ビューカードで定期券がオトク!定期券の購入や移行方法についても解説

最終更新日:
ビューカードで定期券がオトク!定期券の購入や移行方法についても解説

通勤や通学でJR東日本の電車を使っている人であれば、その多くが「定期券」を利用しているのではないでしょうか?
普段購入している定期券を、お得に利用できるのがビューカードの特徴です。

でも、実際にビューカードで定期券を購入するにはどうしたら良いのかしら?これまで利用していたsuicaの定期券をビューカードに移行出来たりするのかしら…

ビューカードは定期券と一体型にすることも可能じゃ。じゃが、君のように移行方法などで疑問を抱く人も沢山おるじゃろう。
今回は、ビューカードで定期券を購入したり、既に利用している定期券を移行する方法について解説するぞい!

どのようにお得なのかの詳細と、定期券購入時の注意点についても合わせて解説していますので、是非参考にしてみて下さい。

ビューカードで定期券を買うと何がお得なの?

まず、ビューカードで定期を購入することにより、何がお得になるのか疑問に感じる方がいるのではないでしょうか。

ビューカードでは、通常のクレジット支払いでのJRE POINT還元率を0.5%としていますが、VIEWプラス対象の商品・サービスをクレジット支払いで利用した場合、還元率は通常の3倍の1.5%となります。

JR東日本の定期券およびSuica定期券は、このVIEWプラス対象の商品。
つまりビューカードで定期券を購入すれば通常の3倍のJRE POINTが付与される、ということです。

1ヶ月定期券で1万円を超える場合は、毎月150ポイント、年間だと1,800ポイントが付与されます。

JRE POINTは1ポイント1円相当じゃから、定期券購入だけでビューカードの年会費477円(税別)を余裕でカバーする事ができるんじゃ!

ボーナスポイントも!

更に、ビューカードでは4月から翌年3月までの利用額累計に応じてボーナスポイントが付与
ボーナスポイントは30万円からなので、定期券で月2万5,000円以上利用しているという方であれば、定期券を購入しているだけで30万円ボーナスの250ポイントが通常のJRE POINTに加算されます。

定期券購入など、普段から利用するものでポイントがたくさん貯めることができ、その上ボーナスポイントも貰えるのはとってもお得ですね。

ビューカードで定期券を購入・移行する方法

ビューカードで定期券を購入するには、駅に設置された「多機能券売機(黒色の券売機)」で操作を行う必要があります。
通常のSuica定期券からビューカードへ情報を移行する場合も同様です。

その方法につきましては、以下の通りです。

通常の定期券(磁気定期券)・Suica定期券をビューカードで購入

ビューカードには定期券機能を付ける事ができますが、これまで使用していた磁気定期券およびSuica定期券をビューカードで購入することも可能です。

まずは、多機能券売機のメニューにある「定期券」を選択し、その後、継続利用の場合は「継続」、新規購入の場合は「新規」を選択します。
継続の場合はSuicaカードを挿入して下さい。

その後、購入確認画面がでるので、ビューカードを多機能券売機に挿入し、クレジット払いを行ってください。
暗証番号の確認がありますので、その点は注意して下さいね。

磁気定期券およびSuica定期券でも、ビューカードで支払いを行うことによってポイントは3倍付与されるんじゃ。クレジットカードと一体型じゃなくてもポイントが付与されるのは嬉しいのぅ。

定期券付きビューカードで定期を購入するには

多機能券売機のメニューより「定期券」を選択し、「新規」を選択します。

選択後、定期券機能が利用出来るビューカードを挿入し、区間や使用開始日を入力。
お支払い方法を選択して下さいと出るので、ここで「ビューカード」を選択し、支払いを完了して下さい。

今後、ビューカードはSuica定期券と同様に利用できますので、継続利用する場合は、「継続」を選択し購入手続きを行ってくださいね。

定期券機能が利用出来るビューカードは以下の5種類じゃ!
・ビューSuicaカード
・ビューsuicaリボカード
・ビューゴールドプラスカード
・ルミネカード
・JRE CARD(Suica定期券付)

上記以外のビューカードには定期券機能を付けることは出来ないから注意するんじゃ。

既存の定期券をビューカードへ移行する。

既に持っている定期券を、定期券機能付きビューカードへ移行することも可能です。
その方法は、以下の通り。

多機能券売機のメニューより「定期券」を選択し、「発行替え」を選択。
磁気定期券からビューカードへ移行する場合は「磁気定期券からSuica定期券へ発行替え」、Suica定期券からビューカードへ移行する場合は「SuicaからSuica付きビューカード」を選択して下さい。

処理完了後、旧定期券の内容がビューカードに書き移されます。

定期券を移行すると、旧カードのチャージ残高なども移行されますので気を付けてください。

ビューカードで定期券を作る際の注意点

ビューカードでは、有効期限が切れた場合、クレジット機能は利用できなくなりますが、定期券機能は利用する事ができます。
ただし、それは定期券有効期間のみであり、その期間が過ぎると定期券機能も使えなくなってしまいます。

通常の定期券の場合は、有効期間のみ気にする必要がありましたが、定期券付きビューカードの場合、カードおよび定期券の有効期間を気にする必要がありますので注意して下さいね。

まとめ

ビューカードで定期券を購入すると、通常の3倍のポイントが付与されます。

これはモバイルSuicaでも、磁気定期券でも同じですので、普段利用している定期券を継続して使いたいという人でも問題ありません。
普段通り、定期券が購入できる多機能券売機にて定期券代を支払う際に、ビューカードで支払いをすればポイントは3倍に。

また、定期券機能付きビューカードにしたいという場合も、多機能券売機にて移行手続きを行う事ができます。

いずれも操作方法は難しいものではないんじゃ。今後定期券を購入することがある場合は、ビューカードで購入を検討してみてはどうじゃろうか。
ポイントが3倍貯まるお得感を味わうことが出来るぞい!

便利な定期券機能付き!定期購入の度に3倍のポイントが貯まる!

関連記事