロードサービスの年会費それぞれ発生するんすか!それならクレジットカードの年会費のみのENEOSカードの方が…

じゃがのう、出光カードには年会費が永年無料になる「出光カードまいどプラス」というカードがあるんじゃ。
このカードを所有していれば、クレジットカードの年会費はかからず、ロードサービスの年会費750円のみになるぞい!

さらに、回数の制限も出光ロードサービスは特に設けていません
3回以上ロードサービスを利用する可能性がある場合は、年会費有料の出光カードを所有していたとしても、出光ロードサービスの方がお得ですよ。

出光ロードサービスの注意点

格安で安心のサービスが受けられる出光ロードサービス。
しかし、注意点もあります。

まず、出光のロードサービスが受けられる車と受けられない車があります。
一般的な普通自動車の場合はサービスを受けることが出来ますが、二輪車・3t以上の大型車・違法改造車は利用不可。
また外国車は一部有料になりますので、事前に確認が必要です。

また、ロードサービスを受けるには、運転している方が加入する必要があります。
家族の方が運転する場合は、出光カードの家族カードを発行し、家族カードからロードサービスに加入しましょう。

まとめ

他社と比較してサービス・金額ともに申し分なしの出光カードのロードサービス。
2種類から好みの方を選択できるのも魅力的ですね。

年会費は貯めたポイントと交換することも可能。
ポイントが貯まっている方はポイントでロードサービスの年会費を支払い、試しに加入してみるのも手ですね。

普段から車に乗ることが多い人は、ロードサービスに加入した方が安心じゃぞ。
車を運転していて何かあったとき、心強いサービスが受けられるからのぅ。
出光カードがあれば、格安で安心のロードサービスに加入が可能じゃから、まだ出光カードを持っていないドライバーの人は是非検討してみて欲しいぞい。

関連記事