ビューカードは解約するとSuica機能が利用不可に!注意点を事前に要確認!

最終更新日:
ビューカードは解約するとSuica機能が利用不可に!注意点を事前に要確認!

Suinaの機能がついた便利なビューカードは交通機関やお買い物などに利用できるクレジットカード。
しかし、首都圏外に引っ越しなどでSuicaの利用頻度が減ったり、ビューカードをお得に利用できないと感じて解約を考えている方も居るのではないでしょうか。

でもビューカードを解約したら残高が残ってるSuicaとか、まだ利用出来る定期券とかどうなっちゃうのかしら?

ビューカードは、解約したらSuicaの利用は出来なくなるんじゃ!また、定期券機能の有無によって解約方法も異なる。
これからビューカードの解約について解説するから、すぐに手続きをする前に、この記事で解約時の疑問を解決してから解約手続きを行うんじゃ!

定期券機能の有無で解約方法が変わる!

ビューカードには定期券の機能が付いているもの、付いていないものがあり、それぞれで解約方法が異なります。
ここでは、それぞれの解約方法をまとめました。解約時の参考にしてみて下さいね。

定期券の機能がついていないビューカード

定期券機能がついていないビューカードは、ビューカードセンターに電話をかけて退会届の請求をします。
自動音声応答でも受け付けていますし、オペレーターでの受付でも請求が可能です。
退会届が郵送されたら、必要事項を記入し、解約したいカードと一緒に郵送すれば手続きは完了。

Suica機能がないビューカードの場合は、退会届は必要ありませんので電話口だけで解約完了になります。
この場合は、自動音声ではなくオペレーターのみの対応になりますので注意して下さいね。

定期券の機能がついているビューカードの場合

定期券の機能付きビューカードの場合でも、ビューカードセンターに電話をかけて退会届の請求をする必要があります。
ただし、定期券の機能付きの場合はオペレーターのみの対応
自動音声応答では受付できませんので気を付けましょう。

また解約手続きは基本的に定期券の有効期限が切れてから、となります。
有効期限が切れていないのにも関わらず、解約手続きをした場合は有効期限内であってもその定期は利用できなくなります。

もし定期券の有効期限よりも先に年会費の請求が発生してしまう場合は、ビューカードセンターへ確認しましょう。

ビューカードセンターに電話をするときは、営業時間に気を付けるんじゃ!
・自動音声応答の場合は朝6時から23時まで
・オペレーターの対応の場合は朝9時から17時30分まで

深夜はオペレーターはもちろん、自動音声応答も対応できないんじゃ!年中無休じゃから、営業時間内で電話が出来る日を見つけて電話をするんじゃぞ。

ETCカードや家族カードを解約の場合でも退会届が必要?

ビューカードでは、解約時に退会届が必須。
それでは追加カードであるETCカードや家族カードでは、電話口だけでも解約が出来るのでしょうか。

答えはNo。電話口だけでは解約は出来ず、通常のビューカード同様、退会届と解約カードを提出する必要があります。

退会届を出さないと解約できませんので、やや不便ではありますが解約時はしっかりと退会届と解約カードを郵送しましょう。

解約時の注意点

ビューカードの解約方法について説明しましたが、Suicaの残高やポイントについて疑問が残りますよね。
ここで、それらの疑問や解約時の注意点について解説します。

Suicaの残高ってどうなるの!?

ビューカードのほとんどが、Suica機能付きのクレジットカード。
解約時、もし残高が残っていたらどうなるのか非常に気になりますよね。

ビューカードのSuica残高は、以下の方法で払い戻しが出来ます。

  • 駅のATM「VIEW ALTTE」で払い戻しをする
  • 退会届と解約カードを返送し、返金を待つ

近くに「VIEW ALTTE」があるのであれば、そこでSuica残高の払い戻しが出来ます。
もし近くにない場合は、退会届と必ず解約カードを返送し、返金を待ちましょう。

返金は契約時の登録口座へと行われます。
カードの返送が無いと返金手続きが行われませんので、必ず退会届と同封して郵送してくださいね。

貯めてたポイントってどうなるの?

貯めたポイント、解約後はどうなるのでしょうか。
実はポイントの有効期限に関わらず、解約後のポイントは失効してしまいます。

解約をしてから、ポイントがまだ残っていた!と気づいても、そのポイントは残念ながら利用することは出来ません。
せっかく貯めたポイントを無駄にしない為にも、解約前に事前に確認し、貯まっているのであれば必ず使い切るようにしましょう。

ルミネカードならルミネのお店で解約できるのでは?

ルミネでお得に利用出来るルミネカード。
発行もルミネ店頭で可能ですので、解約も店頭で可能なのでは?と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、実のところ解約手続きは店頭では不可。
解約時はカード裏面に記載してある電話番号へ連絡し、退会届を郵送する必要があります。

年会費が発生する前に解約するには?

解約をするのであれば、無駄に年会費を支払わない為に年会費が発生する前に解約手続きを行いたいところ。
年会費が発生する前月までに解約手続きを行えば、次年度の年会費は発生しません

引き落とし月に解約手続きを行うと、年会費の引き落としが発生します。
この場合、引き落とし後すぐの解約であっても年会費の払い戻しなどは一切不可。
無駄に1年分の年会費を払って解約、となんとも勿体ないことになってしまいますので、事前に年会費の引き落とし月を確認して、引き落としの前月までに解約手続きを行うようにしてくださいね。 

まとめ

ビューカードの解約は、コールセンターへのお問い合わせ後、送られてきた退会届とお手持ちのカードを返送することで、解約することができます。
すぐに解約完了にならないのは少々不便ではありますが、特段と難しい解約方法ではありませんので手が空いた時にでも行いましょう。

しかし、解約時にはポイントの消化、解約手続きを行うタイミングには注意して下さい。

解約時のタイミングを間違えると、無駄に年会費を払ってしまったりするぞい。
解約前にしっかりと確認して、ベストなタイミングで解約をするんじゃぞ!

関連記事